2010年11月27日

10分間リーディング

本日は鹿田尚樹氏の
10分間リーディング
です。
10分間リーディング

本書は私が注目している鹿田尚樹さんの新書ということで
迷わずに購入しました。


この本の基本的なテーマは読書術なのですが、
それにとどまらず、記録、勉強、時間、といった
社会人が興味のある勉強法全般の本といえるでしょう。

特に、本を使っていかに効率よく情報を利用するか、
という方法に力が入れられていて、とても参考になります。


あと、読書や情報発信の小技もたくさん紹介されています。
この手の話は類書でもたくさん出てくるのですが、
個人的に鹿田さんのものは自分と波長が合っていて好きです。

今回もこの本で、iPhone用のキーボードを購入することにしました。


非常に読みやすいですし、実践的な読書テクニックが満載です。
「今まで、全然本を読んでいなかったけど、本を読まないと…」
と思っている人が、最初に読む読書術として、とてもおすすめです。





書かなければ、読む意味がない


夜は情緒的になりやすい時間ですから、
朝読むよりも物語形式の本に感情移入できるものです。


覚える意思がなくても潜在的な記憶の中に留まることで、
投票所で思い出してもらうきっかけにもなりえます。






engineer_takafumi at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) ★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字