⇒ ビジネスその他

2018年04月16日

シェアしたがる心理

本日は天野 彬 氏の
シェアしたがる心理
です。
シェアしたがる心理~SNSの情報環境を読み解く7つの視点~

本書は電通にて、現在のメディア環境や
オーディエンスインサイトを分析している
というメディアのプロによる一冊です。


インスタグラムなどの画像や動画を中心とした
SNSを使ったコミュニケーションが
急速に広がってきています。

その中でコミュニケーションがどのように
変化してきているのでしょう。

今までの文字を中心としたコミュニケーションが
画像や動画に置き換わっただけではありません。
それは大きな質的な変化を伴っています。

例えば、情報は「ググる」から「#タグる」へ。
つまり、膨大なWebをテキスト検索するのではなく、
SNSの中で自分と属性が近いユーザーが
発信する情報を集めるように
なってきているのです。

当然、このような志向の変化は
若年層を中心に起こっていきます。
つまり、これから消費者の中心となる
今の若者世代の動向を示していると言えます。

本書は表面的な話だけでなく、
抽象度を高めた深い考察があります。
多少難解ですが、社会学的な文献としても、
十分耐えうるものだと感じました。


個人的には、「本当の自分の欲望」とそうではない
「偽者の欲望」という分割線自体を問い直してみよう、
という部分が非常に印象的でした。

例えば、SNSにあげる写真をとるために、
ナイトプールに行く、といった行動を
愚かと見る向きもあります。

しかし、そこで馬鹿にして思考停止、ではなく
彼女らが正しいという前提で、
その中にどんな世界観があるのか、ということを
問い直してみることが大事なのでしょう。


SNS関連のPRを担当している方には
必読の一冊だと思います。
SNSによって形作られたマーケットを
読み解くヒントがつまっています。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:00|PermalinkComments(0)

2018年04月01日

人工知能時代に生き残る会社は、ここが違う!

本日はジョシュ・サリヴァン氏、アンジェラ・ズタヴァーン氏の
人工知能時代に生き残る会社は、ここが違う!
です。
人工知能時代に生き残る会社は、ここが違う!  リーダーの発想と情熱がデータをチャンスに変える

本書は出版関係者よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。

本書の著者は世界屈指のコンサルティング会社
ブーズ・アレン・ハミルトンにおいて
500人以上のデータサイエンティスト集団を育て、
そのリーダーとして活躍しています。

本書はそんな著者が、ビッグデータの効用や
ビッグデータを行かせる企業の条件について説きます。


全体で400ページのボリュームで事例が豊富です。
ただ、全てアメリカの企業ですので、
日本人には少し読みにくいかもしれません。

単にテクノロジーの利点を強調するだけではありません。
それを生かすために企業がどうあるべきか、
また、データサイエンティストの資質の見極め方などは、
実務にもすぐに役立つのではないでしょうか。


個人的には、人工知能時代の会社には
失敗を受け入れられる風土が
より求められるということが印象的でした。

失敗を許容できない文化の会社は
この先、厳しい状況に追い込まれるかもしれません。


これからビッグデータやAIを取り入れようとする
企業の幹部に一読をお勧めする一冊です。
データを生かすためには、
会社をどのように変えていく必要があるか
理解することができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 20:02|PermalinkComments(0)

2018年03月30日

40歳からの「転職格差」

本日は黒田 真行 氏の
40歳からの「転職格差」
です。
40歳からの「転職格差」 まだ間に合う人、もう手遅れな人 (PHPビジネス新書)

本書はリクルートでリクナビNEXTの編集長を
8年間勤めたという著者による転職論です。

昔は転職市場は35歳まで、と言われていましたが、
私の周りを見ても、それを過ぎて転職していく人、
逆に入社してくる人も多い印象があります。

また、ビジネス雑誌などを読んでも、
転職35歳上限説はもはや存在しない、
などという記事も見かけます。

しかし、実情はどのようなものなのでしょう。

本書では転職市場の前線に立っていた著者が、
40歳を超えた人材の転職市場について語ります。

結果として、確かに市場は広がってはいるものの、
成功者と失敗者の格差が多く、
決して楽観できるものではありません。

本書には事例が多数紹介されていて、
40を超えた転職の失敗パターンを学ぶことができます。

著者は、転職に関しては、
心配しすぎて杞憂に終わるくらいの方が丁度良い、
と言います。
特に、40歳を超えての転職はリスクが大きいため
石橋を叩いて渡る、くらいの感覚が良いのでしょう。


