2011年09月17日

噛めば脳が若返る

本日は小野塚寛氏の
噛めば脳が若返る
です。
噛めば脳が若返る (PHPサイエンス・ワールド新書)

当面PHPサイエンス・ワールドは全てチェックしようと思い、
本書を購入しました。


食事はよく噛んで食べなさい。

子供のころから親や先生に言われてきたことですが、
なかなかそうもいきません。

特に社会人になってしまうと、
時間がないので、食事は流すようにすませてしまう、
そんな人が多いのではないでしょうか。


この本は、その「噛む」ということの効用を
科学的に説明しています。

この中で特に注目したいのが、
高齢者の健康と「噛む能力」の関係です。

噛むということは、認知症の予防にも役立つのです。

ただ、年を取ると歯や口の能力も弱まってきますから、
しっかりした口腔ケアが非常に重要になってくるのです。


これだけ、噛むということは体にいいのですから、
忙しくてあまり食事に時間がかけられない人も、
せめて家族とゆっくり食事をしているような時は、
いつものクセで早食いするということは
ないようにしたいですね。


口腔のケアの重要性を理解するために、
高齢者の介護などをされている方に、
特におすすめしたい一冊です。





「硬い食品→たくさん噛む→脳がより活性化する」という図式は
成立しないのです。


全体から見ると七割以上の人が、「ガムを噛むと食欲が薄れる」といい、
その結果、体重の減少につながったことになります。


とくに高齢者の場合、
口を使わず点滴や胃瘻(おなかに穴をあけ、チューブで胃に栄養を入れる方法)
で栄養をとるようになると、認知機能が低下し、物忘れの傾向が進んで、
認知症になりやすいことが知られています。


口のなかをきれいにケアして、自分でしっかり噛んで食事をする。
それが認知症の予防にも、病状の改善にも大きく与っていることは、
"現場の声"が証明しています。


80%に近い人が噛むことで、強烈なストレスから解放された、
あるいは、ストレスを軽く感じた、というのです。







engineer_takafumi at 22:20│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 | ⇒ 医学・人体

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字