⇒ 経済・会計・お金

2017年12月04日

幸せとお金の経済学

本日はロバート・H・フランク氏の
幸せとお金の経済学
です。
幸せとお金の経済学

本書は出版社の方よりご献本頂きました。
フォレスト出版様ありがとうございました。


本書は一言で要約できます。
「地位財より非地位財にお金を使いましょう。」
ということです。

地位財とは、人との相対的な地位により、
価値が決まってしまうものです。

例えば、高級時計など、
50万円の時計でも周りが10万位の時計を
していれば、満足できます。
しかし、1000万円の時計をしている人がいれば、
500万円の時計でも満足できないのです。
これが、他人との相対的な位置で価値が決まる、地位財です。

一方、非地位財は人がどうであろうと
自分が絶対的な価値を感じるものです。

地位財と非地位財には微妙な線があって、
職場で、給料が周りが400万で自分が600万が良いかか
周りが1000万で自分が800万が良いかというと
前者を選ぶ人が結構多いのに対し、
休暇取得日数が、周りが10日で自分は15日が良いか
周りが25日で自分が20日が良いかと聞くと
後者と答える人が多いのです。

つまり、給料は地位財ですが、
休暇は非地位財ということです。


人は幸せになるために活動するのだとすれば、
地位財にお金を使うのは損な選択のはずです。

しかし、なぜそんな選択をしてしまうのか?
その原因は何なのか?広がる格差がどう影響しているのか?
などを、データを交えて鋭く議論します。

結果的に地位財にお金を使わざるを得ないとしても
そのメカニズムを知っておけば、少しずつでも
幸せにお金を使えるようになると考えます。


個人的には、
家庭の支出は、国家の軍拡競争と同じ、
という部分が印象的でした。


昔より収入が増えたのに、幸せになった気がしない、
という人にお勧めの一冊です。
どうお金を使えば幸せになれるか
そのヒントが得られるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:30|PermalinkComments(0)

2017年11月23日

アフター・ビットコイン

本日は中島 真志 氏の
アフター・ビットコイン
です。
アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

本書は長らく日銀で勤務し、
日銀の金融研究所で「電子現金」の研究にも
携わっていたという著者が、
仮想通貨やブロックチェーンの未来について
語ったものです。


ビットコインは現在(2017年11月)、
相場が高騰し、2017年初めに比べ
10倍近い値段がついています。

内容を見ても明らかに加熱しすぎであり、
バブルといわざるを得ないでしょう。

ですので、ビットコイン自体は、
残念な結末を迎えてしまうのかもしれません。

しかし、それでも技術は残ります。
ビットコインの根底にあるブロックチェーンは
今後、世の中を変えていくことでしょう。

本書はビットコインからわかったこと、
そして、その後にブロックチェーンがどのように
発展していくかを展望したものです。

ビットコインは類書が沢山ありますが、
本書は日銀で金融を担当した著者ということで、
決済システムの記述が詳細で参考になりました。

タイトルの通り、ビットコインが終わった後に
どんな時代が来るか予想し、
迅速に動けるように準備しておきたいですね。


個人的には、
世界の中央銀行の対応状況、
特にスウェーデンの状況についての記述が
参考になりました。


仮想通貨が中央銀行の政策をどう変えるか、
ということに興味がある方にお勧めの一冊です。
日銀OBである著者の視点が役立つことでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:28|PermalinkComments(0)

2017年11月19日

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

本日は大塚 雄介 氏の
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
です。
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

本書は日本最大規模の仮想通貨交換取引所
Coincheckの共同創業者の著者による
ビットコイン・ブロックチェーン入門です。

技術的な事項を必要最低限に抑えながら、
ビットコインのしくみやメリット、
安全性や法整備にいたるまで、
必要な知識が分かりやすく解説されています。

「ビットコインは電子マネーとどう違うの」とか
「ビットコインは盗まれる心配はないの」など、
質問形式の目次立てになっているので、
興味のあるところから読んでもいいでしょう。

マイニングの話はどうやっても難しいですが、
イメージをつかむことはできると思います。
もし、理解しずらければマイニングを飛ばしても、
ビットコインやブロックチェーンの可能性や問題点を
理解できる一冊だと思います。


個人的には、
中国でビットコインが人気が出た理由、
イーサリアムの分裂の背景の説明が
特に心に残りました。


ビットコインに投資してみたい人にはお勧めの一冊です。
最低限の知識をコンパクトに学ぶことができるでしょう。
逆に、本書程度の知識なく投資することは危険に思えます。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:42|PermalinkComments(0)

