2010年01月25日

あなたはコンピュータを理解していますか?

本日は
あなたはコンピュータを理解していますか?
です。
あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)

「10年後、20年後まで役立つコンピュータに対する
根本的な理解をつたえようとしています」
本書は、このコピーにひかれて購入しました。

コンピュータを勉強するというと、
ワープロや表計算が使えるようになるとか、
写真や動画の編集ができるようになるとか、
インターネットで検索ができるとか、
そんなことを想像するかもしれません。

でも、それ以前にこんなことを疑問に思いませんか
コンピュータはどうやって計算しているのだろう?

そんな疑問を持つ人には絶対おすすめの本です。


私にとっては、エントロピーの話が
一番参考になりました。





●羽ばたく翼と、回転するプロペラとは全く違う
●人間の思考方法とコンピュータの計算方法もまったく違う


1文字あたりでは、英語が1.3ビットなのに対し
日本語は4.5ビットなので、約3.5倍になっています。
これは、日本語の1文字は、英語の3〜4字分の情報を持っている
ということを示しています。


現在のコンピュータは「触られること」によってのみ、
操作されるのです。


私たちの外見、声や感情、社会的立場やいまの状況、
そんなことはコンピュータには何もわからないのです。
そう考えると、今のコンピュータだって、
実はけっこうがんばっているのです。


「コンピュータが動く」ということの本質は
●たくさんの丸の上を、矢印にそってあちこち移動していく


これだけ数が違うと、単に多いだけではなく、
質的な変化が生まれます。
つまり、丸と矢印がものすご〜くたくさんあると、
難しそうなことが不思議とできるようになってしまう


バグ(虫)とは、コンピュータのプログラムにある不都合のことです。
コンピュータが開発された当初、真空管の回路に紛れ込んでいた蛾が
故障の原因となったため、それにちなんでそう呼ばれています。


プログラムにバグがないことは、どうやっても確かめられない


不正なのは私たちでもコンピュータでもなく、
それを作ったプログラマの頭の中身なのですから。






engineer_takafumi at 00:48│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ コンピュータ・情報科学

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字