2017年12月10日

小さくても勝てます

本日はさかはらあつし氏の
小さくても勝てます
です。
小さくても勝てます

本書は出版関係者の方より献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。

本書は西新宿の小さな理容室「ザンギリ」が
行列ができる店に変わっていった、
実話を元にしたストーリーです。

このお話の特徴は、理論的な話と精神的な話が
うまい具合に混在していることだと思います。

例えば、ピーナッツを夢が叶うまで1粒ずつ食べる、
といった話があると思えば、
需要曲線やサルベージバリューなど、
経済学的な話も登場します。

少し難しい話も、あまり専門的にならず、
小さなお店の経営に無理なく応用できるところまで
落とし込まれていることが特徴です。

ストーリはベタではありますが、定番で楽しめます。
投げ出すことなく、すらすら読み進められるでしょう。


個人的には、
新しいことをはじめると
笑われる→無視される→嫌がらせをされる
そして最後には、自分を騙そうとする人が現れる
という部分が心に残りました。

小さなお店を経営されている方に
お勧めの一冊です。
臨場感があり、面白いお話の中に、
自分のビジネスへのヒントが見つかるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 16:31|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 経営

2017年12月09日

メンタルヘルス・マネジメントの教科書

本日は清水隆司 氏の
メンタルヘルス・マネジメントの教科書
です。
人事担当者・管理職のためのメンタルヘルス・マネジメントの教科書

本書は出版関係者の方よりご献本いただきました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。

本書は産業医として長年キャリアを積まれ、
現在は産業保険コンサルタントとしても
活躍される著者による一冊です。

労働力の減少もあって、
メンタルヘルスへの認識が広まっています。

しかしながら、仕事のOA化、正規・非正規社員の混在、
コミュニケーションの希薄化など、
メンタル不調の社員の発見が困難になっています。

この中で、どのように社員のメンタルを保つか、
休職や職場復帰をどのように行うか、
というテーマについて書かれたのが本書です。


本書では「精神科主治医」と「産業医」の
違いについて強調されています。

精神科主治医は患者の病気に集中すれば良いですが、
企業に雇われる産業医は、職場環境や職場の負担も考慮し、
最適解を判断するのです。

企業経営者や管理職に必要なのは、
当然後者の視点でしょう。

産業医としての経験に裏打ちされた知識は、
メンタルヘルス問題に直面したときに
必ず役に立つことでしょう。

個人的には、
睡眠のとり方の部分が参考になりました。
これは健常者にもあてまることでしょう。


管理職の方はもちろん、
会社勤めの人なら確実に読む価値のある一冊です。
メンタルにどう向き合えば良いのか、
予備知識を持つことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:51|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2017年12月07日

60分でわかる! クラウド ビジネス最前線

本日はクラウドビジネス研究会の
60分でわかる! クラウド ビジネス最前線
です。
60分でわかる!  クラウド ビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)

本書は「クラウドとは何か?」から
実際のサービスの概要まで、
初心者がクラウドを簡単に学べる一冊です。

フルカラーで図解、全部で150ページ程度と、
とにかく読みやすさに配慮されています。

その中でも主要なキーワードは押さえられているので、
一読すれば最低限の知識は身についているでしょう。


また、実際のサービスについては、
最大手のAWS(Amazon Web Services)に
絞って紹介されています。

ただ、他の会社を検討中の方にとっても、
多数の会社を薄く、広く紹介されるよりも、
ある程度深い知識を入れられた方が便利と思います。

恐らく他社でも同じようなサービスが存在するでしょうし、
こちらのほうがよりクラウドの知識を深められるでしょう。


個人的には、
日本企業がクラウドに対して(海外に比べて)
積極的でない理由が印象的でした。

特に中小企業やスタートアップにお勤めで、
クラウドの概要をできるだけ短い時間で
学びたいという方にお勧めの一冊です。
本当に60分程度で読めて、クラウド提供業者の
パンフレットが読めるくらいの知識は身につくでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:26|PermalinkComments(0)★理系本の書評 | ⇒ コンピュータ・情報科学

