2016年12月04日

現象を解き明かす微分方程式の定式化と解法

本日は小中 英嗣氏の
現象を解き明かす微分方程式の定式化と解法
です。
現象を解き明かす微分方程式の定式化と解法

本書は担当編集者の方よりご献本頂きました。
太田様、ありがとうございました。


本書は大学で教鞭をとっておられる著者が、
「数学や物理の知識はどうやって使われるのか」
ということをしつこくしつこく書いたという一冊です。

私も、「高校数学の使い方」の本を書きましたが、
実際、大学院や企業の研究レベルで使われている数学
といっても、高校数学レベルかそれに少し毛のはえた程度
というものが多いです。

本書は数学を使うことにフォーカスされており、
高校数学程度の最小限の数学力で、
数学の使われ方が理解できるように配慮されています。


また、演習問題も興味深かったです。
典型的な力学や電気工学の問題はもちろん
貯蓄の金利の問題や生物の個体数の問題など、
なるべく、広範囲の現象を対象にしています。

さらに、単に答えを求める問題だけでなく、
わざと計算を間違えて得た解の検証をする問題、
物体の落下についてアリストテレスとガリレオの主張
をそれぞれ定式化する問題など、
様々な方面から微分方程式を使う訓練を行って
理解を深められるようにできています。

個人的には最後の(半ば哲学的な?)演習問題が印象的で、
自分が学生だったら、こんな先生の授業を受けてみたい
と思わせられました。


高校の物理の授業に物足りない高校生、
理工学部の学部生にお勧めの一冊です。
数学の使われ方のイメージをつかめることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 |  ⇒ 数学

2016年11月30日

本音に気づく会話術

本日は西任 暁子氏の
本音に気づく会話術
です。
本音に気づく会話術

本書は著者のセミナーに参加し、
内容がよかったので購入しました。


本書のテーマは「相手の本音に気づく会話術」です。

ただ、相手の本音に気づくには、まず自分の本音と
向かい合わなくてはいけません。
自分の本音を探求したことのない人に、
他人の本音がつかめるはずがないからです。

自分の本音なんて、自分が一番良くわかっているはずだ、
と思うかもしれません。
しかし、自分の本音を知ることは、意外に簡単ではありません。
なぜなら、我々は社会生活をおくる中で、
たくさんの感情にふたをしたり、
社会の「べき」に盲目的に従ったりしているからです。

実際、本書の半分ほどは、他人より自分の本音と
向かい合う方法について書かれています。
これだけでも、自分の感情に素直に向き合えるようになり、
人とのつきあいや会話が楽になることでしょう。

自分の感情を動かせるのは自分だけなのです。
決して、他人に振り回されるものではないのです。


他者を理解しようとする人はもちろんですが、
自分の感情を上手くコントロールしたいと願う人に
お勧めの一冊です。
自分の隠された本音を見つけられるかもしれません。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2016年11月22日

言葉にできるは武器になる

本日は梅田悟司氏の
言葉にできるは武器になる
です。
「言葉にできる」は武器になる。

本書はタイトルに惹かれて購入しました。


著者は電通で活躍されているコピーライターです。

現代はネットの時代で、
コミュニケーションをテキストに頼ることが多いです。

だから、みんな言葉の技術を磨こうとする分けですが、
著者はまずこのように問いかけます。
言葉が意見を伝える道具ならば、
まず、意見を育てる必要があるのではないか?