個人的には、職務経歴書の書き方が
大変具体的、実践的で役に立つと感じました。


35を超えて転職を考えている人には
必読の一冊だと思います。
転ばぬ先の杖となってくれるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 21:56|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

本日は山田 竜也氏の
フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法
です。
フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

本書の著者は大学卒業後、
3年半の会社員生活を経て独立、
Webマーケティングを専門分野として、
年収1000万円をコンスタントに確保している
という著者による一冊です。

著者の実績は素晴らしいですが、
全てが順調だったわけではなく、
一時はうつ病に近い状態にもなったようです。

そんな状態から抜け出した著者ですので、
言っていることに、とても説得力があります。

安定して稼ぐためには、仕事を取るためには、
ストレスを無くすには、お金の不安を無くすためには、
と独立志向の人には、気になるトピックが満載です。

心構えとテクニック(使えるツール等)の
両面がサポートされており、
独立前の人でも、独立後の人でも役立ちます。


個人的には
価格提示の仕方の部分が特に参考になりました、
価格は一度設定すると上げることは難しいため
このように細心の注意を払うことが必要なのですね。


独立を考えているサラリーマンにお勧めの一冊です。
フリーランスの生活を詳細に
イメージすることができるようになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:25|PermalinkComments(0)

2018年03月04日

「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

本日は葛西 紀明氏の
「疲れない体」と「折れない心」のつくり方
です。
40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

本書はアルベールビルオリンピック以来
平昌オリンピックまで、計8回のオリンピックに出場し、
42歳のソチオリンピックにて銀メダルを獲得した
スキージャンパーの葛西紀明氏による一冊です。

葛西さんは40をこえてもなお持久力や身体能力の数値が
20代と変わっていないといいます。

本書ではそんな著者が、
40代の体と心の作り方について説きます。

筋力より柔軟性が大事、下半身を重点的に鍛えるなど、
体づくりの本質が自身の体験に基づき、
強い説得力で語られており、
すぐに実践したいと思わせられる一冊でした。

「3つの筋肉」のストレッチなどは、
早速実践することにしました。


個人的には、
緊張を和らげる「レジェンド・ブレス」が
最も印象に残りました。
今後、脈拍が上がる場面で使ってみたいと思います。


40代の方には特にお勧めの一冊です。
自分の体や心を整える最高の方法を学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 19:33|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

証券市場誕生!

本日は日本取引所グループ の
証券市場誕生!
です。
日本経済の心臓 証券市場誕生!

本書は出版関係者の方よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。


本書は東京証券取引所と大阪証券取引所を
運営する持株会社である日本取引所グループ(JPX)が
日本の証券市場の歴史を書いたものです。

日本の取引所の歴史は、17世紀に大坂の堂島に作られた
堂島米会所にさかのぼります。

そして、これはなんと世界初の公設の
証券先物取引所となったのです。

そして、明治の動乱期に渋沢栄一や今村清之介、田中糸平らに
よって日本に近代的な証券取引所が設立されるのです。

それから、戦後から現在までの、
証券市場の変化の歴史も記されています。

読むだけで知的好奇心が満たされて面白い上に、
写真や資料なども多く、資料としての価値もある一冊です。


個人的には、戦前・戦中の証券取引の様子が印象的でした。
東京大空襲の時でさえも1週間ほどしか取引停止しておらず、
終戦の5日前まで取引が行われていたのです。

証券取引をする人は一読して損のない一冊でしょう。
証券の歴史を知り、深く理解することは
取引にもプラスの影響を及ぼすのではないでしょうか。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:13|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

