⇒ 自己啓発

2018年12月23日

働きアリからの脱出

本日は越川 慎司 氏の
働きアリからの脱出
です。


本書は国内大手や外資系の通信会社に勤務、
2005年に米国のマイクロソフトに入社。
業務執行役員としてOffice事業部を統括。
そして、2017年に働き方改革の支援会社
株式会社クロスリバーを設立したという
越川氏による一冊です。


今は「働き方改革」が叫ばれて、
勤務時間の短縮や業務の効率化など、
色々な施策が行われています。

しかし、ちぐはぐで効果が出ていない
という印象をもつサラリーマンは多いと思います。

本来、社員の幸せと会社の業績向上が目的なのに、
手段が目的化しているところに問題の本質があります。

そこで、社員自らが自分の幸せを追求し、
その先に会社の業績向上があるように動こう
というのが本書のテーマです。

「働く方改革」をめぐる動向といった話から、
メールの書き方という具体的な話まで、
内容は多岐にわたります。

生産性の改善は会社のためではありません。
改善することで、自分の人生の質を
高めることができるのです。


個人的にはリバースメンターという考え方が
特に印象に残りました。

若い人から学ぶことは大事ですね。
とくに時代の移り変わりが速い現代では。


時間やお金がないと嘆く
サラリーマンにお勧めの一冊です。
自信をもって稼げる人間になるための
指針が得られることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 02:34|PermalinkComments(0)

2018年12月18日

年収1億円の人のすごい習慣

本日は金川顕教 氏の
年収1億円の人のすごい習慣
です。


大学在学中に公認会計士試験に合格、
大手監査法人に就職した後に、
経営コンサルタントとして独立され、
成功されている金川氏が著者です。

本書では年収300万円の習慣(悪習慣)と
年収1000万円(良習慣)を説きます。
しかし、1000万円はあくまで一般的なお金持ちで
著者のような飛びぬけたお金持ち
つまり年収1億円の人はもっと違った習慣を
持っているのです。

この3つの習慣を並べてみると、
年収1000万と1億円の習慣が驚くほど
違っていると感じます。
真逆と思えるものもあります。

高く飛び立つためには、
一回縮まないといけないという話があります。
年収1000万とそこそこ裕福になったとしても、
そこから1億円に到達するには
意外に大きなギャップがあるのです。

むしろ、年収1000万円がそこそこ居心地がいいために、
年収300万よりも1億円は遠いともいえるかもしれません。

本書を通じて、そこそこ裕福な人(年収1000万円)が
どうすればもう一段飛躍できるかが学べます。


大企業のサラリーマンにお勧めの一冊です。
踊り場で留まることなく、さらに一段上を狙う
方針を知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:49|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

あたえる人があたえられる

本日はボブ・バーグ 氏の
あたえる人があたえられる
です。


本書は、ノルマ達成が危うくなった
主人公ジョーが起死回生の一発として、
「伝説のコンサルタント」と呼ばれる
謎の大物ピンダーに面会を申し込むことから始まります。

そして、ジョーはピンダーによる
一週間のレッスンを受けることになります。

この本で語られる5つの法則は
とてもシンプルではありますが、
同時に力強くもあります。

また、「あたえる人はあたえられる」とは
自己啓発本では良く語られることではあります。
しかし、ただ与えるだけではダメで
いくつか気をつけるポイントがあります。

そのポイントを教えてもらえる一冊です。

訳書ではありますが、文字数も少なく
物語なので読みやすい本でした。


個人的には、収入の法則が印象的でした。

Give and give. とは良く言われることですが、
収入はどれだけ多くの人に影響を与えられるかで
決まってしまうものなのですね。

人のためになることをしていても
「より多くの人に」という方向性をもたないと
お金は集まらないわけです。


仕事で壁にぶち当たっている人に
お勧めの一冊です。
主人公に感情移入しながら、成功への未知を
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:50|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

自分を最高値で売る方法

本日は
自分を最高値で売る方法
です。


本書の著者は25才で独立するも、
最初は全く稼げず、時給900円のバイトを経験。
しかし、家族の病気をきっかけに奮起し、
一ヶ月後に毎月210万円の報酬を
得るようになったという経験をされています。

心構えから稼ぐノウハウまで、
幅広く書かれていますが、
本書の読みどころは時給からの脱却
だと思っています。

サラリーマンは知らず知らずのうちに
お金とは時給でしか生み出せない
という固定観念に縛られています。

この本では著者自身が時給900円の
仕事をした体験を踏まえ、
どうやれば時給思考から抜け出せるかを
丹念に説いているのが印象的でした。


個人的には、
稼ぐ人はバラ売りをしない
という部分が特に印象的でした。

仕事を機能ごとに分けるという発想は
時給の思考、つまり安売り思考なのです。


副業を考えているサラリーマンにお勧めです。
今の勤め人としての常識を書き換えてくれる
一冊になることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 16:03|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

