2019年08月24日

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方

本日は山口 絵理子 氏の
Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方
です。


本書は「途上国から世界に通用するブランドをつくる」
をミッションとして、株式会社マザーハウスを設立した
山口氏による一冊です。

この本のテーマは、「第3の道」です。
つまり、利益と社会貢献、といった
一見、相反する2つの事柄を
トレードオフでなく、両立させる道を見つけよう、
ということです。

バングラディッシュやネパールなどで生産しながら、
13年連続で売上を伸ばしているマザーハウスには
ぴったりのテーマです。

山口氏自身も社長として経営を行いながら、
チーフデザイナーとしても活躍しています。
相反するように見える2つの仕事を
うまく統合して、新たなる価値を生み出しているのです。

「社会性とビジネス」「デザインと経営」の他に
「個人と組織」「大量生産と手仕事」「グローバルとローカル」
という対立について、第三の道を示してくれます。

21世紀になって、20年ほどが過ぎますが、
日本の企業は以外に変化できていません。

そんな日本の中で、次世代のビジネス像を
提示してくれる一冊といえると感じました。


個人的には、
「これからは主観の時代になる」
という部分が特に印象に残りました。

主観は「ひとりよがり」にもなりやすいですが、
著者がそれをどのように商品に統合しているか
学ぶことができました。


山口さんが言っていることは、
新しい時代の経営のトレンドになると思います。
それを学びたい人にはお勧めの一冊です。


続きを読む

engineer_takafumi at 17:45|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

2019年08月17日

20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす

本日はリップシャッツ信元夏代 氏の
20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす
です。


本書の著者は早稲田大学卒業後すぐに渡米、
伊藤忠の現地法人やマッキンゼーなどを経て、
現在は独立して、グローバルに活動する日本人向けに
プレゼンやスピーチの指導をされています。

著者本人もスピーカーとして活動しており、
トーストマスターズの国際スピーチコンテストで
日本人初の地区大会4連覇やTEDに登壇されたりと
多数の輝かしい実績をもたれています。


そんな著者が本書で語ることは、
どのようにメッセージを伝えるかということです。
そして、結論として長すぎるメッセージは
人に理解されないので、
要点を20字のワンメッセージにまとめなさい
ということになります。

特に日本人がスピーチをする時には、
長くしゃべったり、その割には言いたいことが
分からないということがあります。

それはそれで日本人のスタイルとも言えますが、
少なくとも、グローバルではそれでは通用しません。

著者はアメリカで本格的なスピーチを学び
教えているので、グローバルという視点でも
通用するスピーチスキルを説いてくれています。

有効な構成なども紹介されているので、
スピーチをする人にとって、
すぐにでも役立てられる1冊です。


個人的には、
「So What?」と「Why So?」の使い方が
特に印象的でした。

私もスピーチを作るときには、
こうやって論旨をチェックしようと思いました。


外国人相手にスピーチをする機会がある人には
特にお勧めの一冊です。
本書に書かれていることを2、3実践するだけで
聴衆の反応が変わってくることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:17|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2019年08月07日

なぜテーマパークでは朝から風船を売っているのか?

本日は清水群 氏の
なぜテーマパークでは朝から風船を売っているのか?
です。


本書の著者は、ディズニーランドとUSJ、
日本の2大テーマパークで社員として働き、
現在はテーマパークコンサルタントとして
活躍されています。

この本はそんな著者が、
テーマパークのビジネスについて書いた一冊です。

タイトルにもなっている、
朝から風船を売っている理由など、
ビジネスとしての意味がわかって
好奇心を満たしてくれます。

その中から、自分のビジネスにも役立てる
種を見つけられるかもしれません。

個人的には、
荷物をロッカーに預けてもらうために
伝える回数を8回まで増やした、
という話が特に印象的でした。


子どもがいて、テーマパークに行くことが多い
ビジネスパーソンにお勧めの一冊です。
テーマパークの見る目が変わって、遊んでいても
ビジネスの芽を探せるようになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:15|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2019年08月03日

使える脳の鍛え方

本日はピーター・ブラウン氏らによる
使える脳の鍛え方
です。


例えば、資格試験を受けようと思ったとき、
どのように勉強するでしょうか?

