⇒ その他の本

2016年07月30日

パパラギ

本日はエーリッヒ・ショイルマン氏の
パパラギ
です。
パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (SB文庫)

本書は知人に勧められて、興味を持って購入しました。


「パパラギ」とは不思議な響きのする言葉です。
これは南太平洋の島国であるサモアの言葉で
白人を意味します。

この本の内容は、サモアの原住民であるツイアビという人が
ヨーロッパで見聞きして感じたことを、その友人のドイツ人が
まとめたという内容です。


なぜ、人は服を着るのか?
本当に教養が深いことが良いことなのか?
時間は大切に使わなければいけないのか?
など、現代社会ではあたりまえすぎる
基本的な事柄について、鋭く分析します。

気づきが多くあり、本当に幸せに生きるとは
どういうことかと考えさせられます。


ただ、内容があまりに批判に傾きすぎていることなど、
引っかかるところもあると感じます。
少し調べてみると、この本はフィクションで
実は、サモア人から聞いた話ではない、という説もあるようです。

本当のところは確認できませんが、
実際にサモア人から聞いたことをまとめていたとしても、
編者の考えも相当取り入れられていることは間違いなさそうです。

しかし、そうだとしても書いてあることが色あせるわけではありません。
現代社会の暗部を、素朴な文章であぶりだす良書だと思います。
今まで、読み継がれてきただけの意味はあるのです。


お金や時間に追われ、心が折れそうな時に読みたい一冊です。
異なる考え方に触れ、エネルギーを取り戻しましょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月26日

美人なしぐさ

本日は中井 信之氏の
美人なしぐさ
です。
美人な「しぐさ」

本書は女性向けではありますが、
美しいしぐさとはどのようなものなのか知りたくて購入しました。


「あの人、雰囲気があるよね」と言われる人がいますが、
芸能人など、確かに強いオーラを持っている人は存在します。

その正体は何かといえば、服装ももちろんですが、
「しぐさ」によるものが大きいのです。


ただ、それに気づいて、
見よう見まねで、目標の人のマネをしてみても、
逆にイタい人になる場合が多いです。

それは、何のしぐさが良い印象を与えているか、
よく理解できていないからなのです。
そして、それは言語化がとても難しいものです。


本書の著者は、5000人以上のタレント候補者や
エグゼクティブのビジネスマンまでの
立ち振る舞い(ポージング)を指導してきたプロフェッショナルです。

さすが、美しい立ち振る舞いやしぐさの方法論を確立していて、
美しいしぐさを「HKK(ヒネル・カサネル・カタムケル)メソッド」
として、的確に解説してくれます。


私もある人のしぐさが美しいと感じることはあるのですが、
それを具体的な動きのレベルまでおとしこめずに
歯がゆく思っていたので、本書は目からウロコでした。

特に、人の話を聴くときの視線の動かし方が印象に残りました。

今度はぜひ、男性バージョンも期待したいです。


モデルや芸能人を志す人はもちろん、
ビジネスウーマンにもお薦めの一冊です。
「美人」にはワケがあるのです。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月10日

美女と悪女の世界史

本日は祝田秀全 氏の
美女と悪女の世界史
です。
名画とあらすじでわかる! 美女と悪女の世界史 (青春新書インテリジェンス)

本書はめくってみて、タイトルに惹かれ、
また、絵が多く面白そうだったので購入しました。


本書は美女、悪女、悲劇のヒロインという切り口で
世界史上で重要な役割を果たした女性たちを
紹介するものです。

クレオパトラなどの美女(実際はそうでもなかったそうですが)や
則天武后のような悪女、ジャンヌダルクのような悲劇のヒロインが
絵画付きで紹介されています。

絵画が美しいので、絵を楽しむためだけでも、
読む(観る)価値があります。

普通は世界史をこんな角度で見ることはないので、
新鮮で面白いと感じました。


歴史を学ぶ学生が気分転換に読むのに
お勧めの一冊です。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月15日

二十歳の原点

本日は高野 悦子氏の
二十歳の原点
です。
二十歳の原点 (新潮文庫)