本日は福島正伸 氏の
どんな仕事も楽しくなる3つの物語
です。


駐車場の管理人さん、
タクシーの運転手、
ペンキ屋さん、
本書にはふだん注目されることの少ない仕事に
全力を尽くし、お客に感動を与える人の
物語が綴られています。

このお話を読むと福島さんの
「自分の仕事の面白さは
 自分の仕事に対する考え方で決まる」
という言葉がスッと心に入ります。

どんな状況でも、目の前に与えられた仕事に
最大限の力を尽くせば、人を感動させ、
自分の人生を素晴らしくすることができるのです。

物語の内容と福島さんの言葉がマッチしていて、
感動と明日への勇気を与えてくれました。


個人的には、
はじめる前の段階で、人によって、
いつあきらめるかが決まっているのです。
という部分が心に残りました。

「○○までやる」ではなく、
「最後までやる」と自分で決意することが
大事なのです。


仕事がうまくいかないと悩む人にお勧めの一冊です。
どんな状況でも自分自身で変えていける
という自信がわいてくることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 14:56|PermalinkComments(0)

2018年08月30日

1日1分 元気になる法則

本日は福島正伸 氏の
1日1分 元気になる法則
です。


本書はコンサルタントとして有名な著者が
自身のメールマガジン「夢を実現する今日の一言」の
中で紹介された言葉を元にして書いた一冊です。

生きているとどうしても、うまくいかないこと、
心を乱されること、がっかりしてしまうことがあります。

しかし、それはある意味チャンスなのです。
そんな時の対応こそ、人が試されています。

本書では、人が壁にぶつかったとき、
それを乗り越えるための考え方を語っています。

上から目線でなく、とても優しい口調で、
本質を語る著者の文章は素敵だと感じます。

恐らく、女性にも受け入れられやすい
のではないでしょうか?

その優しい文体の中でも、
読者の行動を促すパワーがある一冊でした。


個人的には、
エベレストの下山中に遭難する人が多い、
という話が特に印象的でした。


少し仕事に疲れた人にお勧めの一冊です。
もう一度、がんばる気持ちが湧いてくることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:22|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

3秒決断思考 やるか、すぐやるか。

本日は金川 顕教 氏の
3秒決断思考 やるか、すぐやるか。
です。
3秒決断思考 やるか、すぐやるか。

本書は関係者の方よりご献本頂きました。
オトバンクの上田様、ありがとうございました。


本書の著者は、
大学在学中に公認会計士試験に合格し、
世界最大の規模を誇る会計事務所のグループである
トーマツに入社します。

しかし、その地位を3年で投げ打って
経営コンサルタントとして独立します。
その後、金銭的なリターンはもちろん
ビジネスをプロデュースしたり、
著書を出版したりと、多彩に活躍されています。


本書はそんな著者が語る、
即断即決の「3秒思考」です。

決断は時間をかければかけるほど良い、
と思っている人も多いです。
しかし、著者に言わせれば、
「考えたからうまくいかなかったんですよ」
「いくら考えても、答えは見つかりませんよ」
ということになります。

実際、著者が成功できた理由も、
直感で感じたことをすぐに実行に
うつしてきたからです。

豊富な著者の事例を通して、
即決即断の考えを頭に浸透させてくれる一冊です。


個人的には、
「『面白い』は、実は今ではなく先を見ている言葉です」
という一文が特に印象的でした。


どうしても決断を先送りしてしまう人に
おすすめの一冊です。
即断即決の怖さをやわらげ
行動習慣を変えるきっかけとなるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:24|PermalinkComments(0)

2018年08月14日

未来が輝く魔法の言葉100

本日は福島正伸 氏、野寺治孝 氏の
未来が輝く魔法の言葉100
です。



本書は写真家の野寺氏が、
中学を卒業する息子さんへのプレゼントとして
写真文集を作ったことから始まりました。

それは写真に、福島氏のメルマガ「夢を実現する今日の一言」
の言葉を添えたものでした。

完成した本を見て、
「これは息子だけに贈るのはもったいない」と
出版を決意されたのです。

その後、福島氏もその本に感動されて、
出版されたのが、この本になります。


私は写真は完全な素人ですが、
それでも言葉が一体化して
素晴らしい表現になっていると感じます。

元々、福島氏の言葉は素晴らしいものですが、
それがさらにスッと心に入ってくる一冊でした。


個人的には、
「親のしつけ方が問題なのではない
親の生き方が問題なのである」
という言葉が、特に心に刺さりました。


人生の試練をむかえて、
少し自信をなくしている人にお勧めの一冊です。
未来への希望を感じることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 15:14|PermalinkComments(0)

2018年08月04日

メンターが見つかれば人生は9割決まる!