テキストを買って、
マーカーを引きながら、何回も読み込む。
用語をカードなどに書いて、くり返して覚える。
そして、ある程度頭にはいったと思ったら、
分野ごとに問題を解いていく。

おそらく、高校生の頃とそんなに変わらない
方法で勉強を進めるでしょうね。

しかし、この方法は効果的ではないのです。
本書では科学的に検証された勉強方法を説きます。

「東大に入った勉強法」という本は
世の中にたくさんあります。

しかし、これはたまたま成功した人の
方法を集めたものにすぎません。

一方、本書では多数の人に対して実験を行って、
検証された方法が紹介されています。

そして、その中には今までの常識を
覆すものも含んでいます。

学習とは後天的な技術であり、
もっとも効率のよい学習法は
だいたい直感に反しているのです。


個人的には、
「人の神経回路は身体的な発達ほど早く進まない代わりに、
40代、50代、60代になっても変化と成長を続ける」
という部分が特に印象的でした。

これを信じて、いつまでも学び続ける
自分でありたいものだと思います。


大学生や資格試験の勉強を始める人など、
これから試験を受ける人にお勧めの一冊です。
同じ時間で、学習成果を飛躍的に増やすことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:09|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2019年07月15日

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

本日はゆうこす さんの
共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る
です。


本書の著者のゆうこすさんは、
アイドルグループで活動した後に、
「モテクリエイター」という肩書きで、
タレント、モデル、SNSアドバイザー、
インフルエンサー、YouTuberなど、
多方面で活躍されています。

InstagramやYouTubeで紹介する
コスメなどが完売するなど、
10〜20代の女性への影響力は絶大です。

そんな著者が自身のSNS戦略を
まとめたのがこの一冊になります。


読んでみると、著者のSNSの戦略性に
本当に驚かされます。
しかも、それを的確に言語化できているので、
まさに次世代の起業家といえるでしょう。

自分の強みの掘り下げ方から、フォロワーの増やし方、
インスタのタグの付け方という実践的な内容、
キャッシュ化する方法まで書かれているので、
SNSでビジネスをしたい人には
必ず役に立つ一冊になると思いました。


個人的には、
複数のSNSを使い分ける理由は、
フォロワーを階層化しているから、
という部分が一番印象に残りました。


インフルエンサーになりたい、
と思う人には必読の一冊だと思います。
自分をどのように見せれば良いのか、
その原則が理解できることでしょう。
続きを読む

engineer_takafumi at 01:35|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2019年07月14日

プロの時間術

本日は上阪 徹 氏の
プロの時間術
です。


本書は執筆やインタビューなど、超多忙の中、
毎月1冊の書籍を書き上げ、
締切に遅れたことはない、という著者が、
その時間術について書いた一冊です。


著者の上阪さんは、10万字の本を月に一冊書きます。
また、それだけではなく月刊誌の連載や
インタビューなど他の仕事もしているわけです。
それでも、基本的に土日は仕事はせず、
年に数回は休みをとって海外を旅行されたり、
帰省されたりしています。

どうすれば、こんな生活を実現できるのか?
私は著者の講座に通ったこともあるので、
とても不思議に思っていました。

その秘密が書かれたのがこの一冊です。
時間の哲学から、具体的なテクニックまで、
色々な視点から著者の時間術が書かれており、
時間の認識を変えてくれます。

また、「書く」スピードは人によって違うので、
速く書くことが重要になってきます。
著者は一日に2万字以上の文章を書いており、
その秘訣にも触れられています。


個人的には、
やることが「ぼんやり」していることが
一番のストレスである、という部分が印象的でした。

To doを紙に書く習慣が有効な理由は、
やることを明確にできることなのですね。


特に書く仕事をされていて、
時間が足りないと感じている人にお勧めです。
仕事をスピードアップして、
心にゆとりを持てるヒントが見つかるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 02:51|PermalinkComments(1) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2019年07月09日

