2009年09月29日

究極のテレビを創れ!

本日は麻倉怜士氏の
究極のテレビを創れ!
です。
究極のテレビを創れ! ~感動に挑む絵づくり職人たち (テック・ライブ!)

本書は担当の編集者の方と知り合いで、
紹介のメールを頂いて、興味を持って買いました。


ディスプレイの技術は、なじみのないものでしたが
この本で基礎的な知識を身につけることができ、
技術の流れを知ることができました。

また、絵づくりにかけるエンジニアの執念はすさまじく
尊敬の念が湧き出てきます。


ただし、気になるのが目指す方向性はこれでいいのか?
ということです。

私も一人の消費者ですが、そんなに画像の良さを気にするか?
良さを理解できるか?というと答えはNoです。

この本で絶賛されているパイオニアが
テレビから撤退せざるを得なかったことを考えると
エンジニアのこだわりがむしろマイナスに作用
している可能性もあると危惧しています。





97%の人は画質の調整をされた経験がないとわかったんです。
(中略)
でも3%しか画質モードをつかっていないとは……。
衝撃でした。
ましてや彩度やコントラストなど個々の
イコライジング調整までする人は、皆無でした。


昼と夜で色温度を変えないといけないのはわかったのですが、
ソフト屋が作った設定を見て唖然としてんです。
まじめなソフト屋は設定の中に
『電球をつける時間をインプットしてください。何時〜何時まで』
という項目を考えていたんです。
バカか、と(笑)





engineer_takafumi at 06:33│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ 電子・電気

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字