考えてみれば、当たり前なのですが、
言葉はまず中身がないと成り立たないのです。

そして、その中身を作る時も言葉が必要です。
なぜなら、人は言葉により考えているからです。
つまり、考えを磨くとは「内なる言葉」に
向かい合うことなのです。

そして、自分の思考を深めるためには、
「内なる言葉」にどうやって目を向けるか、
具体的な方法について教えてくれます。


本書を読んで感じることは、本がコピーのような
強い言葉で満たされているということです。

自分の心がサンドバックのように叩かれる感覚で、
名コピーライターの言葉を浴び続けると、
こんな状態になるのか、と感激しました。


本心から言葉を使って人の心を動かしたい、
と願う人にお薦めの一冊です。
人を動かす言葉を作るにはどうするべきかがわかり、
そして、著者の言葉により、実際に心を動かされる
体験をすることができるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2016年11月19日

誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書

本日は松尾 昭仁氏の
誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書
です。
完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる!  出版の教科書

本書は出版がテーマの本だったので購入しました。


この本は20冊以上のビジネス書を出版していて、
著者養成のセミナーの講師としても実績のある著者による
「出版の教科書」です。

そして、この本がターゲットとするのは商業出版です。

本書では、自費出版と商業出版の違いから、
ビジネス書を出版することのメリット、
そして、出版するためのノウハウが
初歩からわかりやすく書かれています。

決して、本書だけで出版できるわけではありません。
でも、本当に出版を意識している人にとっては
1800円など、タダのようなものでしょうから、
出版の流れを知るためにはとても良書だと思います。


本文中にビジネス書を書く時のコツとして
次のようなことが書かれていたことが印象的でした。
安心してください。コンテンツを全部出しても、
読んだだけですべてを真似することはできません。

まさに、本書自体がそれにあたります。
確かに全部書かれていますが、それを実行するためには、
本を読むだけでは、不十分です。

本書の著者のようなコンサルタントや編集者、実績のある著者など、
実際に指導してもらうことが必要でしょう。


出版を意識しているが、
まだ行動できていない人にお勧めの一冊です。
まず、進むべき方向性が見えるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2016年11月15日

東大のクールな地理

本日は伊藤 彰芳氏の
東大のクールな地理
です。
経済と“世界の動き

本書は地理の勉強をしてみたくなって、購入しました。


「東大の地理」は、タイムリーな話題を外しません。
しかし、クイズのように「知っている・知らない」という
短答形式で出題されるわけではありません。

いまどうであるか、という「点」だけでなく、
どうしてそうなったのか、という
「線」としての理解が問われるのです。

つまり、受験問題という以上に、
その問題を解くことによって、大きな学びが得られる
良問であるということなのです。


本書では、予備校の地理講師である著者が、
そんな東大地理の問題の中から厳選した問題を
解説してくれます。

確かに、確かな知識を求めながらも、
社会にアンテナを張って情報収集していないと
簡単には答えられない問題が満載です。

ビジネスパーソンの知識の整理と思考力の強化として、
東大の地理は本当に良い素材なのだと感じました。
さすが、日本の最高学府ですね。

私は最後に地理を習って20年以上過ぎているので、
知識のアップデートとしても役立った一冊でした。


歴史の次に、地理をおさらいしたい
ビジネスパーソンにお薦めの一冊です。
楽しみながら、仕事力も高めることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2016年11月13日

たった6秒で怒りを消す技術

本日は安藤 俊介氏と デューク 更家 氏の
たった6秒で怒りを消す技術
です。
アンガーマネジメント×怒らない体操 たった6秒で怒りを消す技術

本書はオトバンクの会長である上田様よりご献本頂きました。
上田様、ありがとうございました。


本書はアンガーマネジメントの第一人者である安藤氏と
ウォーキングエクササイズで有名なデューク 更家氏が
「怒りを消す」方法を説いた本です。

安藤氏が怒りの理論、デューク 更家氏が体操の方法を
教えてくれるという、構成になっています。


普通、怒りというと心理的なものだと思いますが、
実際は心と身体は思ったより深く結びついていて、
身体を動かすことにより心を落ち着けることが可能なのです。

そういった意味で、デューク更家氏は、
「心技体」でなくて「体技心」です、と説きます。
確かに、嫌なことがあった時にも、
無理やり笑うと、気分も変わってきます。

写真やイラストも多く、字も大きめですので、
本に慣れていない人にも読みやすいでしょう。


怒りっぽい性格を直したい、
と思っている人にお勧めの一冊です。

気楽に、怒りを静める方法を学ぶことがわかるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2016年11月08日

