2016年04月04日

図解 ツキの法則

本日は谷岡 一郎氏の
図解 ツキの法則
です。
図解 ツキの法則

本書は確率・統計という学問から、
ギャンブルがどう見えるか知りたくて購入しました。


本書は同名の新書の本を図解化したものです。


この本では、ギャンブルを数学的に解析して、
巷で言われている必勝法なるものが、
存在するのか、と検証します。

残念ながら、勝てる方法は無いのですが、
負けにくくする方法というものは確かに存在します。

それを数学的、理論的に考察するのがこの本です。
図解で文字が大きく、数式も使っていないので、
とても読みやすく仕上がっています。


なお、この本では、ギャンブルで「堅い買い方」は、
破滅の道である、と説いています。

それは数学的に損な賭け方であることはもちろん、
手堅く勝って、大きく負けるので、
精神上もよくありません。

同じ負けるにしても、たまに穴を当てるけれども、
小さい負けが積み重なって、トータルではマイナス、
となった方が楽しいのではないですか、
という著者の意見には、強く同意しました。


ギャンブルが好きな人にお勧めの一冊です。
図解で、非常に読みやすくできていますし、
楽しいギャンブルを通じて数学が学べるということで、
お得な一冊だと思います。





「少なくともオレ独自のやり方で勝っている
おまえが何と言おうと必勝法がある」と考えている人は、
次の二つのケースのどちらか(またはその両方)
にあてはまるはずです。
1、勝ったときの記憶だけがのこり(膨らみ)、
 負けた記憶は消えるか過小になっている。
2、賭けた回数が少ない、または大きく賭けたときに
 たまたま当たった。


競馬で「何点も押さえる」という行為は、
勝ってもうま味がなく、
負けたときの金額が大きくなる賭け方で、
統計学的には「回数を増やす効果(大数の効果)」
だけが増大し、それに伴って
「マイナスの効果」が早く出現してしまいます。


少しずつ多くの回数を勝ったあと、
一度に大きく負けるプレイヤーは、
単に統計学上の負けコースに入り込んでいるだけでなく、
心理学的にも負けたときのショックが大きすぎます。


「高額配当の賭け(つまり「大穴」)ほど期待値が低い」
ということは大小に限りません。
(中略)
ここには、カジノ側の戦略(知恵)が見てとれます。
要するにカジノとしては、客に
「分散を小さくして大数の法則に飛び込んでほしい」
のです。


より早く確実に負ける賭け方
1、回数を増やす
2、「同じ金額」を賭ける
3、「本命」狙いに徹する
4、実力の必要なゲームに挑戦する
5、期待値の低い賭けに賭ける
6、スピードの速いゲームに賭ける


「ひょっとすれば勝てる」賭け方
1、期待値の低い賭けには手を出さない
2、1〜2点に絞って賭ける(「押さえ」は避ける)
3、金額を同一にしない
4、「本命」は避け、「大穴」を狙う
5、実力の必要なゲームには参加しない


「競馬はしたいけれども、損はしたくない」という人に、
私がすすめる一つの方法があります。
それは、自分で自分の馬券を「飲む」ことです。
私は、これを「セルフ胴元ボックス」と呼んでいます。


ツキの正体は、統計学上の「必然的な偏り(ゆらぎ)」
にすぎず、そのゆらぎは必ず存在するのです。


勝ったときの金は少額で、しかもすぐに散財し、
負けたときの金は多額であるため、
その負担はダイレクトに本人やその家族生活を圧迫する。
生活破綻を招くのはこのタイプのギャンブラーです。


大多数の人間にとって、「確実なプラス」に対する主観的価値は、
「不確実ではあるがより大きな期待利益」よりも高い


働いて得たお金は「生活費」の項目に分離されますが、
ギャンブルで得たお金は「遊行費」でしかなく、
しょせんアブク銭なのです。


全くのゼロと0.0000004の差は、
例えば0.00521と0.00522の差より
はるかに大きい感覚があります。
後者の差は0.00001だから、前者の25倍も
離れているにもかかわらずです。
0.0000004(250万分の1)という数字は、
日本の宝くじで一等に当たる確率です。


たとえ九割方まちがいなく確実に起こるような事象でも、
10回続けて起こるとなると、
それは3度に1度の確率であるという事実です。


みんなが好む、もしくはみんなが買いそうな番号は
当たっても賞金額は低くなる







engineer_takafumi at 01:47│Comments(0)TrackBack(0)★理系本の書評 |  ⇒ 数学

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字