2017年03月27日

すごい学習メソッド

本日は藤野 雄太氏の
すごい学習メソッド
です。
勉強しなさいと言わずに成績が上がる!  すごい学習メソッド

本著は著者と知り合いで、素晴らしい方であることと、
自分の子どもに役立ちそうな内容でしたので購入しました。


著者の藤野さんは、
高校は偏差値39の学区内最低の学校を出ています。

そこから、塾の先生の一言で受験を決意し、
偏差値を39.4から70.9までに上げ、
大学受験に成功するのです。

大学卒業後、外資系企業に就職して、
優秀な成績を上げますが、
ある転機に教育業に転進されます。

そこで、日本初の
「5科目100点アップ成績保証制度」を立ち上げるなど、
メディアに注目されるほど、成功されるのです。


藤野さんは勉強が苦手な時期があったため、
子どもの気持ちが良くわかります。

元々、子どもはみんな勉強が好きなものです。
だから、子どもの気持ちがわかっている著者が
正しくやる気に火をつけると、
さっと、燃え上がってくれるのです。


内容は、「『勉強しろ』と言ってはならない。」
「点数より解答の中身に注目しよう。」
など、親にとっては反省させられる言葉ばかりです。

やはり、子どもを信じることが大事なのだなと、
あらためて考えさせられた一冊でした。


子どもに「勉強しなさい」と、口うるさく
言ってしまう親御さんにおすすめの一冊です。
正しく子どもを信じる方法と、
その根拠を与えてくれる一冊でしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2017年03月19日

ジャンプ! 常に上だけを見つめて

本日は赤池鎮氏の
ジャンプ! 常に上だけを見つめて
です。
ジャンプ!  常に上だけを見つめて

本書は出版社よりご献本いただきました。
サンライズ出版様、ありがとうございました。

本書は学生時代に起業をして、
創業2年目で年商1億円を突破したという
実績をもつ24歳の起業家による一冊です。

その若さと実績は確かにすごいのですが、
ビジネス書著者の世界だと、良くある話です。

それでも、本書が本としてすごいのは、
その成長のプロセスにあります。

成功の一番の近道は、メンターの完コピ、
すなわち、一挙一動を真似ることにあると言われます。

本書はその完コピにより、著者がどのような行動をとり、
どのように成長していったかが克明に書かれているのです。
メンターを見つけた時、どのレベルで真似をするべきか、
その方法がわかります。

さらに、若い著者による一冊なので、
今の時代感にもマッチしており、
若い人が読むにも、全く違和感はないでしょう。

私は著者より一回り以上年上になってしまいますが、
本質を突いた重い言葉が多く、
非常に学ぶことが多い一冊でした。


学生や若いビジネスマンで起業を目指す人は
絶対に読んでおいたほうが良い一冊です。
メンターが必要な理由とその活かし方を
理解することができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

2017年03月14日

2050年 衝撃の未来予想

本日は苫米地 英人氏の
2050年 衝撃の未来予想
です。
2050年 衝撃の未来予想

本書は編集者の方よりご献本いただきました。
TAC出版の藤明様、ありがとうございました。


本書は、2050年を予言する本です。
10年先も全くわからないのに、
30年以上先のことを予言できるのか、
と思いますが、
むしろそこまで意識を先に飛ばす、
そのこと自体に意味があるのだと思います。

著者の苫米地さんはポジションがはっきりしていて、
(国際金融機関が著者の敵ですね。)
かなり過激な発言も飛び出します。

100%同意するわけにはいかないのですが、
その中にも未来の戦争のあり方、
日本の向かう方向性などは、
独特の視点から、従来ない発想を得られました。


そして、その過激な発言の後に、
「仕事は金でなく、やりたいことをやれ」と、
ある意味、普通のことが主張されているのが
印象的でした。

やはり、これからの時代は、
何よりも、自分がやりたいことを
追求するべきなのだと思います。


未来を予測するときに、
触媒として読むのにお勧めの一冊です。
大胆な話につられて、自分の発想も豊かになるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2017年03月11日