人工知能

本日はDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部の
人工知能
です。
人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review)

本書はハーバードビジネスレビューで大好評であり、
現在は品切れで入手できないという
人工知能特集号の論文をまとめて書籍化したものです。

人工知能の本は多数存在していますが、
AIの権威達による論文がこれだけまとめて読める
という機会はそれほど多くはないでしょう。

それも、テクノロジーのエキスパートから、
ビジネスのエキスパートまで多彩な専門家達ですので、
様々な視点でAIを考察することができます。

あたらめて感じたことが、
人工知能は人間の知能と対となるべきことなので、
人工知能が何の役に立つかという問いに答えるためには、
人間の知能がどのようなものか、何ができるのかを
深く理解しておかなければならないのです。

本書を読めば、人工知能は人間と比較して何が優位なのか、
そして、人間に追いつけないのはどのような分野なのか
ということが見えてくると思います。
それは単純に、感情やクリエイティビティといった言葉で
一言で表現できるものではありません。


個人的には、
「グーグルは組織をデータで変える」
という章が大変興味深かったです。


特に人工知能と人間の関係について、
考察したい人にお勧めの一冊です。
人工知能の可能性が浮き彫りになることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 17:41|PermalinkComments(0)

2017年12月18日

新DMの教科書

本日は日本ダイレクトメール協会 の
新DMの教科書
です。
新DMの教科書 (「DMマーケティングエキスパート」認定資格公式テキスト)

広告はデジタル媒体が全盛となっていますが、
ターゲットや商品においては、
まだまだDMのほうが効果的なこともあります。

むしろ、あえてアナログ的な手段を使うことにより、
顧客の注意を引くことができるかもしれません。

本書は経営コンサルタントや
ダイレクトマーケティングの専門家、
コピーライターとしてDMに携わっている人など、
この道に専門家によるDMの教科書です。

私はこの業界は詳しくないのですが、
基本的な用語の説明もしっかりしていて、
事例なども取り入れられているので、
最後までスムーズに読み進めることができました。

DMは歴史が長いので、こうしたほうが反応が良い
というセオリーがたくさんあります。

それを学ぶことができて、有意義な一冊でした。


また本書は「DMマーケティングエキスパート」という
DMに関わる認定試験の教科書となっています。

広告の実務に携わる方であれば、
挑戦してみると良いのではないでしょうか。

個人的には、ベネフィットを提示するとき、
金券やクーポンなどを入れておくと
反応が良くなる、という部分が印象に残りました。


DMを作る人であれば、
まず読んでおきたい一冊だと思います。
おさえるべき基本を素早く学べるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:24|PermalinkComments(0)

2017年12月09日

メンタルヘルス・マネジメントの教科書

本日は清水隆司 氏の
メンタルヘルス・マネジメントの教科書
です。
人事担当者・管理職のためのメンタルヘルス・マネジメントの教科書

本書は出版関係者の方よりご献本いただきました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。

本書は産業医として長年キャリアを積まれ、
現在は産業保険コンサルタントとしても
活躍される著者による一冊です。

労働力の減少もあって、
メンタルヘルスへの認識が広まっています。

しかしながら、仕事のOA化、正規・非正規社員の混在、
コミュニケーションの希薄化など、
メンタル不調の社員の発見が困難になっています。

この中で、どのように社員のメンタルを保つか、
休職や職場復帰をどのように行うか、
というテーマについて書かれたのが本書です。


本書では「精神科主治医」と「産業医」の
違いについて強調されています。

精神科主治医は患者の病気に集中すれば良いですが、
企業に雇われる産業医は、職場環境や職場の負担も考慮し、
最適解を判断するのです。

企業経営者や管理職に必要なのは、
当然後者の視点でしょう。

産業医としての経験に裏打ちされた知識は、
メンタルヘルス問題に直面したときに
必ず役に立つことでしょう。

個人的には、
睡眠のとり方の部分が参考になりました。
これは健常者にもあてまることでしょう。


管理職の方はもちろん、
会社勤めの人なら確実に読む価値のある一冊です。
メンタルにどう向き合えば良いのか、
予備知識を持つことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:51|PermalinkComments(0)

