⇒ 自己啓発

2020年08月19日

人生攻略ロードマップ

本日は迫 佑樹 氏の
人生攻略ロードマップ
です。


本書の著者は、大学時代に
フリーランスエンジニアとして働きながら、
ブログで情報発信を開始。

在学中に各種の事業を育て、
事業に専念するために大学を中退して
教育事業を展開します。

今では、プログラミングや動画編集等を
学べるオンラインスクールの受講生は
延べ一万人を超えています。

また、さらなる事業拡大として、
WebサービスBrainの運営や、
美容室・タピオカ屋をはじめとする実店舗、
SNSやYouTubeによる情報発信など
多方面に展開されています。


本書ではそんな著者が、「人生攻略」
すなわち、お金・時間・人間関係などのために、
人生で「嫌なことをしなくてすむ状態」を
作り上げ、自由度の高い人生を手に入れる
方法を書いた一冊です。

著者が20代前半と若いのにも関わらず、
大きな成果を出されています。

そのステップが言語化されていて、
納得感もあり、楽しむことができました。

また、挿入されているイラストが
RPGぽくて楽しいことと、
SNSの画面が入っているのは、
面白いなと感じました。

これからの著者の活躍も楽しみです。


個人的には、
「お金をうまく使い、
お互いが価値のあるものを提供し続けると、
全体が豊かになる。」
という部分が特に印象的でした。

エンジニアとデザイナーとパソコンショップで
お金を回しながら価値を生んでいるたとえ話が
とても分かりやすくて、素晴らしかったです。


特に大学生にお勧めしたい一冊です。
自分に近い感覚で、人生の成功法則を
学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:52|PermalinkComments(0)

2020年03月20日

最速で10倍の結果を出す 他力思考

本日は小林正弥 氏の
最速で10倍の結果を出す 他力思考
です。


本書の著者は25才で独立するも、
最初は全く稼げず、時給900円のバイトを経験。
しかし、家族の病気をきっかけに奮起し、
一ヶ月後に毎月210万円の報酬を
得るようになったという経験をされています。

そんな著者が本書で説くのは、
「他力思考」です。

自分で何でもやってやろう、
この心がけは悪くはありませんが、
本当の成功は人の力を借りないと、
得ることはできません。

この本では、何でも自分でやらないと
気がすまなかった著者が、
次第に人が離れていくことに気づきます。

そして、うまく人の力を借りて、
成果を出すことを考えるようになるわけです。

なぜ、自力思考では成功できないのか、
人の力を上手に借りる方法、
具体的に成功に結びつけるステップまで、
丁寧に教えてくれました。


個人的には、
かつて「目指せ! 年収1億円」と
紙に貼ったことがありますが(笑)、
全く感情は動きませんでした
という箇所が特に心に残りました。

自分も他人も、人を動かすためには、
感情を動かすことが一番大事なんですね。


自分で頑張りすぎる人にお勧めの一冊です。
人の力を借りることの素晴らしさを
学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:59|PermalinkComments(0)

2020年02月09日

「続けられる人」だけが人生を変えられる

本日は大平 信孝 氏の
「続けられる人」だけが人生を変えられる
です。


本書の著者は目標達成の専門家として、
独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発、
そのアプローチにより1万2000人以上の、
セルフマネジメント、キャリア構築、部下育成に
関する悩みを解決してきた、
という実績を持っています。


そんな著者が本書で語ることは、
「1日1分で人生を変える習慣化ノート」です。

目標を達成するのと、達成できないのでは、
人生が180°変わります。

達成すると、それによって自信をつけ、
次の目標を立てて、また達成します。

逆に達成できないと、挫折感を感じてしまい、
「私は何をしてもダメなんだ」
という思考になり、転落していきます。


それでは、目標達成の上昇スパイラルを
作るためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、目標達成のハードルを
思いっきり下げてやることです。

最初のハードルを下げることによって、
目標達成ができます。

すると、達成→自信→次の目標達成 という
上昇スパイラルに入ることができるのです。


本書で紹介されているのは、
その「目標の下げ方」になります。

大勢のコンサルをされた経験の結晶なので、
信頼性の高い方法が紹介されています。

本書の方法を実践することができれば、
目標達成の最初の一歩を
踏み出すことができるでしょう。


個人的には、
「三日坊主」の捉え方が参考になりました。

「三日坊主」として挫折経験にすれば、
挫折スパイラルに入りますが、
三日続いた、とポジティブに捉えれば、
成功体験になり、上昇スパイラルに入ります。

そうやって、自分に成功体験を
植え付けることが大事なのですね。


今まで「何も続いた試しがない」
という人にお勧めの一冊です。
そのネガティブな流れを、
逆に回す方法を学べることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 14:13|PermalinkComments(0)

2020年01月25日

SELFISH(セルフィッシュ)

