2017年06月25日

斎藤一人 人間力

本日は信長さんの
斎藤一人 人間力
です。
斎藤一人 人間力 一人さんと二人で語った480分

本書は著者よりご献本いただきました。
信長さま、ありがとうございました。


本書はカリスマホストの信長さんが
本をきっかけにつながった斉藤一人さんと
対談した内容をまとめたものです。

対談形式なのでとても読みやすいですね。
普段、本を読まない人にもお薦めです。

斉藤一人さんは多数の著書がありますが、
この本はカリスマホストの
信長さんとの対談、というところが新しいです。

信長さんはホストでマネージャーも
されていますが、やはりクセある人達を
まとめるのは大変みたいですね。

そんな人間をまとめるにはどうするか、
一人さんのアドバイスは必見です。


個人的には、魅力的な人とは、
自分がどうしたら魅力的になれるかを、
自分で考えられる人だ、
という箇所が心に残りました。


一人さんのファンにお薦めの一冊です。
カリスマホストという異色の相手との対談で
一人さんの少し違った魅力が見えるでしょう。





講演会なり本の出版なんかで先生って呼ばれるようになると、
そんな単純さから遠ざかってしまう。
そうすると終わっちゃうんだな。


"先生病"っていう病気があるんだよ。
簡単に言える言葉をあえて難しくしてみたり、
横文字を使ったり、専門用語を使ったりね。
でも、先生が先生として成り立つのは
生徒がいてくれるからなんだよ。
講演会なら、お客さんはお金を払って
講演を聞きに来てくれているのに、
先生が学校の先生みたいな態度でいたら、
誰にも相手にされなくなるよ。


人生って、失敗からはじまるものなんだよ。
失敗が怖くなくなったら、
人生って怖くなくなるものだよ。


人間の心には愛と恐れしかないんだよ。
愛から生み出されたものは
失敗することなんてないんだよ。


回転寿司には回転寿司のおいしさがあるんだよ。
それを金持ちなったから回転寿司には行けない
というのは、何か違うんだな。


食い物に差を付ける人は、職業にも差を付けるよな。
それは、よくない。


一人さんにとって、魅力的な人ってどんな人ですか?
自分がどうしたら魅力的になれるかを、
自分で考えられる人だよ。


魅力のある人っていうのは笑顔が違うんだよ。
ただ、その笑顔に会いたくなっちゃうんだよ。
それがプロの笑顔っていうものなんだ。


お金ってエネルギーなんだよ。
本当に真剣に学びたい人は5千円なり、
1万円なりのエネルギーを出して、
知識や情報と交換するのだから。


嫌な人から遠ざかってあげると、本人が気づくから。
だから、これも愛なんだよ。


我慢からは恨みしか生まれないんだよ。
そうならないように、
とにかく早目に手を打っておくんだよ。


僕もまだ若い頃、若気の至りで
ちょっと威張ってしまっていた時期があったが、
その時の反省と教訓は、
「威張っている男は、女性にまったくモテない」
ということだ。


10人でやる仕事を7〜8人でやる。
そうすると怠け者は逃げていくの。
そして、働き者だけが残るの。
だから少数精鋭じゃないの。
最初から少数にすれば
自然と精鋭になっちゃうの。


奢ることはよくないといっているわけではない。
ただ、奢られることをあてにしている
連中を相手にすると、
人生がダメになることのあると言っているんだ。


実は皆、本当はこの世に生まれる前から
情熱はもっているんだよ。
でも、いろいろなことがあまりにも
叶わなかったから、
情熱なんてものをすっかり忘れちゃっているの。


頭で考えた目標だとダメなんだ。
心から湧き上がってきた目標じゃないとね。






engineer_takafumi at 18:23│Comments(0)TrackBack(0)★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字