2008年12月16日

デキる人は皆やっている一流の人脈術

本日は島田昭彦さんの
デキる人は皆やっている一流の人脈術
です。
デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)

この本は土井英司さんのBBMで紹介されており
興味を持って買いました。

著者の島田さんはスポーツ雑誌の編集をされたことがあり、
あの中田英寿さんの取材を許される、数少ない人物の
一人だったということです。

現在は京都にてビジネスクリエイターをされていて、
国内外を問わない、幅広い人脈を背景に活躍されています。


人脈本は数多く出ていますが、他の本と比べると、
この本は、自己啓発よりビジネス実務に近いポジションです。

幅広い人脈が、どのようにビジネスに役立つか
知りたい人にお勧めの一冊です。


ちょっと余裕があるということと、
ちょっと余裕がないということは、
雲泥の差がある。
もし、何かを取り組む際に、自分を振り返って、
今、気持ち的にも金銭的にも余裕があるのかどうか。
その余裕を自身のバロメーターにすると、
自分のコンディションをつかみやすい。


インド・デリーに日本食の文化と伝えにいった時のこと。
マハラジャと呼ばれる超大金持ちは、僕に言いました。
「ここに来ると、カレーは、スプーンを使わず、手で食べてください。
 それがカレーを食べる上で、最もおいしい食べ方なのです。」







engineer_takafumi at 22:53│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 人材・人脈・マネジメント

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字