本書はちきりんさんのブログで紹介されていて、
興味を持って購入しました。


著者の高野悦子さんは、戦後の1949年(昭和24年)に生まれ、
立命館大学の文学部史学科に入学、
学生紛争の真っ只中で、自己を確立しようと格闘するも、
1969年(昭和44年)に鉄道で自殺します。

本書はその著者が書き溜めていた日記を、
本人の死後に父親が出版したものになります。


読むとすぐに感じることができますが、
著者はどこまでも純粋で、
でも現実は純粋であることを許してくれず、
その格闘に苦しむことになります。

読み手としては、文章や思想の美しさに心を打たれつつも、
現実の人間が書いた文章としてはあまりに脆いもので、
最後の悲劇的な結末が自然に連想されます。

脆さと美しさは表裏一体ということなのでしょう。


「独りであること」、「未熟であること」、
これが私の二十歳の原点である。


タイトルにもなった、有名な一文です。
やはりこれが著者の原点なのです。



人生に悩む大学生に読んでもらいたい一冊です。
同年代でこんな思考をしていた人がいるということが、
強烈な刺激になってくれることでしょう。
(ただし、命は大切に)


続きを読む

engineer_takafumi at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月20日

山口組分裂抗争の全内幕

本日は盛力健児氏、西岡研介氏、鈴木智彦氏、伊藤博敏氏、夏原武氏の
山口組分裂抗争の全内幕
です。
山口組 分裂抗争の全内幕

山口組分裂のニュースを聞き、暴力団の背景や歴史について
知識を得ようと思い、本書を購入しました。


週刊誌やニュースでは、今回の分裂を興味本位で扱いますが、
実際背景は単純ではなく、色々な思惑があるようです。

本書では関係者の証言はもちろん、
歴史や背景を含めた、今回の分裂の全体像を追います。

ヤクザはメンツを何より大事にするので、
独特の考え方や文化があるようです。

また、隠語などには、適切な説明が付けられており、
全くその筋の知識がない私でも理解できました。

そのあたりが書籍というメディアの長所ですね。



この本を読んでわかったことは、次の2点でした。

暴力団はマスコミを使った情報操作にも長けていて
一般に出て来る情報は(警察からのものを含めて)
ほとんど信用できないと考えたほうが良いこと

対暴力団の法律や条令が非常に厳しく、
また世論の後押しもあって運用もきちんと行われており、
暴力団はあらゆる面で非常に厳しい状況に置かれていること



暴力団にとっては、今回の分裂は勢力を弱めるものに
他ならないようです。
今回の分裂は「暴力団の終わりの始まり」に
結びついているのでしょう。


暴力団は反社会勢力ですが、現に存在するものであり、
関わりを持たないためにも、一定の知識は必要です。
そんな意味で、ヤクザの知識を得る一冊としてお勧めです。

続きを読む

engineer_takafumi at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月25日

インターネット的

本日は糸井 重里氏の
インターネット的
です。
インターネット的 (PHP文庫)

本書はデザイナーの知人に勧められて、購入しました。


著者はコピーライターで、多方面で活躍されている
糸井重里氏です。

この本は初版が2001年で、
日本でインターネットがはやり始めた頃になります。

当時はスマホがないので、
ネットにつなげるにはパソコンが不可欠でした。

そして、2000年前後は、パソコンが一部のマニアのものから、
普通の人が使う家電のようなものに変わり始めていた時期ですね。
まだ、ネットが今のように当たり前のものにはなっていませんでした。


そんなこの本が今になって注目されはじめたのは、
本書が「予言の書」になっているからです。

つまり、インターネットがどのように世界を変えていくか、
それをこの時点で的確に予測していたのです。

リンク、シェア、グローバルなど、キーワードとしては存在していましたが、
同時それは単なるバズワードであり、中身が乏しいものでした。

それが、世界に与える影響をここまで正確に考察できていた
ということは、本当にすごい事だと思います。


個人的には、消費のクリエイティブ、という概念が心に残りました。


ネット業界で仕事をはじめる人にお勧めの一冊です。
今となっては空気のようなインターネットの本質が何なのか
正しく理解することができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月23日