2017年11月21日

貯金100万円から月収50万円生活

本日は広之内友輝 氏の
貯金100万円から月収50万円生活
です。
貯金100万円から月収50万円生活‐はじめての人が地方×格安不動産でお金の自由を手に入れる5つのステップ‐

本書は起業で7000万円もの失敗を犯すも、
地方×格安の「ガラガラボロボロ」物件投資で復活、
現在、総資産10億8000万円、不動産26棟306戸を
平均利回り16.2%で運用するという著者による、
不動産投資指南の本です。

地方の不動産投資のメリットは、とにかく安いこと。
著者の場合は貯金130万円の自己資金から、
投資を始めたのです。

地方には100万円台以下の物件はたくさんあるそうです。
でも、そんなもの借り手なんてつかないでしょ、と
思うかもしれません。

でも、意外にそうでもないのです。
著者の例だと、20万円で買って、月3万で貸した、
というような物件があったりします。

もちろん何でも良いわけではなく、
物件を見るべきポイントはあります。

そのポイントを教えてくれるのが本書です。

探しかた、見かた、融資の受けかた、買いかた、
経営のしかた、そして売り方まで、
トータルでわかりやすく解説してくれました。

個人的には
意外に地方の空室率は高くない、
山形は東京より空室率が低い、
という話が印象に残りました。


地方に住んでいて(または実家が地方で)
不動産投資に興味がある方におすすめです。
少ない自己資金で始められるので、
まず試してみるにはぴったりだと思います。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:14|PermalinkComments(0)

2017年11月18日

SHOE DOG(シュードッグ)

本日はフィル・ナイト氏の
SHOE DOG(シュードッグ)
です。
SHOE DOG(シュードッグ)

本書はナイキ(Nike)の創業者である。
フィル・ナイト氏が会社の黎明期である
1962年から1980年までを回想したものです。

偉大な経営者の回想記というものはよくありますが、
本書の特長はそれが非常に詳細であることです。

今から40年以上前のことの会話、心の動きなどが
1ヶ月前のことのように詳細に記されていて、
小説のようにも読める一冊です。

ビジネスのことだけではなく、
私生活のことにも多く触れられています。

今となっては大成功を収めたわけですが、
彼の言う、家族と過ごす時間が足りなかった、
後悔には多くの人が学ぶべきではないかと感じました。


また、フィル・ナイト氏は日本と繋がりが深く、
本書にも日本人や日本の会社がたくさん登場します。
会社の黎明期はオニツカ・タイガー(現アシックス)の
米国販売代理店として活動していました。

戦後間もない時期に、米国にも認められる製品を
作っていた企業が日本にあったということを、
嬉しく思いました。


経営者になりたい人には、おすすめの一冊です。
偉大な企業の黎明期を詳細に知ることで、
経営者の心の動きを疑似体験できるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 19:05|PermalinkComments(0)

2017年11月02日

SNSで夢を叶える

本日はゆうこす(菅本 裕子)さんの
SNSで夢を叶える
です。
SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

本書は、モテるために生きている。
「モテクリエイター」と宣言して、タレント、モデルなど
多彩な活動をされている、著者による一冊です。

ゆうこすさんは、昔HKT48のメンバーだったのですが、
その時代はあまり幸せでも輝いてもいなかったそうです。

そんな、ゆうこすさんを変えたのがSNSでした。
ツイッター、インスタなどでブレイクして、
自分が好きなお客さんに自分が好きなものを
見せることができるようになりました。

本書はそんなゆうこすさんが、
SNSをどのように活用してきたかを書いた本です。

細かなテクニックも色々とあるのですが、
一貫して主張されているのが、自分が本当にそれが好きか、
自分がそれをしていて楽しいのか、ということでした。

文章が上手で、そんな著者の気持ちが
中年理系男の私にもビンビン伝わってきました。

本当に、人はいるべきところにいると
輝くものなのですね。


SNSを使ってブランディングをしたい人
には必読の一冊だと思います。
ファンを作り、自分が幸福になるために
SNSとどのように付き合えば良いかわかるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:06|PermalinkComments(0)

2017年10月25日

仕事に効く教養としての「世界史」II

本日は出口治明 氏の
仕事に効く教養としての「世界史」II
です。
仕事に効く教養としての「世界史」II  戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?