書いて生きていく プロ文章論

本日は上阪徹 氏の
書いて生きていく プロ文章論
です。
書いて生きていく プロ文章論

本書は著者のセミナーに参加することになり、
勉強のために購入しました。


本書はブックライターとして活躍する著者による、
書き方の本です。

「文章術の本はたくさんありますが、ビジネス分野で、
たくさんのベストセラーに関わられた文章の本は
読んだことがありません。」
という一言で生まれた一冊です。

実際、著者の上阪さんは、累計40万部を突破した
『プロ論。』をはじめとして、
10万部を超えた本も手がけられています。

そんな著者による一冊なので、
順接の「が」は使ってはいけないとか、
比喩や対句などの技法などではなく、
むしろ、取材による素材の集め方や
読者の興味をつかむことなどに、
多くのページが割かれています。

また、心構えだけではなく、
構成の作り方などは、実践的な方法が紹介されており、
すぐ役に立ちそうな内容になっています。

300ページ強と結構厚い本ですが、
字が大きめで読みやすいように工夫されているので、
一気に読み進めることができました。

読むストレスを感じさせないところが、
プロのブックライターの凄さなのだろう
と思いました。


インタビューをして、文章を書く人には
おすすめの一冊です。
取材と執筆をどのように進めればよいか
その型を学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2017年03月05日

私って、ADHD脳!?

本日は司馬理英子氏の
私って、ADHD脳!?
です。
仕事&生活の「困った! 」がなくなる  マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

本書は出版関係者の方よりご献本いただきました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。


ADHDという言葉をご存知でしょうか。
ADHDとはAttention-Deficit/Hyperactivity Disorder
日本語で「注意欠如・多動性障害」という意味になります。

これはアスペルガー症候群や学習障害のような
発達障害の一つでになります。

忘れ物が多かったり、じっとしていられなかったり、
人の邪魔をしてしまったり、
周りにこんな人がいる、もしくは自分がその傾向がある
という場合はもしかしたらADHDかもしれません。

本書は日本でのADHDの草分けである精神科医の著者が
ADHDとどうつきあっていくか、を解いた本です。

半分くらいはマンガで構成されて、
字数も少ないので、本に慣れていない方でも
さっと読めてしまうでしょう。


ADHDと名前をつけられると、
何か病気のように思えるかもしれません。

しかし、ここに書いてあるようなことは、
程度の大小はあれど、
多くの人が感じているのではないでしょうか?

そんな困った性格との付き合い方を書いた本です。


私も、忘れ物が多かったり、
脳のワーキングメモリが小さい(本書の表現)
と思われるので、その対策は大変参考になりました。


自分にそのような傾向があると感じる方はもちろん、
学校の先生、マネジメント職の方など、
人を束ねる人は一読しておきたい一冊です。
人間の困った性質とどのようにつきあっていくかを
学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2017年03月03日

そして、暮らしは共同体になる。

本日は佐々木俊尚氏の
そして、暮らしは共同体になる。
です。
そして、暮らしは共同体になる。

本書はこれからの時代の価値観を知る上で、
重要な本と聞き、興味を持って購入しました。


佐々木さんの本はこれまで何冊か読んできましたが、
切れ味が鋭いシャープな本、という印象があります。

一方、この本は料理のレシピが埋め込まれているなど、
生活臭が出ていて、かなりゆるい作りになっています。

なぜ、こうなるのかというと、
時代はそんな風に日常の生活を重視する方向、
そして「ゆるい」方向に向かっているからなのです。

例えば、国家権力や大企業の陰謀など、
組織に対抗して解放されるという思想は、
十分に自由と知識を得てしまった現代では成り立たず、
むしろ、自由になりすぎた人間がゆるい共同体を求める
といった時代に変わってきているのです。

「物語消費」「社会貢献」「ミニマリズム」という単語が
現代のキーワードになってきていると思いますが、
それらがつながった感覚になれました。

全体的にはゆるく作っていますが、
ここぞという時は、鋭い分析で時代を切ってくれます。

個人的には、
パーソナライズとプライバシーを両立させるためには、
コミュニティーを間に挟まなければいけない、
という部分が印象的でした。


これからの時代を読みたいと思う
マーケターなどにおすすめの一冊です。
たくさんの具体例から、時代が変わっていく方向を、
感じることができるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2017年02月26日

