2009年02月24日

理系アタマのつくり方

今日は四ッ柳茂樹さんの
「理系アタマのつくり方」です。
理系アタマのつくり方

この本はあるセミナーの先輩である四ッ柳さんが
「理系アタマ」を切り口にした本を書いたと聞き
即買いしました。


内容は「理系」というより、論理思考をベースとした
ビジネス本と言った方が正確かもしれません。
物語ベースで、楽しみながらスイスイ読み進める
ことができます。

ヨッツン人形という商品のプロジェクトを
任された主人公。
最初はプロジェクトを軌道にのせることができませんが、
中川さんという一風変わった先輩の助言を元に
このプロジェクトを成功に導きます。

入社1〜3年目くらいの社員に、特にお勧めですね。



ルール化するといくつかのパターンができるから、
そのパターンにあてはまるかどうかだけを
判断すればよくなるわけだ。
そうすると結局、考え方もシンプルなもので済む、
ということだよ。


もしかしたら名前をつけるのが大変だと思ってないかい?
でも、ここがポイントなんだよ。
まとめたものに名前をつけておくことで、
分類しやすくなるからね。






engineer_takafumi at 22:26│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ 理系の人・理系社会

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字