勉強法のキホン

本日は尾崎智史 氏の
勉強法のキホン
です。


本書は大学在学中に公認会計士試験に合格、
大学4年生の時から大手資格予備校の講師として、
のべ5000人を超える受験生を指導し、
多数の合格者を輩出しているという
資格受験のプロフェッショナルによる一冊です。


勉強に向かう姿勢から、時間の作り方、
具体的な勉強法、試験当日をどう迎えるか、と
かなり実践的な一冊となっています。
そして最後の章に、受験に効く「いいコトバ」として
気分を盛り上げてくれる言葉を紹介してくれます。

資格試験は多くの受験生が、
仕事をしながら受験するので、
勉強を続けること自体が難しいこともあります。

そんな受験生を、精神面と方法面の両面で
支えてくれる良い本だと感じました。


個人的には、
「勉強のできる人は、
勉強したことを記録し続けている人です」
というところが特に印象に残りました。

記録することによって、
「自分はこれだけやってきたのだ」
という自信もつきますし、
改善もしやすくなるものなのですね。


資格受験をする人には必読の一冊と思います。
勉強のペースを作るために
役立ってくれる一冊になるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 20:45|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2019年07月07日

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

本日は高田 敦史 氏
会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール
です。


本書は出版関係者の方よりご献本頂きました。
上田様ありがとうございました。

本書の著者はトヨタ自動車に入社、
30年以上勤め部長まで出世した後、
フリーランスへ転身したという
経歴を持っています。

その経験と教訓をまとめたのが本書になります。
私のような氷河期世代からすると、
信じられないようなこともありますが、
大企業や公務員として勤めている方の意識は
こんなものなのかもしれません。

逆に著者がそうだったように、
会社の辞め方がよくわからない、とか
年金や保険や税金のことが全く分からない、
といった人には特に参考になることでしょう。

行間からトヨタの社風が垣間見えるのも
面白かったです。


個人的には、
ダイバーシティが活力になるというのならば、
副業をもっと推奨してもいいぐらいである
という部分に共感しました。

日本の会社は、ダイバーシティというものを
ほとんど理解できていないのでしょう。


40を超えて、新卒で入社した会社を辞める人は、
とりあえず読んでみた方が良い一冊だと思います。
著者のいう通りにしないとしても、
何かしら役立つ考え方が得られるでしょう。
続きを読む

engineer_takafumi at 23:32|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2019年07月06日

人が集まる! 仕事につながる! ランチ会の始め方・育て方

本日は大澤 裕子 氏の
人が集まる! 仕事につながる! ランチ会の始め方・育て方
です。


本書はエステサロンの経営や、
女性起業家のアドバイスを行うコンサルタントで、
女性が一人で未経験でも十分スタート可能な
ランチ会メソッドを提唱した著者による一冊です。


小さなビジネスを展開する人にとって、
一番頭を悩ませるのは集客でしょう。

セミナーをしたり、SNSで宣伝したり、
色々な方法で工夫されていることでしょう。

本書は「ランチ会」という、カジュアルな方法で、
見込みのお客様と知り合いになるノウハウを
紹介しています。

ランチ会の特長から、企画のポイント、
告知、運営、その後のフォーローまで、
ランチ会を中心とした集客の方法を説きます。

参加側の視点から考えても、
ランチ会だと参加しやすいものだと感じます。
そのノウハウを学べる貴重な一冊です。


個人的には、
「誘うのが嫌な人は、誘われて断るのが苦手な人です」
という部分が特に心に残りました。

苦手意識というものは、
何かに投影されているものなのですね。


起業家で集客に悩んでいる人にはお勧めの一冊です。
自分も負担が少なく楽しみながら、
見込み客と知り合いになることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:29|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2019年07月01日

難しい数式はまったくわかりませんが、微分積分を教えてください!