2017年12月06日

この一冊で全部わかるクラウドの基本

本日は林 雅之氏の
この一冊で全部わかるクラウドの基本
です。
イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本


本書は図解式でクラウドの基本が学べる一冊です。

コンピュータはクラウドの時代と言われています。
でも、データセンターの遠隔コンピュータを
みんなで共有するんだろうな〜、
程度の知識しかない人が多いのではないでしょうか。

また、Webなどでよく見るけれど、意味がわからない
というコンピュータ用語がないでしょうか。

例えば、オンプレミス、仮想化技術、コンテナなどの用語、
また、PaaS、SDN、VPNなど英略字になると
さらに本当の意味を知らない人も多いことでしょう。

本書は見開きページで解説と図解がセットになっており、
読みやすく構成されています。

また、本格的に運用や選定をする人向けではないので、
あまり細く、難しい部分はなく、さっと読み進められて、
クラウドの一般常識を身につけられます。


個人的には、SDN(Software Defined Networking)の
中身がわかったことが大きな収穫でした。


ある程度コンピュータには詳しいけれども、
専門家ではない、という人にお勧めの一冊です。
短時間で一気にクラウドの基礎を勉強できるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:09|PermalinkComments(0)★理系本の書評 | ⇒ コンピュータ・情報科学

2017年12月04日

幸せとお金の経済学

本日はロバート・H・フランク氏の
幸せとお金の経済学
です。
幸せとお金の経済学

本書は出版社の方よりご献本頂きました。
フォレスト出版様ありがとうございました。


本書は一言で要約できます。
「地位財より非地位財にお金を使いましょう。」
ということです。

地位財とは、人との相対的な地位により、
価値が決まってしまうものです。

例えば、高級時計など、
50万円の時計でも周りが10万位の時計を
していれば、満足できます。
しかし、1000万円の時計をしている人がいれば、
500万円の時計でも満足できないのです。
これが、他人との相対的な位置で価値が決まる、地位財です。

一方、非地位財は人がどうであろうと
自分が絶対的な価値を感じるものです。

地位財と非地位財には微妙な線があって、
職場で、給料が周りが400万で自分が600万が良いかか
周りが1000万で自分が800万が良いかというと
前者を選ぶ人が結構多いのに対し、
休暇取得日数が、周りが10日で自分は15日が良いか
周りが25日で自分が20日が良いかと聞くと
後者と答える人が多いのです。

つまり、給料は地位財ですが、
休暇は非地位財ということです。


人は幸せになるために活動するのだとすれば、
地位財にお金を使うのは損な選択のはずです。

しかし、なぜそんな選択をしてしまうのか?
その原因は何なのか?広がる格差がどう影響しているのか?
などを、データを交えて鋭く議論します。

結果的に地位財にお金を使わざるを得ないとしても
そのメカニズムを知っておけば、少しずつでも
幸せにお金を使えるようになると考えます。


個人的には、
家庭の支出は、国家の軍拡競争と同じ、
という部分が印象的でした。


昔より収入が増えたのに、幸せになった気がしない、
という人にお勧めの一冊です。
どうお金を使えば幸せになれるか
そのヒントが得られるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:30|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 経済・会計・お金

2017年12月03日

親が知っておきたい教育の疑問31

本日は石井 としろう氏の
親が知っておきたい教育の疑問31
です。
モヤモヤが一気に解決!  親が知っておきたい教育の疑問31

本書は出版関係者の方よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。

本書は元衆議院議員で、
現在は教育を中心とした市民活動や
民間企業、大学の研究員として活躍されている
石井氏による一冊です。

著者は教育の現場を見るために、
46歳で教育実習生として母校の教壇に
立たれたそうです。

政治世界、学校の教育現場、民間企業、国会、
そして一児の父親として、
様々な立場からの経験と知識をもとに、
子どもの教育に向き合う親へのヒントを説きます。

教師という職業は、「きれいごと」が多いものです。
政治の世界からみた著者の視点は、
きれいだけではすまされない
公務員の限界を浮き彫りにします。


個人的には、
ドイツはシチズンシップ教育についての記載が
印象的でした。


中学生くらいの子どもを持つ方で、
教育方針に悩んでいる方にお勧めの一冊です。
子どものために何ができるのか
おぼろげながら見えてくるかもしれません。


続きを読む

engineer_takafumi at 15:23|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2017年12月02日

