2018年05月20日

ハーバード発、成功を導く「5つの質問」

本日はジェイムズ E ライアン氏の
ハーバード発、成功を導く「5つの質問」
です。
Wait, What?(ウェイト、ホワット?) ハーバード発、成功を導く「5つの質問」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

本書は出版関係社の方よりご献本いただきました。
フロンティア・エンタープライズ様
ありがとうございました。

本書はハーバード大学教育大学院長の著者が、
2016年に同校の卒業式で行った
スピーチをもとにまとめられた一冊です。

このスピーチの動画は世界中に拡散され、
視聴回数は1000万回を超えたと言われています。


内容はきわめてシンプルで簡単なものです。
5つの質問とは下のようなものでした。

Wait, What? (待って、何それ?)
I Wonder...? (どうして〜なんだろう)
Couldn't We at Least...? (少なくとも〜はできるんじゃないか?)
How Can I Help You?(何かできることはある?)
What Truly Matters? (何が本当に大事?)

とてもシンプルですが、力のある問いです。
この5つの質問により、正しく理解し、
好奇心をもち、行動するエネルギーを得て、
大切な人と良い関係を築き、
そして、自分の根源を見つめ直すのです。

本書ではなぜこれらの質問に力があるのか、
著者の個人的なエピソードも交えて、
丁寧に説明してくれます。

訳書は読みにくいものもありますが、
本書は平易で自然な日本語で書かれており、
また、ボリュームも少な目なので、
一気に読むことができました。

普段、本を読みなれていない人でも
簡単に通読できることでしょう。


個人的には著者の息子である
サムさんが生まれる時のエピソードが
大変印象的でした。

出産という大事態でさえ、
人は重要なことを最優先に
できないものなのですね。


会社や学校の幹部など、
大勢の前で話をする人にお勧めです。
シンプルでわかりやすいので、
良いスピーチネタになってくれるでしょう。




5つの質問
Wait, What? (待って、何それ?)
I Wonder...? (どうして〜なんだろう)
Couldn't We at Least...? (少なくとも〜はできるんじゃないか?)
How Can I Help You?(何かできることはある?)
What Truly Matters? (何が本当に大事?)


パブロ・ピカソは、コンピューターなど
答えるしか能のない役立たずではないかと言った。


フェアな結論を出すのに必要な事実を、
自分はすべて知っているだろうかと。
事実でなく思い込みに基づいて反応するのは簡単だ。
簡単すぎる。「待って、何それ?」を思い出せば、
結論に飛びつくのを防ぐことができる。


今度、あなたの提案なり意見なりに誰かが
「ばかばかしい」とか「気は確かか」
とか言ってきたら、自分自身に言い聞かせよう。
この人はただ「何をそれ?」と訊いているだけ、
より詳しく知りたいだけなのだと。


巡り合った人、新たに知って考え、
それらを深く理解すればするほど、
この世はあなたにとって肥沃な地となる。
まず理解して、それから判断する。
この習慣が身につけば、無意味な衝突を回避でき、
周囲の人々とより深く関われる。


現在に関する「どうして?」は、
未来に関する「もしかしたら?」につながってゆくのだ。


少なくとも話し合うことはできるんじゃない?
子どもがもうひとり増えた場合のわが家の今後について


合意や妥協が可能な部分を見つければ、
おのずと不可能な部分がはっきりする。


人に手を貸すとか過ちを正すとか
率直な意見を述べるとか、
何ごとも躊躇せずにやったほうがいい。


こちらに何かできることがあるかどうかを尋ねることは、
相手に自身の問題を見極め、
それを直面してもらえるという効能もある。


「何かできることはある?」は、
人生に不可欠な問いなのである。
あらゆる良き関係の大もととなる問いだ。
ちからになろうとする意思だけでなく、
相手への敬意がこれで伝わる。


ケイティとサムにとって本当に大事なのは、
無事に産むこと、生まれてくることだった。
なのにみんなが別の何かに気を取られた。


ほとんどの追悼文がさきほど挙げた
四つに言及している。
故人の家族、友人、仕事、思いやりに。


「待って、何それ?」は、理解の根っこ。
「どうして〜なんだろう?」は、好奇心、探究心の源だ。
「少なくとも〜はできるんじゃないか?」は、前進するための第一歩。
「何かできることはある?」は、良い関係を築く足がかりになる。
「何が本当に大事?」は、あなた自身の根幹に目を向けさせる。







engineer_takafumi at 00:01│Comments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

コメントする

名前
 
  絵文字