本日は たくみ 氏の
難しい数式はまったくわかりませんが、微分積分を教えてください!
です。



本書はYouTubeで、
"予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」"を運営し
わずか1年半でチャネル登録者が13万人をこえた
という著者が微分積分の本質を解いた一冊です。

本書では「関数」や「グラフ」とは何かという話から
中学レベルの文字計算だけで、微積分の本質に迫ります。

この本を読めば、少なくとも微分や積分が
何のためにあって、何に使うのか、
ということは理解できることでしょう。


微積分は高校数学のハイライトといえる項目ですが、
とても難解と思われやすいです。

それは数学の教科書が、厳密性を重視するが上に、
人間にとって自然な理解の順番に
なっていないからなのです。

結果、公式の当てはめの問題になってしまい、
理系で数学が得意な学生でさえも、
問題が解けても本質は理解していない
ということが多いです。

微分積分とは何だったのか?
それが認識できる一冊です。


個人的には、
たくみさんの授業がわかりやすい理由は、
授業に物理の視点が入っているから
という箇所が印象に残りました。

数学はあくまで何かを記述するツールなので、
「何か」を明らかにすることにより
本質がわかりやすくなるのですね。


高校生でこれから微積分を学ぶ人にお勧めです。
冗談でなく、授業の理解度が10倍になるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:18|PermalinkComments(0)

2019年06月30日

予備校のノリで学ぶ大学数学

本日はヨビノリ たくみ 氏の
予備校のノリで学ぶ大学数学
です。


本書は教育系Youtuberとして、
理系の学部低学年をメインターゲットとした、
予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」
を書籍化したものです。

ほぼYoutubeの講義を再現するように作られており、
語り口や冗談まで再現されています。
その中でも、書籍になっているので、
読み手は自分のペースで読み進められます。

元のコンテンツの質が高いので、
期待通りの内容だと感じました。


個人的には、
超関数のところの説明が特にわかりやすい
と感じました。

「物理学者が勝手に使い出して」
というところが面白かったです。

大学生はもちろん、意欲のある高校生にも
お勧めできる一冊です。
大学数学で一番難しいことですが、
学びの見通しを立てることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:34|PermalinkComments(0) ★理系本の書評 |  ⇒ 数学

2019年06月26日

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代

本日はアダム グラント 氏の
ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代
です。


本書は組織心理学者で、ペンシルベニア大学ウォートン校で
史上最年少の終身教授となった著者による一冊です。


「オリジナリティ」を探求することが本書の目的で、
学者らしく、科学的なアプローチが読みどころです。

読んでみると、オリジナリティについての常識が
ことごとく覆されていくのがわかります。

例えば、オリジナリティを発揮するためには
退路を断って、その道に飛びこまなければならない、
大衆に迎合してはならない、
先延ばしをしてはならない、
その道の専門家でなければならない、
先駆者でなければならない。

これらは全部間違いです。
その意外さに驚かされますが、
実験内容とその考察を読み進めるうちに
オリジナリティの本質が見えてきます。

また、会社の中間マネジメント層が
オリジナリティの芽を摘んでしまう、ということや
オリジナリティには多様性が必要であるという
我々が薄々感じていることに関しても、
科学的な分析が加えられ、その根拠やメカニズムを
学べるようになっています。

読み進めながら、人間の心理が理解できたことと、
この本を通じて、自分がオリジナリティを
発揮できることに興奮を感じる、そんな一冊でした。


個人的には、
ある分野でオリジナリティを発揮したければ、
その分野以外では確実な行動をとって、
感情の安定と社会的な安定を得なければならない
という部分が特に印象的でした。

サラリーマン副業とかが、まさにこれに当たりますね。


商品開発など、オリジナリティを求められる
職種の方には、強くお勧めしたい一冊です。
オリジナリティを発揮する正しい道を
知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:44|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2019年06月19日

