2009年11月22日

一筆箋の書き方、楽しみ方

本日はむらかみかずこさんの
一筆箋の書き方、楽しみ方
です。
一筆箋の書き方、楽しみ方 (ワニ文庫)

本書はむらかみさんの前作、できる大人の”一筆添える”技術
良かったので購入してみました


私は正直筆不精なのですが、この本を読んでいると
力を入れずに楽しんで書くという著者のスタンスが伝わってきて、
何か書いてみようかなと思わせられます。

「文字が上手に見えるコツ」や「相手の気を惹く万能フレーズ」など
すぐ実際に使えるテクニックも満載です。

デジタル万能の時代だからこそ、こんな表現が見直されるのでしょう。
一筆箋はそんなに書ける文字も多くないので、
文字を書くことに苦手意識を持っている人にもおすすめです。



女性目線で申し上げれば、日ごろバリバリと仕事で活躍する男性が
やわらかくてやさしい絵柄の一筆箋を使って
ひと言したためている様子を目にすると、
それだけで「こんな一面があるのか」と新鮮な気持ちになるものです。


エコ(環境)関連の事業をしている方が
グリーンの四つ葉のクローバ柄の一筆箋を
使っているのを目にしたことがあります。
とてもさわやかな気分になると同時に
「らしいなあ」と感心しました。


一筆箋は3つ折りにたたむと、ポチ袋の代わりになります。


返事を期待しないほうが、気楽に文字をつづれるものですよ。






engineer_takafumi at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 書き方・話し方・言語

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字