いい女はドMが9割

本日は
いい女はドMが9割
です。
いい女はドMが9割

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
カシオペア出版様、ありがとうございました。


本書の著者は新宿の歌舞伎町でナンバーワンホストとして
活躍する傍ら、「日本の男を元気にする」をテーマに
セミナーや講演などの活動もされています。


タイトルを聞くとドッキリしてしまいますが、
この本の主旨は、女性はもっと男に支配されたがっている
だから男はもっと強くあれ、ということです。

女性はドMが9割というタイトルには賛否あるでしょうが、
現在の男性は弱すぎるので、もっと強くあるべきだ、
ということには、異論がないことでしょう。

少なくとも、「いい男がいない」と嘆いている世の女性は
もっと強い男性を求めているはずです。

とはいえ、強いといえども手を挙げたり、理屈でねじ伏せたりする
ことが本当の強さではありません。

本書では、女性を虜にする著者が、どのような強さを示すか
その経験や理論を余すことなく公開しています。


また、後半に自己啓発書のような章もあります。
内容は普通なのですが、ホストという仕事を極めた先にも
同じ結論があるということに驚きを感じました。


個人的には、女性はサイズが大きい、
ダボダボの服を着ている男性に、ルーズさを感じる、
という箇所が印象的でした。


もっと強くありたいけれど、思うようにならない
という男性にお勧めの一冊です。
どんな行動が「強さ」に結びつくのか
教えてくれる一冊になるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月10日

おじさん図鑑

本日はなかむら るみ氏の
おじさん図鑑
です。
おじさん図鑑

本書はあるセミナーで、とても面白いと聞き、
興味を持って購入しました。


本書は色々なシチュエーションの「おじさん」
のイラストをまとめた「図鑑」です。

そう聞くと、意味がわからないかもしれませんが、
とにかく面白い本です。

休憩中のおじさんやたそがれるおじさんなど、
イラストを見ると、「こういう人いるいる!」と共感できます。

また、それにつけたコメントが的確で、
著者の観察力には驚かされますね。


著者は30代の女性イラストレータですが、
おじさんに対する愛が感じられるのが良いです。

ともすると、おじさんをバカにするような
ニュアンスにもなりかねないテーマですが、
嫌味なく、スッキリ楽しむことができました。


ブログやSNSに書くネタを探している人にお勧めの一冊です。
クスッと笑える良い題材がひらめくかもしれません。
続きを読む

engineer_takafumi at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月14日

人生を半分降りる

本日は中島 義道 氏の
人生を「半分」降りる
です。
人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

本書はちきりんさんのブログで紹介されており
興味を持って購入しました。


著者は哲学の研究者です。

それだけで考え方が普通の人とは違うと思いますが、
この著者はその中でも変わっているようです。

つまり、儀礼的な人付き合いや組織の雑務などに振り回されずに
もっと、自分を見つめる時間を取りなさい、ということです。

言っていることは、もっともと思いますが、
この著者の場合、それが徹底されています。

例えば、学会などの会合には出席しない、
大学の教務関連の雑務は引き受けない、などです。


本書はこんな少し変わった著者による「人生を半分降りる」
生き方のすすめです。

現代社会に生きていると、完全な隠居生活はできませんが、
やり方しだいでそれに近いことも可能なのです。


悪く言うと、非常に自己中心的な著者なのですが、
その独特の視点には真理と感じるものも多く、
世間との関係性を考えさせられる一冊でした。


人付き合いが煩わしく感じて、仕方がない人にお勧めです。
著者のレベルまで実践することは難しいにしても、
少し世間と距離をとった生き方の指針が得られるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月14日

頑張らなければ病気は治る

本日は樺沢 紫苑氏の
頑張らなければ病気は治る
です。
頑張らなければ、病気は治る

本書は出版社よりご献本いただきました。
あさ出版様ありがとうございました。


本書は精神科医でテレビ出演もされており、
ユーチューブやツイッター、フェイスブックなど
ネットを通して積極的に情報発信をしている著者の本です。


本書をひと言で言うと、「病は気から」がわかる本、です。

「病は気から」とは良く言われることですが、
これは決して非科学的なことではなく、
プラセボ(効果がない薬でも、飲んだという行為で症状が緩和される)など、
科学的にも確かに効果が説明されることなのです。

