2009年01月28日

科学者たちの奇妙な日常

本日は松下祥子さんによる
科学者たちの奇妙な日常
です。
科学者たちの奇妙な日常 (日経プレミアシリーズ)

本書は書店で本を物色している時に目に止まり
購入しました。


著者は大学で講師をしている女性研究者です。
専門は物理化学とのことです。

この分野はほとんど女性はおらず何かと注目を集めやすい
と思いますが、その著者が自分の業界?(学会?)
をわかりやすく解説します。

題材としては、ありがちなのですが、
なんといっても女性研究者の視点、というものが
本を面白く、オリジナリティあるものにしています。


どちらかというと、研究者の世界を知りたい素人より
研究者の道に進もうかどうか考えている人
を対象にした本だと思いますね。


理系に進もうとしている女子高生などは
特に必見の内容です。



世界で一番通用する言葉は、Non-Native English
(ノン・ネイティブ・イングリッシュ。母国語が英語じゃない方の英語)
だーーーーーっ!自身を持って海外に行かれて下さい。


米国の大学は入るのが楽だけど出るのが大変。
(中略)
中でも大学院は、実は教授が学生さんにお給料を払います。
つまり、教授が認めた学生さんでないと大学院には入れません。


(偶然飛行機で出会った短大生いわく)
「東京大学大学院って、東大のまねっこですか?」


(中国では)男女問わず、
「大学まで行って働かないなんて、恥ずかしくないの」
と言われる。






engineer_takafumi at 23:48│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ 理系の人・理系社会

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字