瞬発力の高め方

本日は ジョー 氏(ジョーブログ)の
瞬発力の高め方
です。


本書はYouTubeの「ジョーブログ」のリーダーで、
「所持金0円で冬のアメリカ大陸を横断」
「南米をバイクとヒッチハイクで縦断」
「アマゾンをイカダで川下り」
「危険なスラム街・麻薬密売組織に潜入」
「右翼街宣車に突撃取材」
など、常識はずれなチャレンジに挑んでいる
ジョーさんの著書です。

著者がYouTuberということで、
ビジュアルにも力が入れられた一冊で
目を楽しませてくれます。

今の地位を築くまでの著者の努力、
人生論が展開されていて、
力強い言葉が並んで、読者を勇気づけます。

色々なことにチャレンジできるための
考え方が参考になります。
今の時代に成功するコツが詰め込められた
一冊といえるでしょう。


個人的には、プロボクシングにチャレンジした
エピソードが特に印象的でした。

単なる見せ物ではない真剣な世界を
感じることができました。


YouTubeでジョーさんを見ている人に
お勧めの一冊です。
彼のエネルギーの源について
知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:45|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

2019年06月10日

amazon「帝国」との共存

本日はナタリー・バーグ 氏、ミヤ・ナイツ 氏の
amazon「帝国」との共存
です。


本書は米国の小売業のアナリスト達が
アマゾンについて徹底的に記した一冊を、
元マイクロソフトの成毛氏が監訳したという
アマゾンを徹底的に分析する一冊です。


小売の世界では、アマゾンはあまりに力強いので、
脅威としてしか見えないかもしれません。
どんどん、リアル店舗のビジネスを破壊している
イメージが強いことでしょう。

本書はそんな小売業界の関係者に向けて、
アマゾンの戦略とアマゾンとどう共存していくのか
という視点で書かれています。

400ページ強というボリュームで、
アメリカの小売の固有名詞がどんどん出てきて、
素人の僕には正直、読みにくい部分はありました。

しかし、アマゾンの動きがこれでもか、
と書かれていて、アマゾンの目指す世界が
少し見えてきたような気がしました。


個人的には、日本では情報が手に入りにくい、
アマゾンの実店舗運営についての記載が参考になりました。

利益というより、むしろ実験のために
スーパーマーケットのチェーンを買収するなど、
戦略性が既存企業と桁外れだと、改めて認識できました。


小売の業界に携わる方は、一読をお勧めする一冊です。
たくさんの客観的な事実を元にして、
多面的にアマゾンの戦略を知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:39|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 経営

2019年06月09日

捨てる英語勉強法

本日は関口 千恵 氏の
捨てる英語勉強法
です。


本書の著者は大手証券会社にてロンドン赴任を経験。
TOEICは990点(満点)。
そして、世界50カ国以上の人と出会い、
語学の天才たちの外国語習得のコツを学んできた
という経歴を持っています。


世の中には語学を簡単に習得してしまう人がいます。
「日本語が母語の日本人には英語は難しいから」
日本人はそんな風に言い訳をしがちです。

でも、著者は高校時代に2年間勉強しただけで、
日本語がペラペラになって、葡萄とか鬱とかの
漢字が書けるというアメリカ人を見て、
衝撃を受けたそうです。

日本人が英語を学ぶ場合、文法も発音も、と
難しく考えすぎなのかもしれません。
いっそのこと何かを「捨てる」ことで、
上達が早まるのではないか。
そんな視点で書かれたのが本書です。

なんと言っても勉強を楽しむことが、
上達の一番の近道なのです。
でも、日本人の多くはそうはいきません。
本書はそんな日本人が英語を楽しむコツを
教えてくれる一冊でした。


個人的には、
向上心が逆にストレスを生むことがある。
という部分が特に印象的でした。

タイトルにもなっていますが、
「捨てる」ことも、必要なのですね。


英語を勉強し始めの人にお勧めの一冊です。
英語を嫌いにならないようにして、
勉強が継続できるようになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 20:30|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ その他の本