ただ、「気から」といっても、ただポジティブに前向きに
過ごせばよいというものでもありません。

本書のタイトルにもありますが、頑張りすぎる態度は
かえって病状を悪化させてしまうのです。

本書を読むと、病気をどのようにとらえれば良いのか、
薬や医者との付き合い方など、医者である著者が見てきた
「治る人」の心の持ちようが書かれています。
特に「不安」を消すことが、病気を治すのに一番大事なのですね。


個人的には、現代の医師が高いプレッシャーにさらされていることが
行間から強く読み取れたことが印象的でした。

ネットを調べれば、病気や薬の詳しい情報が簡単に得られる中、
なかなか言うことを聞かない患者も沢山いるようです。

改めて、医者という仕事の大変さを感じました。


現在、病気持ちの方はもちろん、その家族にお勧めしたい一冊です。
病気の家族にどのように接するべきかがわかるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 04:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月16日

われ敗れたり

本日は米長 邦雄氏の
われ敗れたり
です。
われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

本書はちきりんさんのブログを見て、興味を持って購入しました。


著者の米長さんは公の場でプロ棋士として、
初めてコンピュータとの対局に挑戦します。

結果、負けてしまうわけなのですが、
本書にはその一部始終が記されています。

勝負師がコンピュータとの勝負にどのように臨むか
その過程は将棋を知らない私にとっても
非常に興味深いものでした。

長年、厳しい勝負の世界で生きてきた著者の、
勝負観には感服しました。


また、コンピュータ相手の将棋の研究と人間相手のそれとは
全く異なるということに、意外さを感じ、
人と人のぶつかり合いであるプロ棋士の勝負に
より魅力を感じました。

私は将棋は駒の動かし方を知っている程度なのですが、
ネットでプロ棋士の勝負を見てみました。
そして、その勝負の姿に大変な魅力を感じました。


著者は当時、将棋連盟の会長でしたので、
目の前の勝負だけではなく、
未来の将棋界のあり方についても深く考えたことでしょう。

「敗れたのは米長だが、勝ったのもまた米長である」
ある人が今回の対局をこう言ったそうです。

プロ棋士(米長さんは引退していますが)が
公の場でコンピュータに負ける日は米長さんでないにしても
いつかは必ず訪れるはずだったわけです。

その負けは、これ以上ないくらい良い負け方だと感じます。

米長さんは、確かに負けて「勝った」のです。



将棋好きの人はもちろんですが、
コンピュータ関係の仕事をしている人にお勧めの一冊です。
コンピュータと人間の戦いの最前線を見ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月07日

母の手紙

本日は岡本太郎の
母の手紙
です
hahanotegami


岡本太郎の本を読んでいて、彼は強烈な個性を持っていますが、
彼の両親もまた個性派と知り、太郎の家族についての本である
本書を読んでみることにしました。


調べてみると、岡本太郎の両親は本当に個性的です。
父一平は漫画家、母かの子は小説家で歌人、仏教研究でも有名でした。

そんな、芸術肌の一家で家族の衝突も激しかったとのことです。
放蕩や不倫(「奇妙な夫婦生活」)などもあったようですが、
その中でも3人がお互いを人として尊敬しつつ
暮らしていたということは、自由な今の世からみても驚かされます。


本書はそんな家族の中で、太郎がパリに留学中に、
母と交わした手紙と母かの子の死の後に、
父と交わした手紙が集められています。

何気ないやりとりの中にも美しさを感じる表現があったり、
また、内に秘めた熱いものを垣間見る部分もあります。
何より、お互いを思いやる愛情にあふれています。


かの川端康成に、
「三人を一つの家族として尊敬した。」
言わしめた理由が少し見えたような気がしました。


岡本太郎に興味を持った人にはお勧めの一冊です。
太郎のルーツに触れることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月07日