“トークの帝王"ラリー・キングの伝え方の極意

本日はラリー・キング氏の
“トークの帝王"ラリー・キングの伝え方の極意
です。
“トークの帝王

本書はラリー・キングの話し方の本として、興味を持って購入しました。


ラリー・キングは世界200以上の国と地域で視聴される
CNNの看板トーク番組『ラリー・キング・ライブ』の司会者として
25年も続く記録的な長寿番組に育て上げました。


そんなラリー・キングですが、彼のラジオデビューの時は
さんざんなものでした。

番組が始まっても、しばらく何も話すことができず、
局長がドアを蹴り開けて部屋に入ってきて、そして怒鳴られて、
ようやく最初の一言を発することができたのです。

ここで、彼は最初の言葉を話します。
その内容は、緊張して自分の口がカラカラだ、
ということでした。

正直に自分のおかれた状況を視聴者に話すことにより、
彼は極度の緊張から解き放たれることになったのです。


本書には、ラリー・キングの長年の経験から、
このような話し方に関する教訓が詰め込まれています。

世界中の有名人とのエピソードが特に読みどころです。
エピソードによって、彼のアドバイスが頭に染み入るでしょう。


特に人前で話すことが好きな人にお薦めの一冊です。
自分のスキルにより磨きをかけて、情熱をもって話すことが
できるようになることでしょう。




続きを読む

engineer_takafumi at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2016年11月07日

広告をナメたらアカンよ。

本日は山本高史氏の
広告をナメたらアカンよ。
です。
広告をナメたらアカンよ。

本書は好きな著者である、山本高史さんの著書なので
興味を持って購入しました。


著者の山本氏はクリエィティブディレクター、コピーライター
として活躍しながら、関西大学で社会学の教鞭もとっておられます。

広告の作り方でも教えているのかな、と漠然と思っていましたが、
この本を読むとよく分かりました。
広告は世の中を写すので、社会の研究にはうってつけの題材なのです。

普通のアート作品や映画などには作り手の個性が現れます。
しかし、広告は受け手にしてみれば、元々不要なコミュニケーションなので、
どこまでも受け手(その時の社会)に寄り添って作られるのです。
ですから、広告を分析すれば、その時の社会情勢がわかるということです。

本書では、そんな視点で、大ヒットした広告から、
その当時の世相がどうであったか鋭く分析してくれます。
 
このような頭の使い方をしていれば、
時代がどのような方向に進もうとしているのか、
おぼろげながらも、つかめるようになるのかもしれません。


マーケティングなどの仕事をしていて、
「世の中の流れをつかみたい」と思う人にお薦めの一冊です。
広告とは、時代を映す鏡なのだと気づかされるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ クリエイティブ

2016年11月06日

CF不動産投資

本日は才津康隆氏の
CF不動産投資
です。
CF不動産投資〜家賃収入1億円 キャッシュフロー1000万円を突破した人の次なる戦略とは?〜

本書は出版社よりご献本頂きました。
サンライズ出版さま、ありがとうございました。

本書は本州最西端の離島に在住しながら、
不動産投資で20億もの投資を成功させている
著者による、不動産投資の指南本です。

不動産投資のコツは、
CF(キャッシュフロー)を正しく理解することです。
それは、ただCFがプラスになっていれば良い
ということではありません。

CFがプラスになっていても、
実際は債務超過ということも起こりえるのです。

本書では経験豊かな著者が、
そういった基礎をやさしく教えてくれます。

僕自身、この分野はほとんど知見はないのですが、
物件を選ぶ基準がおぼろげながらわかりました。

不動産投資は、善意にしろ悪意にしろ、
間違った情報が流れることが多いので、
正しい指針を持つことが重要です。


不動産投資に真剣に取り組みたい人にお勧めの一冊です。
片手間ではなく、将来本業としてもやっていけるための
基礎を学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2016年11月03日