日本の歴史的広告クリエイティブ100選

本日は岡田芳郎氏の
日本の歴史的広告クリエイティブ100選
です。
日本の歴史的広告クリエイティブ100選

本書は日本の歴史的なクリエイティブ広告を
テーマに沿ってまとめたものです。

メインは戦前から戦後にかけての広告ですが、
紹介されている中で一番古い広告は
なんと1795年(寛政7)年までさかのぼります。

それにしても驚くのがその面白さ。
モノによっては100年以上前の広告にも関わらず
この時代に読んでも意外性や面白さを感じます。

情報が限られた時代に、
これらの広告がどれほど人の気を引いたか
想像できないほどです。

いつの時代も広告というものは、
当時の最高の人材が大衆の興味をひこうと
頭をひねって作り出したものです。
その時代の文化の結晶とも
考えられるのかもしれません。

当時の文化が現れているのが
大変興味深かったです。


昔の広告が見てみたい方はもちろん
大正から昭和初期の文化に興味がある方にお勧めです。
広告というのは当時の大衆文化を
雄弁に語ってくれると思います。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:34|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ クリエイティブ

2017年11月28日

9プリンシプルズ

本日は伊藤 穰一氏、ジェフ・ ハウ氏の
9プリンシプルズ
です。
9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

本書はベンチャーキャピタリストとして世界的に知られ、
現在MITメディアラボの所長である伊藤 穰一らによる一冊です。

現在、世界は人類がかつて経験したことのない
時代を迎えています。

つまり、テクノロジーの進化があまりに速く
人の一生の間にテクノロジーが何世代も
移り変わるような時代です。

こうした新しい時代に人間はどう生きれば良いか、
理念、哲学、行動原理を語ったのが本書です。

ここに並べられている9つの原理は
マジメな日本人が苦手なことのような気がします。

しかし、この本を読んで感じたことは、
案外、こんな時代は楽しいのではないのか、
ということでした。

実際、著者も「楽しもう」ということを言っており、
その姿勢が大事なのかな、と考えています。


個人的には、
「従うより不服従」の章、
特に批判と不服従は違う、不服従は作業そのものだ。
という部分が強く頭に残りました。


IT分野で起業を考えている人には
必読の一冊だと思います。
これからの時代の行動原理を学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:47|PermalinkComments(0)★理系本の書評 | ⇒ その他の理系本

2017年11月27日

2050年の技術

本日は英『エコノミスト』編集部の
2050年の技術
です。
2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

本書は英国の有名経済誌『エコノミスト』が
2050年にテクノロジーの進歩により
世の中はどう変わっているかを議論したものです。

例えばAIが生活の隅々にまで入り込み、
各人に最適なサービスを提供するだろうであるとか、
エネルギー源は再生可能エネルギーに移るであろうとか、
なんとなく予測可能なこともありますが、
それより大事なのは受け手の人間です。

こんなことが可能になったとして、
人間がどのように感じるか、ということまで含めないと、
正確な予測はできません。

例えば、AIが小説を書けるようになったとして、
「AIが書いたとわかった文章に」人間は感動するでしょうか。

本書では、単に技術の進歩を予測するだけでなく、
その時人間がどうなるか、ということまで考察されています。

AIが意思をもって、人間を攻撃してくるように
なったらどうしよう、という心配をする人がいますが、
実際のところ、悪意のある人間がコンピュータを操作して
他人を攻撃してくる確率の方がはるかに高いでしょう。

技術の進歩に目が行きがちですが、
あくまでも中心にいるのは人間なのです。


個人的には
テクノロジーには意思があるように見える
という部分が印象に残りました。


技術開発に携わる方にはお勧めの一冊です。
テクノロジーがどんどん発展していく中で
人間がどう変化するか、考えるヒントを得られるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:30|PermalinkComments(0)★理系本の書評 | ⇒ その他の工学