本日は井口 晃 氏の
メンターが見つかれば人生は9割決まる!
です。


本書は能力開発や起業支援の分野で
日本にとどまらず世界でトップクラスの
スピーカー・コーチとして活躍中。
過去9年間でビジネスのあらゆる業界で
7019人ものエキスパートを育成したという
著者による一冊です。


本書のテーマーは「メンター」です。

成功の近道はメンターを持つこと、
とよく言われています。
しかし、どのようにメンターを探せばいいか、
どのようにメンターから学べばよいのか
ということは意外に語られていません。

本書ではたくさんの成功者を育てた著者が
メンターとの付き合い方を語ります。

特にメンターの選び方がポイントになると思いますが、
本書には「メンターにはならない人」と
その理由が書かれており、とても参考になりました。

メンターは仕事から選ぶ、自分の時代から選ぶ、
そして上司や先輩はメンターにしないほうが良いのです。

メンターは成功の近道である反面、
選び方を間違えると大変なロスになりますので、
しっかり気をつけて選びたいものです。


個人的には、
「一流でないメンターは、
あなたをコントロールしたいと考え、
あなたを自分の信者に育てようとします」
という部分が特に印象的でした。


特に若いビジネスマンにお勧めしたい一冊です。
成功への近道を学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:06|PermalinkComments(0)

2018年07月28日

神さまとのおしゃべり

本日は さとう みつろう氏の
神さまとのおしゃべり
です。
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-


本書は人気ブログ『笑えるスピリチュアル』の
運営者である著者による一冊です。

ごく平凡なサラリーマンの主人公、みつろうが
おちゃめな神さまの授業を受けるという形で
どうやれば幸せになれるか、を説きます。

本質的なことなので、目新しいことはありません。
しかし、著者の「笑いと勇気」という世界観がでていて
たくさんの笑い、たまには涙と、感情を動かされながら
世の中の真理を学ぶことができます。

この本で一貫して主張されていることは、
「目の前の現実は全て自分が望んだものである」
ということです。

ある人にとっては受け入れがたいかもしれませんが、
この言葉が腑に落ちるようになれば、
幸せに一気に近づいたと言えるのかもしれません。

500ページもある大作ですが、
とても読みやすい本なので
一気に通読することができました。


個人的には、
「自己弁護が起こる時はいつでも、
反対側の意見も自分が支持しているからだ」
という部分が特に印象的でした。


不運だとか、不幸せだとか
今の自分の境遇をネガティブに感じる人にお勧めです。
人生を自分でコントロールする
ヒントがつかめるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 19:19|PermalinkComments(0)

2018年07月24日

一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている

本日は高井伸夫 氏の
一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている
です。
一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている


本書は『朝10時までに仕事は片づける』など
計47点もの著書を持つ弁護士の高井氏による一冊です。

本書のテーマは「ご縁」ということで、
人との縁をどのように作って育てていくのか、
そんなことが書かれています。

ど真ん中のテーマですので、
意外なテクニックなどは一切ありません。
ただ、相手の立場に身を置いて、
ギブ&ギブの精神で尽くすだけです。

しかし、そのあたり前のことを、
これだけ実感をこめて、受け入れやすく書かれることに
著者のキャリアの深さを感じさせます。

人との出会いに気を入れないといけない、
そんな基本を心に刻んでくれる一冊でした。


個人的には、
感じ方がパターン化に陥らないように、
自分の心の奥底を確かめる、
という部分が特に印象的でした。

情報があふれる時代ですので、
あるモノや人に対して先入観を持って
しまいやすい時代です。

その中でも、自分の軸を持つために、
こんな習慣を身につけたいと思いました。


30〜40代くらいの中堅サラリーマンに
一読をおすすめしたい一冊です。
人とのご縁を大事にできているか、
問い直す機会になることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:54|PermalinkComments(0)

2018年07月21日

なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が人生のステージが高いのか?

本日は滝内恭敬 氏の
なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が人生のステージが高いのか?
です。
なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が人生のステージが高いのか?

