2008年08月20日

博士の愛した数式

今日は、小川洋子さんの「博士の愛した数式」です。
博士の愛した数式 (新潮文庫)

あまりこの手の小説を手に取ることはないのですが、
数学者が題材になっているということで手にとってみました。


私は数学と語学は同じようなものだと思っています。
そして、語学でいう文学のように、数学にも美しさを
追求する性質もあります。

そういう意味で、小説家と数学者には通じ合うものが
あるのでしょうね。
この本を読んでいると、そんな数学の一面が
とてもよく伝わってきます。



しかし、殺人事件や大事故がおこるわけでもなし、
最大のハイライトは「プロ野球観戦」?!

料理でいうと、本当に良い素材(文章)を引き立たせるため
味付け(イベント)は薄味にするということでしょうか。



ある難しい問題を解いた博士が
喜ぶ主人公に対しこう言います。


僕は別に喜びたくはないんだよ。
僕がやったのは、神様の手帳をのぞき見して、
ちょっとそれを書き写しただけのことで…。



私は数学は言語だと思っているのですが、
この言語は人と人が意思疎通をする
ことにとどまりません。

自然(つまり神)とコミュニケーションを
とれる言語なのですね。










engineer_takafumi at 22:27│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 小説

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字