2017年11月26日

科学技術のフロントランナーがいま挑戦していること

本日は川口淳一郎 氏の
科学技術のフロントランナーがいま挑戦していること
です。
AI・ロボット・生命・宇宙… 科学技術のフロントランナーがいま挑戦していること

本書は「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」
というシンポジウムの内容を元に作られたものです。

シンポジウムでは12のセッションが開かれ、
日本を代表する研究者やジャーナリストなどが
活発に意見を交換しました。

内容はロボットやAI、宇宙、生命などの分野から
理系文系問題、政治行政などの話まで及んでいます。

専門家だけのシンポジウムでないため、
研究者たちが専門用語を使わず
わかりやすく説明してくれます。

一冊で様々な分野に触れられるので、
科学分野間の類似点、相違点などが際立ち、
大局的な視点が見に付く一冊でした。


個人的には、
サイエンスとは、知らないことを知ること、
アートとは、無いものを創ること、
という部分が印象的でした。


普段あまり科学技術に接点のない方が、
科学技術をざっと眺めたい時にお勧めの一冊です。
分かりやすい言葉で先端科学技術を俯瞰できるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 04:24|PermalinkComments(0)★理系本の書評 | ⇒ その他の理系本

2017年11月25日

もしアキバのメイドが成功法則を学んだら

本日は水谷俊雄氏の
もしアキバのメイドが成功法則を学んだら
です。
もしアキバのメイドが成功法則を学んだら

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。

本書はビジネス書100冊のエッセンスを
マンガで勉強しよう、というコンセプトの1冊です。

例えば、「7つの習慣」や「思考を現実化する」など、
自己啓発書は読めばそれなりの効果はあります。
でも、問題は読むのが大変だということです。
特に本に慣れていない人には難しいでしょう。

そこで本書の登場です。
本書では、ビジネス書のエッセンスだけを
マンガでさらっと勉強できます。

ストーリーはベタではありますが、
物語の黄金律に従って作られており、
飽きずに楽しめました。


分厚い本を一冊読んでも、残るのはほんの数語だったりします。
もちろん、その数語に高い価値があるわけです。

そんな結晶のような言葉をマンガで浴びるように
読めるという点でバリューの高い一冊です。

もちろん、ただ流しただけでは定着度が低いので、
「これは」という言葉に出会えたら、
原書を読まれることをお勧めします。


普段本を読んでいないけれど、成功本を読みたいな、
と思った方にお勧めです。
最初の入りとして、これほどハードルの低い本はないでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 11:43|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

2017年11月23日

アフター・ビットコイン

本日は中島 真志 氏の
アフター・ビットコイン
です。
アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

本書は長らく日銀で勤務し、
日銀の金融研究所で「電子現金」の研究にも
携わっていたという著者が、
仮想通貨やブロックチェーンの未来について
語ったものです。


ビットコインは現在(2017年11月)、
相場が高騰し、2017年初めに比べ
10倍近い値段がついています。

内容を見ても明らかに加熱しすぎであり、
バブルといわざるを得ないでしょう。

ですので、ビットコイン自体は、
残念な結末を迎えてしまうのかもしれません。

しかし、それでも技術は残ります。
ビットコインの根底にあるブロックチェーンは
今後、世の中を変えていくことでしょう。

本書はビットコインからわかったこと、
そして、その後にブロックチェーンがどのように
発展していくかを展望したものです。

ビットコインは類書が沢山ありますが、
本書は日銀で金融を担当した著者ということで、
決済システムの記述が詳細で参考になりました。

タイトルの通り、ビットコインが終わった後に
どんな時代が来るか予想し、
迅速に動けるように準備しておきたいですね。


個人的には、
世界の中央銀行の対応状況、
特にスウェーデンの状況についての記述が
参考になりました。


仮想通貨が中央銀行の政策をどう変えるか、
ということに興味がある方にお勧めの一冊です。
日銀OBである著者の視点が役立つことでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:28|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 経済・会計・お金