2017年11月15日

ビットコインは「金貨」になる

本日は石角完爾 氏の
ビットコインは「金貨」になる
です。
ビットコインは「金貨」になる 円崩壊に備える資産防衛策

本書は国際弁護士として、欧米を中心に、
金融のサポートなどで多数の実績を持つ著者が
ビットコインの先進性について書いた一冊です。

本は歴史的に通貨がどのようなものであったか、
いかに不安定であったか、というところから始まり、
それと対比させて、ビットコインの可能性を説きます。

著者が主張するように、歴史を振り返ると、
民衆は国家が発行する貨幣に振り回されてきました。

ビットコインは、経済を民衆の手に取り戻す、
チャンスなのかもしれません。

誇張と思えるような部分もありますが、
技術的には無味乾燥なビットコインについて、
読者が興味を持てるような切り口で語っていて、
最後まで一気に読み通せました。


個人的には、
「サトシ・ナカモト」の正体を探る
という箇所が面白かったです。
(真偽は棚に上げておきますが……)


技術的は苦手だけど、ビットコインを知りたい
という人にお勧めの一冊です。
歴史にからめて説明がされているので、
文系の方にもビットコインのインパクトが
スムーズに理解できるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:11|PermalinkComments(0)

2017年11月10日

コレクションと資本主義

本日は水野 和夫氏、山本 豊津 氏の
コレクションと資本主義
です。
コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる (角川新書)

本書は経済学の教授である水野氏と
東京画廊の社長をされている山本氏との対談形式の本です。


美術と経済というと、
最初は関連性が良くわからなかったのですが、
読み進めていくうちに関連性が見えてきます。

アートはただ飾っておくだけのもので、
車や家電のような「利用」価値はありません。

それなのに、何十億円という価値がつくのは
なぜなのでしょうか?
それはズバリ「虚構」だといいます。


でも考えてみれば、一万円札だって、
原価は20円ほどのただの紙です。

モノとしての利用価値は、
新聞紙やティッシュにも劣るでしょう。

なのに、なぜ一万円もの価値をもってしまうか?
それもやはり「虚構」なのです。

そういう意味でアートとお金は
近いモノである、とも言えるのです。

アートを通じて経済を見ることにより、
ものの見方が広がることが、楽しい一冊でした。

個人的には、
秀吉と千利休の茶器の話が
大変興味深かったです。


経済を勉強している人にお勧めの一冊です。
アートを通して経済を眺めることで、
理解を深くすることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:09|PermalinkComments(0)

2017年08月29日

生涯投資家

本日は村上 世彰氏の
生涯投資家
です。
生涯投資家

本書は東京スタイルやニッポン放送、
阪神電鉄のTOBなどで有名になった
村上世彰氏による一冊です。


ニッポン放送株の取引にて、
ライブドアの堀江氏との会話から
インサイダー取引の疑惑をかけられ
有罪が確定します。

堀江氏は出所後、活動を再開しましたが、
村上氏は、その後、メディア露出を避けていたため、
多くが語られることはありませんでした。

しかし、世間にも自分の信念が受け容れられる
土壌ができてきた、ということで、
当時の村上氏の行動や言動について、
本書でその意図の詳細を語っています。

当時、メディアが村上氏のことを、
カネの亡者のように取り上げていましたが、
それは真実ではなかったようです。

やり方や言動は極端なものの、
日本の会社の歪みを是正していきたいという
想いの表れだったのです。

社会の血液であるお金の循環を良くして、
日本を良くしていきたい、
そんな感情が強く伝わってきました。

村上氏自身は今後積極的な活動はしない、との事ですが、
ご令嬢やご子息にその志が引き継がれており、
今後の活躍に期待したいと思います。


文章や物語の展開がとてもうまく、
難しいはずの投資用語などに惑わされず、
全体の構図をつかむことができました。


資本主義の仕組みを勉強したいという人に
おすすめの一冊です。
興味深い現実のストーリーを追いながら、
上場するとはどういうことか、学べることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:00|PermalinkComments(0)

2016年11月25日

株式会社の終焉

本日は水野 和夫氏の
株式会社の終焉
です。
株式会社の終焉

本書は株式会社の終焉というタイトルに
興味を持って購入しました。


イギリスの国民投票によるEU離脱、
大半の予想を覆してのトランプ氏の大統領選挙当選など、
今のシステムが限界に近くなっていると思われる
出来事が世界で起こっています。

一番の問題は、あまりに広がった経済格差です。
そして、格差の問題の根本には、
常に成長を求める資本主義、株式会社があるのでしょう。

こんな問題意識を持っていたので、
このタイトルが響いたのです。


本書は内容的に高度で読み解くには、
歴史や経済の高い知識が必要でしょう。
私にはわからない部分も多かったのですが、
結論である「よりゆっくり」、「より近く」、「より寛容に」は
とても腑に落ちました。

