2008年09月20日

28歳までに他社からスカウトされる人脈術

今回は、坂田篤史さんの
「28歳までに他社からスカウトされる人脈術」です。
28歳までに他社からスカウトされる人脈術

この本は鹿田尚樹さんのブログ「読むが価値」で、
大絶賛されており、興味を持って買いました。

坂田さんは、年は私より1つか2つ下(のはず)
なのですが、実際お会いすると全くそう思えません。
出しているオーラが完全に違います。

凄い人だなと思っていたのですが、
この本を読んでその理由がわかりました。

やはり、経験しているモノ、触れ合っているヒトの質が、
圧倒的に違うのですね。

20代のうちに、自己実現したい、と願う人には
必読の一冊でしょう。
逆に、30代以降の人は読まない方がいいかも知れません。
オレ全然ダメかも…、と本気でへこみます(笑)




スカウトの候補に挙がるのは、一体何歳ぐらいからなのでしょうか?
返ってきた答えは「25歳くらいから」というものでした。
20代後半くらいで「自分は仕事ができる」「自分は優秀だ」
と思っている人たちにこの話をすると、
たいてい顔をこわばらせます。


問題なのは一度自社のトップや上司を紹介してしまうと、
それ以降の付き合いは自分の頭越しに
行われるようになってしまうリスクがあるということです。







engineer_takafumi at 22:57│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 人材・人脈・マネジメント

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字