2008年08月10日

論理と感性は相反しない

本日は山崎ナオコーラさんの
「論理と感性は相反しない」です。
論理と感性は相反しない

実はこの本、アマゾンで本を物色している時
タイトルだけで衝動買いしました。

そして、本が来てみると、
「???、小説か」
もっと、自己啓発的な本を想像していたので…。


まあ、いいかと数ページめくりだすと
ハマる、ハマる。
本当に良いですね、この本。

特に、私は出版業界に興味があるので、
編集者と作家のやりとりやその心理描写には
とても引き込まれました。

さらに、あとがきがとっても良かった。
何回も読み返してしまいました。

好き嫌いあるジャンルだと思いますが
私としてはおすすめです。




小説書きはスカートをめくるようなところがある。
しかし編集者の仕事にはそんな要素はないわけで、
みんなロングスカートだのズボンだのを
はいたままの仕事だ。
こっちはパンツ脱いでんのに、そっちは全員、
服きてるじゃん、という気分になる。


これらの小説はほぼフィクションであり、
実在する個人や団体とはあんまり関係がない。


しかし、この先、新しく出会う人は、矢野のことを
「真由ちゃん」と見ることは絶対にない。
矢野はすでに「マユミズさん」なのだ。









engineer_takafumi at 23:24│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 小説

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字