銃・病原菌・鉄

本日は
銃・病原菌・鉄
です。
文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

本書は明日使える世界のビジネス書をあらすじで読むで紹介されており、
興味を持って購入しました。


名著として有名な一冊ではありますが、
歴史書はあまり得意でないので今まで未読のままでした。

しかし、数ページめくってみて、今まで手をつけなかったことに
本当に後悔しました。

というのも、この本はなぜ近代で欧米の白人が「勝利」したのか?
という、非常に興味深いテーマを扱っているからです。

これはとても素朴ではありますが、奥深いテーマです。

スペインのピサロがインカ帝国を滅ぼした。
なぜ、それが逆、すなわちインカがスペインを滅ぼす
という結果にはならなかったのでしょうか。

これには、確かに理由がある、というのが著者の主張です。


ただし、それは白人が能力的に優れていたから
というわけではありません。
純粋に環境の影響によって決まっていたのです。

本書ではこの理由を、銃、病原菌、鉄、といった
キーワードを中心に、データから理論的に説明してくれます。

なお、本書の著者は医学部の教授ということで、
理系のバックグラウンドを持っているそうです。

たしかに、課題に対するアプローチが理系の方法でした。


個人的には病原菌が家畜と結びついていた
ということが新たな発見になりました。


歴史を学びたい理系の人にお勧めの一冊です。
本書が歴史に興味を持つきっかけになってくれるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

直観を磨くもの

本日は
直観を磨くもの
です。
直観を磨くもの: 小林秀雄対話集 (新潮文庫)

本書に収録されている湯川秀樹博士と小林氏の対談が素晴らしい
と聞いて、興味を持って購入しました。


私は物理にはある程度詳しいですが、
哲学には詳しくありません。

しかし、哲学と科学は中世以前は同じものでした。
それが現代物理になって、再び哲学と融合していくところを
本書を通して、見れたような気がしました。

統計力学や量子力学という学問は、
ものの見方という本質的な問題を問いかけます。

ノーベル賞の物理学者である湯川博士はもちろん、
著者の素朴ですが鋭い視点に驚かされました。



ただ、湯川博士以外はほとんど理解できなかった、
というのが正直なところです。
というのも、私に文学や芸術の素養がないからですね…。

昔の知識人はこれだけ教養豊かであったのだと
認識させられる一冊でした。

私も教養を深めるため、つまり直観を磨くため
文学や芸術も学ばなければいけない、と感じました。


科学哲学に興味のある方にはお勧めの一冊です。
湯川博士との対談で科学を通じて哲学が学べます。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月05日

「自分」の壁

本日は養老 孟司 氏の
「自分」の壁
です。
「自分」の壁 (新潮新書)

本書はあるセミナーで勧められて興味を持って購入しました。


本書の著者は『バカの壁』で有名な解剖学者の養老孟司氏です。
その養老氏が今度は「自分」の壁について語ります。

「自分」の壁というものは、即ちどこからが自分で
どこからが自分でないかという壁のことです。

例えば、大便は自分の中にあるうちは
ある意味自分の一部です。

それが外に出たとたんに非常に汚いものに感じられる。
つまり、外にでたとたんにそれは自分ではなくなるのです。

こういったことは社会的な自分にも当てはまります。
自分、家族、会社、グループなど、どこまでを自分とするかで
人の振る舞いが変わってくるのです。

著者はそれが十分大きくなれば、
つまり、自分と外部が一体になり、自分の壁が無くなれば、
人の悩みなんて無くなって、心地よい世界が生まれると言います。
もちろん、そんな理想郷は実現はしないのですが…。


『バカの壁』と同じように、
これはただの著者個人の意見ではあるのですが、
著者の言葉には説得力があり、普段あまのじゃくな私でも、
受け入れてしまえる不思議さがあります。

これが本当に教養ある人、ということなのでしょうか。


しっかりした年長者に説教されたい、と思う若者におすすめです。
受け入れるかどうかは別としても、確かな教えがここにあります。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)