2019年01月18日

身近なアレを数学で説明してみる

本日は佐々木淳 氏の
身近なアレを数学で説明してみる
です。


本書は代々木ゼミナールなどで数学講師の実績を積み、
現在は海上自衛隊でパイロット候補生に
数学を教える仕事をしてる著者による一冊です。


例えばコピー機、家電量販店での買い物、パラボラアンテナ、
バーコード、宝くじなど身近なものを使って、
数学の本質を教えてくれます。

しかも、単なる雑学本になっているわけでなく、
微積分や対数、二進数、標準偏差など、
数学の概念を根っこから理解できるように
配慮されています。

数学の本といいながら、写真やイラストも多く
すらすら読めるところも気に入りました。

個人的には、分母の有理化の部分が印象に残りました。
ただの数学的手続きで意味はないとおもっていたのですが、
それなりの背景はあるのですね。


数学の教師や講師をされている方にお勧めの一冊です。
本書のトピックを使って、生徒の興味を引いて
よりわかりやすい授業をすることができるでしょう。






コンピュータは、自分で考え、判断することができませんから、
答えが出ないものに関しては「答えが出ない」という
「答え」を人間が教えないといけません。


嫌でも解の公式を学んでいた世代の学生は「√12が2√3になること」を
理解して計算できていましたが、解の公式を学んでいない世代は、
この計算がスムーズにできないことが多かったのです。


10%ポイント還元は9.091%の割引と同じになります。


一見、理解しにくい事例を補うツールこそが数学なのです。


バーコードを印刷するスペースを確保するため、
幅を30mmに拡大した20円のチロルチョコが誕生したのです。


なぜ割り算を微分という特別な用語で呼ぶのかというと、
割る数がとてつもなく小さいからです。


ランダムというのは、「適当にやればいい」と思われがちですが、
実は難しく、本当に実現しようとすると費用がかかります。






engineer_takafumi at 22:10│Comments(0) ★理系本の書評 |  ⇒ 数学

コメントする

名前
 
  絵文字