2017年11月21日

貯金100万円から月収50万円生活

本日は広之内友輝 氏の
貯金100万円から月収50万円生活
です。
貯金100万円から月収50万円生活‐はじめての人が地方×格安不動産でお金の自由を手に入れる5つのステップ‐

本書は起業で7000万円もの失敗を犯すも、
地方×格安の「ガラガラボロボロ」物件投資で復活、
現在、総資産10億8000万円、不動産26棟306戸を
平均利回り16.2%で運用するという著者による、
不動産投資指南の本です。

地方の不動産投資のメリットは、とにかく安いこと。
著者の場合は貯金130万円の自己資金から、
投資を始めたのです。

地方には100万円台以下の物件はたくさんあるそうです。
でも、そんなもの借り手なんてつかないでしょ、と
思うかもしれません。

でも、意外にそうでもないのです。
著者の例だと、20万円で買って、月3万で貸した、
というような物件があったりします。

もちろん何でも良いわけではなく、
物件を見るべきポイントはあります。

そのポイントを教えてくれるのが本書です。

探しかた、見かた、融資の受けかた、買いかた、
経営のしかた、そして売り方まで、
トータルでわかりやすく解説してくれました。

個人的には
意外に地方の空室率は高くない、
山形は東京より空室率が低い、
という話が印象に残りました。


地方に住んでいて(または実家が地方で)
不動産投資に興味がある方におすすめです。
少ない自己資金で始められるので、
まず試してみるにはぴったりだと思います。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:14|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2017年11月19日

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

本日は大塚 雄介 氏の
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
です。
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

本書は日本最大規模の仮想通貨交換取引所
Coincheckの共同創業者の著者による
ビットコイン・ブロックチェーン入門です。

技術的な事項を必要最低限に抑えながら、
ビットコインのしくみやメリット、
安全性や法整備にいたるまで、
必要な知識が分かりやすく解説されています。

「ビットコインは電子マネーとどう違うの」とか
「ビットコインは盗まれる心配はないの」など、
質問形式の目次立てになっているので、
興味のあるところから読んでもいいでしょう。

マイニングの話はどうやっても難しいですが、
イメージをつかむことはできると思います。
もし、理解しずらければマイニングを飛ばしても、
ビットコインやブロックチェーンの可能性や問題点を
理解できる一冊だと思います。


個人的には、
中国でビットコインが人気が出た理由、
イーサリアムの分裂の背景の説明が
特に心に残りました。


ビットコインに投資してみたい人にはお勧めの一冊です。
最低限の知識をコンパクトに学ぶことができるでしょう。
逆に、本書程度の知識なく投資することは危険に思えます。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:42|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ 経済・会計・お金

2017年11月18日

SHOE DOG(シュードッグ)

本日はフィル・ナイト氏の
SHOE DOG(シュードッグ)
です。
SHOE DOG(シュードッグ)

本書はナイキ(Nike)の創業者である。
フィル・ナイト氏が会社の黎明期である
1962年から1980年までを回想したものです。

偉大な経営者の回想記というものはよくありますが、
本書の特長はそれが非常に詳細であることです。

今から40年以上前のことの会話、心の動きなどが
1ヶ月前のことのように詳細に記されていて、
小説のようにも読める一冊です。

ビジネスのことだけではなく、
私生活のことにも多く触れられています。

今となっては大成功を収めたわけですが、
彼の言う、家族と過ごす時間が足りなかった、
後悔には多くの人が学ぶべきではないかと感じました。


また、フィル・ナイト氏は日本と繋がりが深く、
本書にも日本人や日本の会社がたくさん登場します。
会社の黎明期はオニツカ・タイガー(現アシックス)の
米国販売代理店として活動していました。

戦後間もない時期に、米国にも認められる製品を
作っていた企業が日本にあったということを、
嬉しく思いました。


経営者になりたい人には、おすすめの一冊です。
偉大な企業の黎明期を詳細に知ることで、
経営者の心の動きを疑似体験できるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 19:05|PermalinkComments(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他