本書は出版社より、ご献本いただきました。
サンライズ出版様、ありがとうございました。


本書の著者は、高専の卒業後、
航空会社で国際線の整備の仕事に就くも、
入社2年で退職し、輸入ビジネスを起業します。

しかし、そのビジネスに失敗し、
多重債務、ホームレス、破産、日雇い労働者を経験し
最終的にはメンタルを崩してしまいます。

そんなどん底から脱却すべく、
大手重工会社でNY地下鉄の設計の仕事をしながら、
自分のビジネスも育てることに成長、
3年で1億円を稼ぎ、時間と経済の自由を実現します。


そんな著者が本書で説くのは、
「ウェルスペクトル理論」、
いま自分がどんなステージにいるか理解して、
最適な行動と戦略を取っていくというものです。

ステージによって、戦略や行動は変わります。
あるステージの成功戦略が、さらに高いステージでは
失敗戦略に変わっていきます。

だから、自分のステージを客観的に見ることから
始めないといけないのです。


著者が会社に勤めながらビジネスを進めていたので、
サラリーマンで副業的にビジネスを始めたい人には
特に参考になる一冊でしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年07月16日

多動力

本日は堀江貴文 氏の
多動力
です。
多動力 (NewsPicks Book)

本書は堀江氏が、
これから最も必要とされる能力
「多動力」について語る一冊です。


昭和が終わり、平成も終わろうとしていますが、
意外に人々の意識は変わっていないものです。

その中でも「石の上にも三年」など、
仕事に我慢を強いる考え方が
最も時代の流れに逆行していると思います。

これからは自分が楽しめていないと
人(=お金)が集まってきませんし、
AIやロボットが「仕事」をする時代には
人間に残るのは「遊び」なのです。

こんな時代に必要な「多動力」の教えとは
いくつもの異なることを同時にこなすことです。

落ち着きがない、やりたいことばかりやっている、
現代の価値観ではまだマイナスに感じるかもしれませんが、
これからは本書で語られるような価値観が
主流になってくることでしょう。

堀江さんの本なので、極端な話が多いですが、
時代は確実にこちらの方向に進んでいます。


個人的には、
「生放送中にスマホを使って仕事をする」
という話がインパクトがあって面白かったです。


時代に合わなくなるのが怖い
中高年のビジネスマンにお勧めの一冊です。
単純明快に必要な能力を
教えてくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:11|PermalinkComments(0)

2018年07月10日

変化できる人

本日は赤羽雄二 氏の
変化できる人
です。
変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

本書はゼロ秒思考など多数の著者があり、
マッキンゼーのコンサルタントとして
LGグループの世界的躍進を支えた経験をもつ、
赤羽氏による一冊です。


変わりたいけど、変われない人は
世の中にたくさんいると思います。

本書はそんな人のそばに寄り添い、
変わることへの障壁を取り除いてくれます。

例えば、人は変わることを強いられたとき
いろいろな言い訳をしがちです。

そんな人に対して、
「振り子を一回大きく振ってみよう」
「百歩譲ってやってみよう」
「すぐやめればいいと思ってやってみよう」
「相手に負けるわけではないと思ってやってみよう」と
色々な角度から行動を促してくれます。

変わっていくとどのような風景が見えるのか?
変化しやすい環境を整えるためにはどうするか?
など、変化するモチベーションを高めてくれたり
変化するためのヒントをくれたりします。

コンサルタントや教育者として
多数の企業を見てきた方ですので、
紹介されている行動パターンが広く、
ビジネスマンは特に共感できるでしょう。


個人的には
「工夫のしかたを工夫する」
という考え方が特に印象に残りました。


「変わらなきゃ」と思っていても、
日常に流されている人にお勧めの一冊です。
変化するきっかけを与えてくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 17:34|PermalinkComments(0)

2018年07月09日

心を休ませるために今日できる5つのこと

本日はボニー・セント・ジョン氏、アレン・P・ヘインズ氏の
心を休ませるために今日できる5つのこと
です。
心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする

本書の著者は5歳の時に、片足を失ってしまいます。
しかし、その出来事をバネに
パラリンピックのスキー選手として活躍。

その後は、オックスフォードの奨学生として勉強し、
現在は世界的に知られたリーダーシップ専門家として、
数多くの人材を指導、育成に携わっています。


本書はそんな著者が説く、
「マイクロ・レジリエンス」のテクニックです。
これはものの見方や飲み物の選び方など、
ささいな生活習慣を見直すことにより、
疲れた肉体、精神を回復させて、
人をより良い形に導こうというものです。

自己啓発の本としては、ベーシックな内容で、
内容は大体は聞いたことのあるものでした。

ただ、その実例や説明にリアリティがあって、
メソッドを試してみたい、という気にさせられました。


個人的には、水を飲む習慣や逆転発想法、ラベリング
深呼吸の方法などはすぐに取り入れられて、
効果がでそうと感じました。
さっそく生活に取り入れてみようと思います。


疲れがたまって、パワーが落ちている、
と感じる方にお勧めしたい一冊です。
日常の習慣を少し変えることにより、
頭や体をスッキリさせるヒントが見つかるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 18:02|PermalinkComments(0)