超分類!キャッチコピーの表現辞典

本日は森山 晋平氏の
超分類!キャッチコピーの表現辞典
です。
超分類!キャッチコピーの表現辞典: 一言で目を奪い、心をつかむテクニック50

本書はタイトルに惹かれて購入しました。


本書はキャッチコピーを50の「型」に分けて
紹介しているものです。

良いコピーを生み出すためには、
まず数をこなすことが重要と言われますが、
初心者の場合、発想が限定されていて
数個だすので精一杯になってしまいます。

そんな時に本書が発想の助けになってくれます。


何かのキャッチコピーを書こうとした時に、
この本をペラペラめくりながら、
対象物をこの型に当てはめるとどうなるか?
ということを繰り返せば、良いコピーに近づけるでしょう。

コンパクトながらも718個ものキャッチコピーが紹介されており、
カラーで写真も多いので、眺めるだけでも楽しいです。

ものを書くときには近くにおいて、
いつでも参照できるようにしておきたい、と思いました。


メルマガやブログを書いている人にお勧めの一冊です。
より影響力の高いコピーを作れるようになることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ クリエイティブ

2016年10月28日

一流の人は、本のどこに線を引いているのか

本日は土井英司氏の
一流の人は、本のどこに線を引いているのか
です。
一流の人は、本のどこに線を引いているのか

本書は注目する土井英司氏の新書ということで、迷わず購入しました。

著者は『ビジネスブックマラソン』という書評メルマガを
一日一冊、10年以上にわたって発行しており、
また、自身の著者プロデュースビジネスにおいても、
ミリオンセラーを生み出すなど、成功されています。

この『ビジネスブックマラソン』では、著者が印象に残った箇所を
赤ペンで線を引き、その箇所を紹介しています。

その線の引き方を説いたのがこの一冊です。


同じ本を読んでも、人によって印象に残る場所が変わります。
そして、どこに線を引くのかということに、
本人の教養や目的意識が顕著に現れるのです。

ビジネス書の目的は「おもしろい」ことではありません。
そこから何かを引き出し、ビジネスにつなげることが目的です。

その目的に沿った、まっすぐな道を教えてくれる一冊です。


個人的には、
売れている本はとにかく読んでみて、
本の中身でなくても、本の「外」に線を引きなさい、
という話が心に残りました。


ビジネス書をよく読む人にはお薦めの一冊です。
本の正しい読み方、役立て方が分かることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2016年10月25日

ブレークスルー ひらめきはロジックから生まれる

本日は木村 健太郎氏、磯部 光毅氏の
ブレークスルー ひらめきはロジックから生まれる
です。
ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる

本書は宣伝会議の出版物一覧を見ていて、
気になったので購入しました。

この本はクリエイティブディレクター、コピーライターとして
活躍している著者達が自分達のアイデアの発想法をまとめたものです。


広告業界にいるクリエイティブを作っている人たちは、
発想が豊かで、生まれ持った才能でアイデアを作っているように見えます。

しかし、著者は優れたアイデアはただ頭に舞い降りるものではなく、
それなりのロジックを持って、生まれてくるのだといいます。
その、方法論をまとめたのがこの一冊です。

理論は未来図・突破口、具体案というシンプルな原理、
8つの思考ロジックとしてまとめられています。

そして、この本で面白かったのが、
ブレイクスルーがおきているプロジェクトの実況中継があることです。

男性を育児に参加させるプロジェクト、またソニーのリサイクルプロジェクト
などが紹介されており、実際にこのフレームワークが
どのように生きるのかを理解することができました。


個人的には
「トクしたい」「モテたい」「ラクしたい」「楽しいことをしたい」「安心したい」
そういった本能的な欲求をしっかりとらえなければ
本当に多くの人を動かす突破口にはなりえない
という部分がとても印象に残りました。


