2018年02月18日

残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方

本日は江上 治 氏の
残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方
です。
残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方 “持たない時代”に本当に持っておくべきもの

著者の江上氏はサラリーマン時代には
大手損保会社、外資系保険会社の営業にて
新規開拓分野において全国1位を4回受賞、
部下の指導でも卓越した成果を上げます。

そして、独立されてからは、
有名スポーツ選手から経営者まで
年収1億円を超えるクライアントを50名以上抱える
富裕層専門のファイナンシャルプランナーとして
活躍されています。

つまり、著者はほんの一握りの成功者に
囲まれているということです。

本書ではそんな著者が、上位5%の成功者の
考え方について説きます。

残念ながら、日本全体の将来は極めて厳しく、
特に普通のサラリーマンの生活は
これから厳しさを増していくことでしょう。

とはいえ、普段の場所、付き合う人、時間の使い方を
変えることができれば、上位5%への扉は狭いながら、
まだ開かれています。

本書で成功者たちの時代に左右されない
「確かな生き方」を身に着けましょう。


個人的には、
「うまく行く人はよく過去を振り返る。
過去を振り返ることで、自分という存在をよく把握する」
という部分が特に印象的でした。


会社で一生勤めていこうと考えている人に
一読して頂きたい一冊です。
かなり脅しがきつい本ですので、
現状に危機感を持つことができるでしょう。




時代と自分との関係を、情報だけでなく感性でもとらえ、
どうしたらよいのかを考え、また生活で実行している。


自分の行動に対して、繊細だということだ。
冷静に自分を見つめ、行動の結果をきちんとチェックし、
修正すべきは修正している。


時代に左右されない人は、人生の軸として
「生きる基準」を確立している。


脇目も振らず、自分が立てた方針通りに、
時間とお金を自分に投資できる人間だけが、
最終的には勝っていく。


主体性がないから、時代に流され、
周囲に流され、利用される。


数字は正直である。
言い訳が入り込んだり、感情に流される余地はない。
現実をそのまま表してくれる。


お金もそうである。
無駄なことには使わない、は原則だが、
その貯まったお金をどう使うか、
という点も考えなければいけない。


真に役立つ情報は、その道の第一人者だけが知っている。


出すべきときには気前よく時間とお金をさし出さないと、
一流の人たちに認められない


うまく行く人は、自分の価値、強みを知っている、と述べた。
それが自己肯定感を生み、さらにその価値を磨き上げることで、
これだけは誰にも負けないという武器を手に入れることができる。


うまく行かない人の目線は、常に、現在、未来に注がれる。
だから、いつも前のめりで、過去を振り返る
ということをしないのだ。


うまく行く人はよく過去を振り返る。
過去を振り返ることで、自分という存在をよく把握する。


本気で自分の人生を変えたいと思うなら、
特に時間、人脈という、人の資源に当たる根幹を
抜本的に変えていく必要がある。


「未来は自分がつくっていく」という強固な意志を持たないと、
時代に左右され続ける人間として、
一生を終えてしまうことになるだろう。
思考停止は何物も生み出さない。


なぜ、人間は変われないのかというと、
習慣を変えられないからである。


人間はあるときに急に何かを成し遂げるわけではない。
ある時期に学んだものが基盤となり、
次のステップにつながっていく、という形で人間は成長していく。


人生の軸がしっかりしているからこそ、
目の前の課題にしっかりと向き合うことができたのだ。


あらかじめ勝てる土俵を設定して、
そこで勝負をするのが、うまく行く人の特徴である。


いきなり起業する前に、
この会社で何か利用できることはないかと考えて、
段階を踏みながら独立を目指していくことで、
失敗のリスクを抑えることができるのだ。


ソフトバンクグループを率いる孫正義氏も、
基本的には継続課金のビジネスしか手を付けない。
携帯電話を無料で配布した時期があったが、
孫氏にとっては、携帯電話の販売で儲けるよりも、
電話の通話料が毎月入ってくることの方が
重要だったのである。





engineer_takafumi at 21:54│Comments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

コメントする

名前
 
  絵文字