7日で作る 事業計画書

本日は赤羽雄二氏の
7日で作る 事業計画書
です。
7日で作る 事業計画書 CD-ROM付 (アスカビジネス)

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

本書はマッキンゼーにてLGの世界的躍進を支えた後
ブレークスルーパートナー社にて、
大企業の経営改革、人材育成、新事業創出などに
取り組んでおられる著者の起業本です。

いわゆるリーンスタートアップ、すなわち、
仮説を立て、MVP(Minimum Viable Product)を作り、
仮説と検証を超高速で回していく、
という立上げ方法を行う上で、
最初のキーとなる事業計画書を7日で作ろう
というコンセプトです。

7日間というと、短すぎると思うでしょう。
しかし、熱があるうちにさっと書き上げ、
実証のプロセスに移ることが一番大事なのです。

ここで悩んでいると、数ヶ月などすぐです。
それよりも、完成度は低くても、
すぐ実証に移る方が時間の面で有利でしょう。

どれだけ綿密に計画を立てていても、
すぐに想定外の出来事が起こってしまうのです。

本書では、14年間新規事業の立上げをサポート
してきた著者が、第一版の事業計画書として、
押さえるべきポイントを解説してくれます。

まずはこれに沿って計画書を作成していけば、
自分の計画の見落としや弱点にすぐ気づくでしょう。

それから、弱点を潰していけば良いのです。


起業や新規事業の立上げを考えている人には
必読の一冊です。
立上げのスピードを大幅に高めることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 経営

2017年02月24日

会話は「聞く」からはじめなさい

本日は上阪徹 氏の
会話は「聞く」からはじめなさい
です。
会話は「聞く」からはじめなさい

本書は著者のセミナーに参加することになり、
勉強のために購入しました。


本書はブックライターの著者が、
「聞き方」を説いた一冊です。

ブックライターは文章力だけが大事と思われがちですが、
それ以上に、著者からどのような素材を引き出すか、
つまり、「聞く力」がとても求められる職業なのです。

「聞くことは簡単ではない」
「聞いてくれる人は、評価されている」
といった、聞くための意識や効用の話から、
どの位置に座るべきか、目線をどうするべきか、
また、悪口などネガティブな方向に話が向かったときに
どうするかなど、実践的なテクニックも満載です。

著者はブックライターとしてのインタビューと
極端な状況での経験となりますが、
「聞く力」は波及効果の大きい能力です。
どんな人にとっても、生活や仕事の質を変えてくれる、
ポテンシャルのある一冊でしょう。

個人的には、
愚痴や悪口への対処方法の部分が印象的でした。


どんな形であれ、人と面談することが多い人、
(例えば教師)などにはおすすめの一冊です。
相手と信頼関係を築きながら、
欲しい情報を引き出すことができるようになるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2017年02月21日

職業、ブックライター。

本日は上阪 徹氏の
職業、ブックライター。
です。
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

本書は著者のセミナーに参加することになり、
勉強のために購入しました。


ブックライターという職業は、
著者に代わって本を書く仕事です。

この仕事で重要な能力は何でしょうか?

普通は文章力と答えるところでしょう。
しかし、そうではありません。

本当に大事なのは、素材を集める力、
すなわち著者から、聞き出す力なのです。

さらに、生はんかな文章力がある人は、
素材集めを軽視する分、本の質が悪くなる傾向がある
とさえ言います。


また、ライターと聞いて、
どのような印象をもたれるでしょうか?

安い給料で、徹夜を繰り返しながら、
長時間はたらく、というイメージがないでしょうか?

しかし、著者は違います。
土日を基本的に休みとしながら、
ドイツ車を2台も保有し、裕福な暮らしをしているのです。

業界では、しっかり取材をして本が作れるライターが
不足している状況にあるそうです。

その現状を見て、成功者である本書の著者は、
ブックライターの裾野を広げないといけないという
使命感もあって、この本を書かれたそうです。

一流の人に会えて、インタビューができて、
十分な収入が得られる。
本当に魅力的な仕事だと思います。

私も著者のようになりたいですね。
この本を読んで強く思いました。


インタビューやライティングの手順についても、
細かく書かれており、
現在、書く仕事に携わっている人であれば、
すぐに役立つ内容でしょう。


書く仕事を目指す人には必読の一冊です。
一流の書き手の仕事がここで学べます。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2017年02月19日

