2011年05月15日

原子炉時限爆弾

本日は広瀬隆氏の
原子炉時限爆弾
です。
原子炉時限爆弾

最近、放射線について勉強していますが、
勉強すればするほど、思ったより怖くないものだ
という意見に傾きつつあります。
そこで、反原発の人の考え方を知りたくて
本書を購入しました。


この本を読んでみると、その多くのページが
地震について割かれており、
地震の恐怖を原発の恐怖に絡めているような
印象を受けました。


この本は福島の事故以前の出版なのですが、
電源喪失や原子炉が同一サイトに複数存在するリスク
などにも触れられており、
著者の見解の正しさもわかります。


ただし、問題になるのはその表現方法で、
「100%事故が起きる」
「日本人には絶対無理」などの表現、
また、個人名を挙げた罵倒など、
多くの人が内容に立ち入る以前に
拒否反応を起こしそうな表現に満ちています。

これでは、本当に良識のある人は
間違っても著者の味方はできないでしょうし、
「反原発」の立場の人達のイメージを
より悪くしてしまっていると思います。


特に、高速増殖炉や核廃棄物についての見解は
納得させられるところも多かったので残念です。

著者が原発関連の組織について、
個人的な怒りを抱えているのかもしれませんが、
少なくとも技術的な題材を話題にする際には
表現方法に気をつけるべきだと考えます。





大事故があれば発電所内の電源系統が断絶され、
同じ敷地内に林立する原子炉が連鎖的に事故に
巻き込まれると予測される


距離が1ミクロン(1000分の1ミリ)単位になるので、
二乗すれば1メートルの距離にあった時に比べて
被曝量は1兆倍にもなる。


まず高レベル放射性廃棄物を、日本人の誰が引き受け、
どこで、どのように管理できるのかという、
この問いに大人として現地住民に責任を持って答えてから、
原発推進を口にせよ。








engineer_takafumi at 22:34│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ 原子力・放射能

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字