2019年07月06日

人が集まる! 仕事につながる! ランチ会の始め方・育て方

本日は大澤 裕子 氏の
人が集まる! 仕事につながる! ランチ会の始め方・育て方
です。


本書はエステサロンの経営や、
女性起業家のアドバイスを行うコンサルタントで、
女性が一人で未経験でも十分スタート可能な
ランチ会メソッドを提唱した著者による一冊です。


小さなビジネスを展開する人にとって、
一番頭を悩ませるのは集客でしょう。

セミナーをしたり、SNSで宣伝したり、
色々な方法で工夫されていることでしょう。

本書は「ランチ会」という、カジュアルな方法で、
見込みのお客様と知り合いになるノウハウを
紹介しています。

ランチ会の特長から、企画のポイント、
告知、運営、その後のフォーローまで、
ランチ会を中心とした集客の方法を説きます。

参加側の視点から考えても、
ランチ会だと参加しやすいものだと感じます。
そのノウハウを学べる貴重な一冊です。


個人的には、
「誘うのが嫌な人は、誘われて断るのが苦手な人です」
という部分が特に心に残りました。

苦手意識というものは、
何かに投影されているものなのですね。


起業家で集客に悩んでいる人にはお勧めの一冊です。
自分も負担が少なく楽しみながら、
見込み客と知り合いになることができるでしょう。



ランチ会は5つの可能性があります。
1.今のあなたのステージにかかわらず、いつでもスタートできる
2.差別化やコンセプトづくりがまだでも、あなたを知ってもらえる機会になる
3.起業したてであれば、土台づくりのヒアリングやテストマーケティングができる
4.仲間づくりとお客様に貢献できる環境をつくれる
5.異業種の起業家との協力関係を構築するきっかけをつくれる


ランチ会はあなたに主催の経験がなくても
すぐに開催できるフロントエンド商品となります。


誘うのが嫌な人は、誘われて断るのが苦手な人です。
断られると自分自身を否定されたように
感じてしまうこともあります。
しかし、そうではありません。
それとあなたの価値はまったく関係ないです。


ランチ会を開催するときに明確に
コンセプトを示したおかけで、
この人にという方にお越しいただけた結果、
お客様同士の出会いが有意義になり満足度が上がりました。


告知はできれば1か月半前から、
予告は2か月前がよいでしょう。


参加料金は私は普段は参加費実費にしています。
飲食代のみです。
これはお客様候補に喜んでもらいたい気持ちからです。
今はネットで検索すればランチ代もわかりますし、
目先の利益よりもその後のお付き合いを大事にしたいので、
そうしています。


お客様が集まらない多くの方はお客様に届けるために
告知数、行動数が少ないからお客様が集まらないのです。
お客様に届いていないのです。


私は普段からランチ会をすると決めたら、
フェイスブックのイベントページに定期的に投稿したり、
自分のタイムラインに投稿したりします。
忘れられないですし、楽しそうなイメージを
持ってもらえるように工夫しています。


ランチ会当日に私が気にかけていることは、
道に迷う人をできるだけなくすことです。


来る人が少なくなることを恐れて
ぼんやりとしたコンセプトにしまうことがありますが、
はっきりと示したほうが結果として
プラスになると私は考えます。


あなた、そしてお客様のためにも、
お断りの方ははっきり書きましょう。
誰しも断りを入れるのは気が重いものです。
ですが、来る者拒まずでは、
あなたが意図しないことが起こることがあります。
どんな場をつくりたいのかを意識して、
それにそぐわないもの、避けていることを想像します。


私が開催しているランチ会は、
かなりの確率で二次会があります。
それは盛り上がりすぎて話し足りないからです。
コンセプトをはっきりさせて開催することで、
欲しいつながりが得られること、
参加者さんが魅力的なのでできるだけ
多くの人と話したいこと、興味のある話題なので
もっと話を深めたいと、大多数の方が残ります。


私が考える主催力とは、
来て良かったなと思ってもらえる場が
できるかどうかであると考えています。





engineer_takafumi at 23:29│Comments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

コメントする

名前
 
  絵文字