ゼロ秒思考

本日は赤羽雄二氏の
ゼロ秒思考
です。
ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

本書はマッキンゼーにてLGの世界的躍進を支えた
経営コンサルタントである著者の、
A4一枚の「メモ書き」を使ったメソッドを
紹介する一冊です。

メソッド自体は本当にシンプルです。
A4横書きの紙に、1分間程度の時間で、
思うことを書きなぐる、だけです。

しかし、そのシンプルな方法に
頭脳を目覚めさせる本質があるのです。

まず、思いのまま書くということは、
自分の考えを客観視できる効果があります。
それにより、感情をコントロールしたり、
本質的な問題点を発見したりできるようになるのです。

また、1分という時間もポイントです。
時間をかけてしまうと、悩んでいるばかりで、
思考を先にすすめることができません。
1分という短い制限時間を設定することにより、
思ったことをそのまま、書き出すことが
できるようになるのです。

このメソッドを実行に移して、
継続することができれば、
かなりの成果を出せるだろうと思います。

早速、私も始めてみました。


頭の中のモヤモヤが整理できない、
という人にお勧めの一冊です。
本書の「メモ書き」メソッドにより、
頭の中をすっきりさせることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2017年02月18日

『ゼロ秒思考』の仕事術

本日は赤羽 雄二氏の
『ゼロ秒思考』の仕事術
です。
速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

著者は重機のコマツから、マッキンゼーへ入社、
マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、
LGグループの世界的躍進を支えます。
その後、ブレークスルーパートナー社にて、
大企業の経営改革、人材育成、新事業創出などに
取り組んでおられます。


本書は、そんな著者が自身のスピード仕事術について、
書いたものです。

拙速という言葉がありますが、
実際には速い仕事の方が質が悪いということは決してなく、
特に現在のように世の中がどんどん変化する中では、
スピードを重視した方が、PDCAをたくさん回せて、
仕事の質が高まる場合が多いのです。

内容は大きく2つにわかれています。

1つ目は心構えに関するもので、
例えば「丁寧な仕事の方が良い」という価値観に
縛られることは良くない、といった事柄です。
特に、日本人は仕事への考えが古い場合が多く、
それを書き換えていかなくてはいけません。

2つ目は、実際のテクニックです。
メールの読み方、情報収集の方法、会議の進め方など、
スピードを速めるための、実践的なテクニックが満載です。
テクニックに関しては、人の好みもありますが、
それらを試してみて、1つでも残るものがあれば、
1500円程度の本の数倍の価値があると断言できます。


仕事を始めて5年くらいの中堅社員にお勧めの一冊です。
慣れてきた仕事をスピードアップさせて、
次のステップに進む手引きとなってくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2017年02月15日

ベスト・パートナーになるために

本日はジョン グレイ氏の
ベスト・パートナーになるために
です。
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

本書は男女の差を理解するのに良い本と聞き、
興味を持って購入しました。


男女はどうもすれ違ってしまうものです。

女性は聞いてほしいもの、男は分析してしまうもの、
このようなことが一般的に言われていますが、
これは間違いではありませんが、正確でもありません。

本書では人間関係論の分野で活躍している
心理学者が男女の思考方法の違いを説きます。

「男は火星から、女は金星からやってきた」
というように、男女は元々あたまの作りが違う、
ということを前提に付き合っていったほうがいいのです。

会話やシチュエーションの例が10,20とたくさん出ており、
具体的に何が違うのか理解することができます。


訳書のため、日本では少し状況が違うのではないか、
と思うところもありますが、それだからこそ、
腑に落ちることは男女差の本質なのでしょう。


「昔は仲良かったのに、最近パートナーとうまくいかない」
という人にお薦めの一冊です。
相手の考えていることを正確に理解し、
どのように反応すべきか、理解できるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2017年02月12日

書く力 私たちはこうして文章を磨いた

本日は池上彰氏、竹内政明氏の
書く力 私たちはこうして文章を磨いた
です。
書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)