本書は歴史の知見が深いことで有名な
ライフネット保険の創業者である
出口氏による「仕事に効く教養としての世界史」の続編です。

本書はイスラム社会やインド、ラテンアメリカ、アフリカなど、
前著で深く取り上げなかった地方に焦点を当てています。

これから経済でも文化でも
これらの国々の存在感が増していくでしょう。
しかし、勉強する材料が西欧に比べて少ないので、
とても重宝する一冊になります。

単に教科書のように史実を淡々と書くのではなく、
どのような意図でそれが行われたのか、
そして出口さんの考察も述べられていて、
あらためて歴史を考えるきっかけになりました。


個人的には、
イランが歴史的にシーア派である理由を理解できたことが、
一番の収穫でした。


歴史に興味がある人にはお勧めの一冊です。
スポットライトが当たり難い地域の情報を
補完することができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:40|PermalinkComments(0)

2017年09月11日

本当は中国で勝っている日本企業

本日は谷崎 光 氏の
本当は中国で勝っている日本企業
です。
本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?

本書は出版関係者の方よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。


日本企業は中国で苦戦している、
という印象があるかもしれませんが、
地味に勝利している会社もあります。

それらの会社を紹介するのがこの一冊です。

また、著者は20年近く中国に居住しているライターで、
女性のため、特に日用品の質や値段などが
リアリティがあって、現地の肌感覚を伝えてくれます。

文章から、取材を十分に行っていることがうかがえ、
中国のビジネスの感覚が疑似体験できます。


FA(工場用のロボットなど)の三菱電機から
キューピーのマヨネーズ、ユニチャームの生理用品など
さまざまな分野の例が取り上げられています。

分野は違えど、成功者に共通していることは、
現地のことは現地で、中国人にどれだけ任せられるか、
どれだけ信頼関係を築けるか、ということです。

やはり、ビジネスは人ということなのでしょう。
とはいえ、中国はその傾向が非常に強い気がします。

最後に書いていた、
「中国で成功していることを隠す日本企業も多い」
という部分が印象的でした。

したたかな中国人に騙される日本人、
というシナリオがステレオタイプに
植えつけられていますが、
実は結構、日本人も頑張っているのかもしれません。


中国のビジネスを勉強する人には
お勧めの一冊です。
中国の「肌感覚」をつかめることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:52|PermalinkComments(0)

2017年09月10日

アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々

本日はジョーン・C・ウィリアムズ氏の
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々
です。
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える

本書は出版関係者の方よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。


本書は大統領選でトランプ氏を支持したという
ホワイト・ワーキング・クラスについての本です。

トランプ氏が当選した時に、
自分の周りの米国人はみんなヒラリー支持なのに
感覚と違う、と感じた日本人も多かったでしょう。

しかし、それも当たり前、日本人と交流している時点で
彼らはこの本でいう「エリート層」なのです。

トランプ氏に投票したのは、
アメリカ内陸部に住み、地元を深く愛する
ホワイト・ワーキング・クラスだったのです。

本書では彼らの生活や思考について解説して、
エリート層との対立軸を明らかにします。

この本から感じたことは、
ホワイト・ワーキング・クラスの人々も
それなりの収入で良識もあるのですが、
マイノリティの保護が過ぎることに
怒りを感じている、ということでした。

また、エリートとホワイト・ワーキング・クラスを
分けるのは、収入というより、
価値観であるということが良くわかりました。

日本では人種問題が少ないため
目立っていませんが、
都市と地方など、これからこのような対立軸が
生まれてくるかもしれないと感じました。


アメリカを相手に仕事をしている人にお勧めの一冊です。
アメリカ人についての理解が深まるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:51|PermalinkComments(0)