どのくらい時間がかかるか、
過渡期にはどのようなことが起こるのか、
はわかりませんが、世の中の流れは
確実にこちらに進んでいると考えて良さそうです。

これからの時代を生きる我々としては、
そのトレンドは外さない生き方をしなくてはいけません。

ただ、それは怖いもの、恐れるものではなくて、
人間にとっては進歩で、より幸せに生きることができる
世の中が作られるトレンドなのだな、と思います。


これから起業を考えている人にお勧めの一冊です。
逆らってはいけない、時代の流れを学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月12日

経済は「予想外のつながり」で動く

本日はポール・オームロッド氏の
経済は「予想外のつながり」で動く
です。
経済は「予想外のつながり」で動く――「ネットワーク理論」で読みとく予測不可能な世界のしくみ

本書は書評で興味を持って購入しました。


本書は経済は古典的な経済理論ではなく
「ネットワーク理論」で動いている、と主張する本です。

古典的な経済理論には落とし穴があります。
それは「皆が経済的に合理的な判断をする」
という仮定の元に組み立てられているということです。

実際は皆が合理的な判断などできません。
そもそも、実際には何が本当に合理的なのかなんて
事後でさえも判断することはできないのです。

だから、人は模倣という選択をします。
それが故に、一旦みんなが一つの方向に向かい始めると
すごい勢いとなるのです。

そして、何が選ばれるかというのは、
本質的にはランダムなものなのです。

最近は「バズる」という言葉が使われますが、
バズる確率を増やすことはできても、
最終的には確率的なものであるということがわかります。


企業でマーケティングを担当される方にお勧めです。
マーケットの本質を知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月28日

税理士ツチヤの相続事件簿

本日は土屋裕昭 氏の
税理士ツチヤの相続事件簿
です。
税理士ツチヤの相続事件簿

本書は出版社の方よりご献本頂きました。
サンライズパブリッシング様ありがとうございました。


本書は、平成27年度の相続税の基礎控除見直しで
ホットな話題になっている「相続」について
小説という形で学べる一冊です。


「相続」というと、普通の人には縁遠い印象がありますが、
今回の改正で、23区内に一軒家を持つ方は
相続税の対象になる確率が高いとのことです。


相続という問題は被相続人(財産を残す人)が
亡くなることを前提とするので
存命の時はなかなか話しづらい雰囲気があります。

しかし、ちゃんと対策しておかないと、相続税が払えずに、
家や土地を手放さざるを得なかったという、
残された家族の生活を脅かす問題になってしまいます。

それでも堅苦しい本は読みにくいものですが、
本書は小説で楽しみながら、ざっと相続の基礎を
学べるようになっています。


個人的には、相続税対策のアパート経営の話が
参考になりました。
やはり、借金をして節税するのは、おかしいのですね。


まだ、重大な問題にはなっていないけれど、
相続について知っておきたいと思う人にお勧めの一冊です。
軽く、相続の最低限の知識を学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月28日

お金持ち入門

本日は土井 英司氏の
お金持ち入門
です。
お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

本書はBBM(ビジネスブックマラソン)の土井氏の新刊ということで
迷わず購入しました。


お金の本は色々とありますが、
この本の特徴はその網羅性です。

責任編集者であるビジネス書のプロの土井氏をはじめ、
投資信託、不動産、税金、保険、貯蓄などの
様々な専門領域を持つ12人による著書です。


お金というテーマの本は数多くありますが、
ある専門性を持った一人の著者による本だと
その分野にこだわりすぎる傾向があります。

特にお金の場合は、バランスをとることが重要ですから、
様々な専門家による本には大きな意義があります。


また、厚い本ではあるのですが、読みやすく工夫されているので
思ったよりずっと短い時間で読めてしまうでしょう。
普段、本を読みなれていない人にもお勧めできます。


個人的には節税が得意な税理士と、
お金を増やすことが得意な税理士の話が
印象に残りました。


20代の若い方が、お金に関してまず読む本として
お勧めの一冊です。
お金に対する接し方や各方面の知識を得られて
将来とても役に立つことでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月10日

なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?

本日は上阪 徹氏の
なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?
です。
なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?

