2018年03月18日

大富豪からの手紙

本日は本田健 氏の
大富豪からの手紙
です。
大富豪からの手紙

本書は『ユダヤ人大富豪の教え』を代表に
多数の著書のある本田健さんの新作です。

ストーリーは大富豪であった祖父が、
その孫に残した手紙から始まります。

祖父は莫大な財産がありながら、
それ自体は残さず、知恵である手紙を遺したのです。

9通の手紙は偶然、決断、直感、行動、お金、
仕事、失敗、人間関係、運命、のテーマが付けられ、
主人公が手紙に導かれて旅をする、
という流れになっています。

本田さんの著作らしく、読みやすさや共感しやすさに
配慮されておりスムーズに読み進められます。

その中に人生を豊かにするアイデアが
多数含まれており、自然に頭に染み入る感覚が
とても良いな、と思わせる一冊でした。


個人的には、
自分の才能をみつけて、お金を稼ぐプロセスは
人生で最もドキドキすることの1つだから、
あえて、孫にはお金を遺さなかった、
という部分が一番印象的でした。


仕事を頑張っているのに、幸せになれない、
と感じている人にお勧めの一冊です。
たぶんそれはどこかを間違えていて、
本書がその間違いを教えてくれることでしょう。



自分の「直感」に意識を向けて、
「偶然は必然」という感覚を持って、
これからを過ごしてもらいたい。


信じられないかもしれないけれど、
「決断した瞬間」に、
「その未来は、同時に誕生する」。


最高の未来は、いつも、今の意識の外にある


決断には『断つ』という字が入っています。
つまり、決めるという行為には、
『それ以外の選択肢を断ち切る』
という意味もあるのです。


自分にとって何が大事かは、
その人の心と体がちゃんと知っている


大切な局面で決断するときは、
「理性や論理」で決めてはいけない。
決めるときは、「直感」で決めてみよう。


みんな、なんらかの情報は受け取っているのに、
それを『直感を受け取っている』と
認識できないだけなんですよ


「決める」ことと「行動する」ことは、
セットになっている。


【1】お金とは「エネルギー」であり、善悪はない
【2】多くの人が「お金を信頼すること」によって、その価値が成立している
【3】「お金と、どう付き合うか」は、選択できる


お金にはね、「善悪の判断」がないから、
素直に「エネルギーが強いもの」に、
ひきつけられていく性質があるんだ。


いいかい?
お金から自由になるためにはね、
「お金をいくら持っているかと、幸せは、まったく関係がない」
ということを、知ってほしい。


「自分の才能を見つけて、それを磨き、ドキドキしながらお金を受け取るプロセス」
は、人生でもっとも楽しいことの1つだと思う。


お金持ちであることを見せびらかしても、
いいことは1つもない


『収入が増えたら、その分だけ、支出も増えるサイクル』
にはまってしまう。
一度、支出を増やしたら最後、
簡単には生活レベルは下げられなくなってしまう。


ほとんどの人が
『お金とちゃんと向き合っていないから』だよ。
がんばって働いて、稼いだお金を楽しく使うのが
人生だと信じてしまっているからだ。


自分のまわりの人に影響されるのだよ。
違う生き方をしている人は見たことがないし、
別の人生を作り出す方法も知らない。


自分でも気づかない間に、人類の95%が、
今の『資本主義というシステムの奴隷』に
なってしまっている。
経済力を持った人の中には、
自分がこの世界での勝者だと勘違いを
してしまう人もいる。


キミのような優秀な人間は、特に勘違いしやすいからね。
気がついたら、必要以上のお金があるのに、
『もっと、もっと稼がなくちゃいけない』と思って、
仕事に熱中してしまうんだよ


『自分の器』を超えてお金を手にしてしまうと、
人は不幸になってしまうんだ。


『誰かの役に立っているという実感』がないと、
毎日が楽しくなくなって、生きることすら、
苦しくなってしまうんだよ


『自分の器』の大きさを知る方法はね、
ある金額を稼いだり使ったりするのをイメージして、
それにストレスを感じるかを見ればいい。


いいお金の使い道というのはね、
『自分とまわりの人を幸せにできる』
という視点で考えてほしい。


人生のチャンスというものは、遠くにあるのではなく、
常に半径3メートル以内のところにある


まったくのゼロから出発して、
『自分のキャッシュポイント(才能がお金になる活動)』を見つけて、
ワクワクしながら行動して、失敗して、成功して、
また失敗して、それから、成功をつかむ。


・お金とちゃんと向き合った上で、お金との距離のバランスをとる
・誰かを幸せにするたびに、自分の器が大きくなって、お金から自由になっていく
・多くの人は収入が増えると、何も考えずに自動的に支出を増やしてしまう
・お金持ちになるには、自分が持っているいちばんの才能で勝負すること


恋も、仕事も、お金も、
欲しがって追いかけると、逃げられる


成功している人はね、みんな仕事が大好きだ。
というよりも、「心から仕事が大好きだから、成功した」
というのが正しい順番かもしれない。


『人間は、損をしないと、学べない』ものなんだよ。
だから、最初の損を気にしていたら
『お金持ち』にはなれないってことさ。


『投資』におけるいちばん大切な考え方はね、
『時間を味方につけること』なんだよ。


仕事で大切な2つのことはね、
『情熱』と『工夫』なんだ。


『誰かに報いたい、誰かを喜ばせたいという恩返しのエネルギー』
は、とても大きなものなんだ。


『量』と『質』と『方向性』が大切


結果的にうまくいった人でさえ、
一生の7〜8割は、苦労が続いて、
不安や心配で寝られないような時間を過ごしている


「成功のためには、失敗は必要だ」
ということを知るだけでいい。
「失敗のない成功は危険だ」とも言えるね。


成功するのは難しいようだけれど、
「挑戦する人の数が少ないので、実際には、競争相手は、ほとんどいない」
んだよ。


成功するための唯一の方法は、
失敗してもあきらめずに、挑戦し続けること


『男女関係の失敗』はね、
立ち直るにも、時間がかかるんだよ。
いちばん問題なのは、
以前の関係が心の中で完全に清算されていないのに、
また次の関係に行こうとしてしまうことだね。


失敗の中に成功あり、成功の中に失敗あり


仕事の喜びとはね、まわりの人を巻き込みながら、
関係者全員を幸せに豊かにすること


何が幸せか? という定義が違う


幸せはね、獲得したり、つかみ取るものではなく、感じるもの


人には2種類いる。それはね、
『与える人』と『奪う人』だよ。


人はね、『感情によって動かされている』んだ。
論理的に考えて行動しているように見えても、
実際は、感情によって行動した後、
論理的な正当性をムリに当てはめているに過ぎない……。



どこで何をして、誰と出会ったか、
詳しいことはわからないが、振り返ってみると、
それが、「すべて必然だった」ような気もするはずだ。


宿命を知った上で、主体的に自分の運命を選び取っていくこと


悪いと思うことが起きるたびに、
これで1つネガティブな要素が減った


運を良くする方法の1つは、自分の中に摩擦を作ること






engineer_takafumi at 23:05│Comments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

コメントする

名前
URL
 
  絵文字