本書は池上彰さんと読売新聞「編集手帳」の竹内政明さんの
文章についての対談と聞いて、興味を持って購入しました。


竹内さんは10年以上読売新聞の「編集手帳」を
担当されてきた、文章のプロです。

しかし、私のように実用の文書を書くものにとっては、
新聞のコラムは文学的というか、
正しく、シンプルに物事を伝えるということからは、
何か方向性の違うものに思えていました。

本書からも、独創的なブリッジのかけ方など、
文学的な部分も多少はあるのですが、
池上さんとの対談との形式になっているからか、
「伝える」ことの本質を考えるような内容になっていて、
興味深く読むことができました。

例えば「手垢のついた言葉は使わない」
ということは良く言われることですが、
なぜ、それが読者に伝わらないのか、
その理由が的確に説明されています。

また、お二人とも公共の場で意見を出す方なので、
その読者への気遣いは特に参考になりました。
「炎上」や「失言」という現象は、その文章を読む読者を
十分想像できていない時に起こるものなのです。


文章を磨きたいと考える人にとっては
必読の一冊だと思います。
文章の美しさと実用性について、
深く教えてくれることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

2017年02月10日

路上シンガー宮崎奈穂子 武道館公演への軌跡

本日は宮崎奈穂子さんの
路上シンガー宮崎奈穂子 武道館公演への軌跡
です。
路上シンガー宮崎奈穂子 武道館公演への軌跡 ~Birthday Eve~

本書はあるセミナーで強く推薦されていて
興味を持って購入しました。


著者の宮崎奈穂子さんは、
路上ライブでCDを手売りしながら、
「武道館サポーターズファミリー1万5000人挑戦」
という、プロジェクトを立ち上げて、
最終的に応援者を1万5000人集め、
武道館で単独ライブを行うことに成功したのです。

本当に偉業を成し遂げた宮崎さんですが、
この本の中にある写真を見るかぎり
どこにでもいるような普通の女の子です。

そして、日記のように過去を振り返っていても
やっぱり普通の女の子、、、、、、
とは、ちょっと違うんですね。

やっぱり、夢をかなえる人、
特有の考え方がそこにあると思います。

「悩んでいるヒマがあったら、少しでも出来ることをしよう」

「今日から先行で始めちゃうのはどうだろう?」

「結果はそんなに問題じゃなくて、
やってみなくて後悔することがとにかくイヤだった」


感動するだけではもったいない本ですね。
人生が好転しないと悩む人に、
自分に足りないものを示してくれる一冊となるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2017年02月06日

伝えることから始めよう

本日は高田 明氏の
伝えることから始めよう
です。
伝えることから始めよう

本書はジャパネットたかたの創業者の初の自著として
必読だと思って購入しました。

この本は、自身の人生の歩みや信条を語り、
その中心である「伝える」ことについて、
著者の思いをつづった一冊です。

ジャパネットの高田明さんは、
その軽快で楽しい語り口の中で、
商品の魅力を伝えつくし、
年商1700億円超の会社を一代で築きました。


言っていることを抽象化してしまうと、
「伝える熱意が大切」とか
「ターゲットを絞って、強く意識する」など
ある意味平凡なものになります。

しかし、生放送の番組の中で、モニターに映る、
販売状況のグラフを眺めながら、
毎日真剣勝負をして、勝利していった著者が
その豊富なエピソードを交えながら語ると
全く、説得力が違います。

「いつもの5倍」という目標をかかげ、
ものすごい緊張感の中で、気力を振り絞った放送で、
スタッフが目を潤ませ、実際に4倍もの売上を実現した
という話からだけで、伝えることの本質がわかります。

やはり、「伝える」ことの根底には
自分の思いと他人の思いを掛け合わせること
なのだと、思いを新たにしました。


個人的には、高田さんの奥さんが言った
「あなたは劣等感も優越感も持たない、珍しい人ね」
という言葉が心に残りました。
高田さんは生まれつきの性格なのかもしれませんが、
私は努力してこう言われるようになりたいと
強く思いました。


絶対におすすめの一冊です。
ターゲットを絞れずに申し訳ありませんが、
こればかりは、全ての人に読んでもらいたいです。
著者の持つ、伝えることの価値、意義を広めると、
世の中が変わるのではないか、と感じました。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発