アイデアの発想法を学びたい人、
広告業界に興味がある人にはお薦めの一冊です。

クリエイティブの発想のロジックを学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ クリエイティブ

2016年10月20日

教養としての日本哲学

本日は小川 仁志氏の
教養としての日本哲学
です。
世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学

本書は一度、日本の思想を体系的に勉強したいと思い購入しました。


例えばスティーブジョブズが禅の愛好家だったという話があるように、
世界のエリートには日本文化の愛好家が意外にたくさんいます。

そんな外国人と知り合いになった時、逆に外国人の方が
日本文化に詳しければ、日本人としてとても残念です。

私のように、そんな危機感を持つ人のために、
日本哲学を体系的にまとめてくれたのが、この一冊です。

本書では日本哲学の歴史、名著、人物、用語のほか
日本思想の特徴についても述べられています。

日本思想だけでなく、西洋思想と比べて何が違うのかが
わかりやすくまとめられていて、大変参考になりました。


個人的には、水に清めるという思考は、
逆にそれだけ簡単に罪を流せるということだ、
という部分が印象に残りました。


これから海外に行くという方におすすめの一冊です。
外に出ると、逆に自国の知識が求められます。
そのための最低限の知識を得られるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2016年10月16日

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

本日は大西 明美氏の
糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
です。
糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

本書は注目している大西 明美さんの著書ですので、
期待して購入しました。

かの有名な純愛を歌ったアーティスト、好感度抜群ののタレント、
世界中にファンを持つ超一流俳優、長い下積み時代を経た芸人など、
に共通していることがあります。

それは、「糟糠(そうこう)の妻を捨てた」という事実です。

「糟糠(そうこう)」という言葉は、
貧しいときから一緒に苦労を重ねてきた、ということを意味します。

つまり、長い下積み時代に献身的に夫を支えたにも関わらず、
成功してから捨てられてしまう、ということなのです。

他人が聞くと、ひどいじゃないか、と思うかも知れませんが、
これには明確なメカニズムが存在するのです。

そのメカニズムを解析したのがこの本です。


著者の大西さんは、婚活アドバイザーとして、
1000人を超える人の不倫カウンセリングも行ってきた
この道のプロと言えます。

そんな著者の目から、成功男が不倫にいたるプロセス、
相手の女性の特徴、糟糠の妻を捨ててしまうプロセス、
そして、どうやれば離婚を回避できるかを解説します。

大西さんの人間観察眼はとても鋭く、
方程式を使って解説するなど理論的に落とし込んでいるので、
単に、他人の悲劇のストーリを楽しむ(?)だけではなく、
男とは、女とは、こういうものなのだと、
普遍性のある本に仕上がっています。

成功とも、女性とも縁の無い、理系男の私ですが、
理論的なおかげで、とても楽しんで読むことができました。


成功している人と結婚したいという女性にお勧めの一冊です。
成功した男性の中の闇を見ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2016年10月12日

経済は「予想外のつながり」で動く

本日はポール・オームロッド氏の
経済は「予想外のつながり」で動く
です。
経済は「予想外のつながり」で動く――「ネットワーク理論」で読みとく予測不可能な世界のしくみ

本書は書評で興味を持って購入しました。


本書は経済は古典的な経済理論ではなく
「ネットワーク理論」で動いている、と主張する本です。

古典的な経済理論には落とし穴があります。
それは「皆が経済的に合理的な判断をする」
という仮定の元に組み立てられているということです。

実際は皆が合理的な判断などできません。
そもそも、実際には何が本当に合理的なのかなんて
事後でさえも判断することはできないのです。

だから、人は模倣という選択をします。
それが故に、一旦みんなが一つの方向に向かい始めると
すごい勢いとなるのです。

そして、何が選ばれるかというのは、
本質的にはランダムなものなのです。

最近は「バズる」という言葉が使われますが、
バズる確率を増やすことはできても、
最終的には確率的なものであるということがわかります。


企業でマーケティングを担当される方にお勧めです。
マーケットの本質を知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 経済・会計・お金