2010年06月16日

成果を生む人が実行している朝9時前のルール

本日は美崎 栄一郎氏の
成果を生む人が実行している朝9時前のルール
です。

成果を生む人が実行している朝9時前のルール

スーパーサラリーマンとして名高い美崎さんの新刊ということで
迷わず購入しました。

サラリーマンのキャリアの本は数多く、
また最近はサラリーマンのブランディングの本も
結構な数が出回ってきました。

本書もジャンルとしてはその手の本に加えられるのですが、
この本の特長はなんといっても実例だと思います。

さすが、著者の幅広い人脈です。
何か教訓があれば、必ず著者の友人の活動例があげられています。

特に名刺の作り方の章では、著者が出会った面白い名刺が
これでもか、と並べられていて、
面白いですし、とても参考になります。

この本で紹介されている人にコンタクトを取る、
という使い方もできます。

類書に比べて実践的といえるでしょう。
本は読むんだけど、なかなか行動できないサラリーマンには
ぜひおすすめの一冊です。





あなたは、仕事の優先順位の高低を、
会社の価値観をものさしにして決めていませんか?


会社のためにやっている情報収集は、勤務時間でやることを基本として、
その姿を周りに見せるように変えていきました。


自分の興味と相手の興味があうところを探っていくのが
ブランドのコミュニケーションです。


個人名刺の上手な作り方を説明している本は少ないですが、
注意したいことが2つあります。
‐霾鷁畭燭砲覆襪海
抽象化しすぎてインパクトが弱くなること


自分のタグの関係のないインパクトだけのメタファーを使うと逆効果です。


サラリーマンは一見レベルが分かりにくいため、
みんな「社会人」という同じ括りに入りますが、実際はレベルが違います。






engineer_takafumi at 01:38│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字