本書は出版社よりご献本いただきました。
あさ出版さま、ありがとうございました。


本書はLAWSONの商品開発や取り組みについて、
様々な分野の社員にインタビューしたものです。

大ヒットになった『プレミアムロールケーキ』や
「やめないで」という顧客からの電話が相次いだという
低糖質の『ブランパン』など、ヒット商品の開発の裏側で
何を考え、何が行われていたのかが書かれています。

持ち上げる記事に偏っているのが気になりましたが、
他のチェーンと比較して、LAWSONの特色が確認できる
良書だと感じました。


個人的にはヘルスケアローソンの事業に
興味を持ちました。


流通業に関わる方にはお勧めの一冊です。
激戦の真っ只中にいるLAWSONの取り組みから
学べることは多いと思います。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月03日

トマ・ピケティの新・資本論

本日はトマ・ピケティ氏の
トマ・ピケティの新・資本論
です。
トマ・ピケティの新・資本論

ピケティの『21世紀の資本』を買おうとしましたが、
書店でおじけづいて、代わりに本書を購入しました。


本書は数年に渡って、フランスの日刊紙リベラシオンに
連載した時評をまとめたものです。


少し古くなっているものがあったり、
フランスの国内事情で日本人にはわかりにくい部分もありますが、
ピケティの思想を色濃く反映している本です。

連載のまとめですので、重要な思想は何度も繰り返されていて、
斜め読みでも十分頭に入ってきます。

ピケティは富の一極集中を危惧していますが、
その背景や事実が数字で示されていて説得力があります。

結局、資本主義の社会では、ある意味、
富の集中は避けられないものなのでしょう。
そのために、国は税をつかって、是正しないといけないのです。

フランスの国内事情が垣間見えるのも、面白かったです。


ピケティの思想をざっと知りたい人にはお薦めの一冊です。
『21世紀の資本』よりは、楽にピケティを学べるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月01日

税務署員だけのヒミツの節税術

本日は大村 大次郎 氏の
税務署員だけのヒミツの節税術
です。
税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)

本書は確定申告のことを勉強したいと思っているときに、
目に止まって購入しました。


税務署というのは、慣れない人にとっては
とにかく敷居の高いところです。

マルサのような脱税事件の印象が強く、
とても怖い人の集まりと感じる人も多いでしょう。

ただ、元税務署員の著者によると、
そんな部署はほんの一部で、普通の人が接する職員は
紳士的で親切だそうです。
それほど恐れることはありません。

ただ、少し気をつけないといけないことがあって、
税務署は税金を少しでも多くのが仕事なので、
過少申告にはうるさいものの、過大な税金を納めたときに
税務署から指摘してくれることはないそうです。

また、「社会通念上」などといった税務独特の考え方もあります。


本書は様々なケースにおいて、税務署がどのような判断を下すか、
そんなことを分かりやすく説明してくれます。

まさに税務署のOBだからのコンテンツですね。



自営業者やフリーランサーはもちろんですが、
住宅ローン控除などをうけるために確定申告をする
サラリーマンにお勧めの一冊です。
税金の最低限の基礎が興味ある話題で学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月15日

リスク ―神々への反逆

本日はピーター バーンスタイン氏の
リスク ― 神々への反逆
です。
リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

本書は明日使える世界のビジネス書をあらすじで読むで紹介されており、
興味を持って購入しました。

現代社会では、科学や工学だけではなく
金融や保険の分野で高度な数学理論が使われています。

そして、科学で使われる数学と金融で使われる数学の違い、
それは確定的なものを扱うか、不確定なものを扱うか
というところにあるのです。

物理の実験は同じ条件では同じ結果が得られるはずですが、
金融や保険が相手にする証券や人はそうではありません。

本書は、そんな不確かなもの「リスク」に
人間がどのように向き合ってきたか、
その歴史を記したものです。

訳書ならではの読みにくさや難解さはありますが、
膨大な歴史がまとまっています。

紙と鉛筆片手にじっくりと精読する、
また概要をつかむために流し読みをする
どちらの学び方も可能な一冊です



数学や統計学の歴史に興味を持っている人にお勧めです。
不確実さと戦ってきた人間の営みを学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月11日

経済は世界史から学べ

本日は茂木 誠氏の
経済は世界史から学べ!
です。
経済は世界史から学べ!

最近、世界史にハマっているので、本書を購入しました。


本書は駿台予備校の実力派世界史講師が、
経済という観点で世界史を語ったものです。

TPPや財政の問題など、現代の経済を理解するため、
歴史的な背景を身に付けておきましょう、ということです。

ただ、私は経済を学ぶために歴史を学ぶというよりも、
歴史を学ぶために経済の視点を取り入れた本
という印象が強かったです。

そもそも、歴史というものはその多くの出来事が
経済的な理由で発生していますが、
その背景は学校では詳しく教えられていないように思えます。

例えば、なぜ江戸幕府が鎖国をしたか?
第二次世界大戦はなぜ起こったのか?
このような疑問は経済という観点で歴史を眺めると
クリアな答えを導きだすことができるのです。


また、歴史は繰り返すということを改めて認識しました。
現在は、特に経済的に未来が見え難い時代と思っていましたが、
歴史を学べばその答えは大半出てしまうのです。

歴史を学ぶことの重要性を再認識させられた一冊した。



経済を勉強している学生にお勧めの一冊です。
高校で習った歴史と経済をつなげることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)