2010年01月17日

いちばんやさしいネットワークの本

本日は五十嵐順子さんの
いちばんやさしいネットワークの本
です。
いちばんやさしいネットワークの本 (技評SE選書)

本書は知人の五十嵐さんが
処女作を出版されたと聞いて購入しました。


実は、著者の五十嵐さんがこの本を書くことになった
と聞いて驚きました。

というのも、失礼ですが、お話をしている限りでは
技術系のバックボーンがあるように見えなかったからです。

実際、五十嵐さんは自分からも語るように、
根っからの文系人間です。


ですが、大学卒業後IT系の企業に就職し、
エンジニアとして仕事を始めました。

特に、技術系の話が理解できず、
当初は苦労も多かったとのことです。

そこで、歯を食いしばって頑張り、
勉強して、技術的な知識を身につけていくのです。


そんな、五十嵐さんは、技術解説書がわかりにくいのは、
「できる人の暗黙知」が書かれていないから
と言います。

つまり、解説書を書く人は根っからの専門家ですから、
初心者がつまづきやすいポイントを
前提として省略してしまう、ということです。

この本は、そんな五十嵐さんが、
自分でも悩み苦しんだネットワークの知識を
基本的なイメージから解説してくれます。


他の本で挫折した人にも、ぜひおすすめです。







IPアドレスとサブネットマスクの関係は、
電話番号と市外局番の関係に似ています。


巨大なネットワーク社会を支えるために、
「ルートサーバー」は、ひとつではなく、複数存在します。
天災や事故でDNS全体がダウンしないように、
地理的にも分散させ、現在は13台が稼動しています。
日本にも一台あります。


「どこにお住まいの誰」がIPアドレスとすれば、
MACアドレスは、単に「誰」というアイデンティティを指します。


Ethernet方式を実際に検証していく中で、この「とりあえず」方式が、
ほかの「相手がいないことを確かめる」方式などよりも効率的に
回線を使用できることが判明。この方式が採用されました。






engineer_takafumi at 02:20│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ コンピュータ・情報科学

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字