本日はトマス・J・レナード氏、バイロン・ローソン 氏の
SELFISH(セルフィッシュ)
です。


本書は自己啓発書の名著で、
世界的なロングセラーである名著を
完全日本語訳にしたものです。

この本は人生を豊かにする28の法則が
紹介されています。

その法則の最初が本のタイトルでもある
「Selfish」になります。

Selfishというと、自分勝手とか、わがまま
という印象があることでしょう。

しかし、著者はSelfish(自分本位)とは、
自己中心やわがままとは違うと言います。

自分を大切にしながら、
他人に与えることは両立可能なのだ、
と主張します。

それどころか、自分が満たされるからこそ、
人に与えることができるのです。

これは今までの自己啓発本に馴染んだ
多くの人にとっては、意外な話かもしれません。

その他の法則も、
無理をしない、未来に期待をしない、ゆとりを持つ、
人との約束は控え目にする、物事を大目に見ない、
弱点を肯定する、など、肩から力を抜くような
ものがたくさんあります。

余計なところに力を入れると、
本当に力を入れるべきところがおそろかになります。

人生を豊かに生きていくために
本当に必要なものを教えてくれる一冊です。

500ページを超える大作ではありますが、
成功への道が網羅されており、
その価値は十分にあるものと思います。


成功したくて、本を読んで実践したけれど、
いまいち上手くいかない、という人にお勧めです。
大事にすることはもちろん、捨てるべきことを
教えてくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:23|PermalinkComments(0)

2019年12月18日

幸せになる技術

本日は上阪徹 氏の
幸せになる技術
です。


著者の上阪氏は著名人にインタビューして本を書く
「ブックライター」という仕事をされています。

そして、取材してきた著名人は
なんと3000人を超えているそうです。


本書はそんな著者が、
著名人に「どうやったら幸せになれますか」
というシンプルな質問をして、
その答えをまとめて、幸せについて考えた一冊です。

芸能人やスポーツ選手、大会社の社長など、
どの分野でも一流の人が言う言葉には
どこか共通点があるものです。

それをまとめて浮き彫りにしてくれます。

あとがきなどに、はさまれている、
著者自身の考えや生い立ちにも、
共感できて、幸せの本質がわかる一冊でした。


個人的には、
成果は急がない。急ぐべきでもない。
という部分が特に印象に残りました。

80代でピークを迎える、
そんな人生をおくりたいものです。


世の中の価値観に毒されてしまい、
自分を見失っている人に届けたい一冊です。
幸せの本質とは何なのか、
教えてくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:14|PermalinkComments(0)

2019年11月10日

わたしたちは、いつだって好きなことをして生きていける。

本日は直島美佳 氏の
わたしたちは、いつだって好きなことをして生きていける。
です。


本書は2歳のころからおけいこを始め、
現在までに365教室に通った経験を活かして、
自宅教室で稼ぐ方法を指導。

また、45歳で出産し、6歳児の三つ子を
育てているという著者による一冊です。


本書のテーマは
「好きなことをして生きていくヒント」です。

45歳から三つ子の子育てをすることは、
決して簡単なことではありません。

本書中でも、ストレスがたまったり、
お金の心配をしてしまったりと、
著者の直島さん自身も、苦労されています。

それでも「こだわりを手放す」と「計算する」
というポイントをおさえるようにしてからは、
子育てをしながら、好きな事も
楽しめるようになったそうです。

そんな考え方のコツを説いた一冊です。


私は男ではありますが、
確かにそう考えると心が軽くなるな、
というお話がたくさんありました。


個人的には、
自分の嫌いをはっきりさせることは、
自分の気持ちを大切にすること
という部分が特に印象的でした。

「嫌い」という感情は汚く見えて、
封印してしまいたくなるものですが、
それを生かすこともできるのですね。


子育てに悩む女性にお勧めの一冊です。
心を軽くするヒントが得られることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:01|PermalinkComments(0)

2019年09月23日

「人生の勝率」の高め方

本日は土井 英司 氏
「人生の勝率」の高め方
です。


本書の著者はアマゾンの元カリスマバイヤーで、
日本で150万部、世界中で1000万部を突破した
こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」をはじめ
数々のベストセラー著書をプロデュースしました。

そんな著者が本書で語ることは「目利き力」です。
つまり、物事は頑張ることよりも、
どこで頑張るか、つまり選択が一番重要だということです。
そして、良い選択をするにはどうすれば良いか、
について詳しく説明されています。


著者は10年以上にわたって書評メルマガを
配信していて、そこで紹介される本の多くが、
ベストセラーになると言います。

しかし、それは紹介するからベストセラーになる
のではなくて、もともと売れる本だけを
選んでいるとのことです。
だから成功できるということですね。

「イケてないときは、自分の意思で選択しない」
「やるやらないをルールに決める」
「選択は正しさより速さ」
「相対ではなく、絶対的な基準を持つ」
など、本質的なことを分かりやすい例で説いてくれます。


個人的には、
信頼できる目利きの人を見つけるときのポイントは、
有名無名にかかわらず、「現場を持っている」こと、
という部分が特に印象的でした。

現場を離れると、見分ける力も落ちてくるものです。
同時に、自分もいつまでも現場にいるようにしたい
と思いました。


頑張っているのに、成功できない。
という人にお勧めの一冊です。
もしかしたら、選択を間違えているのかもしれません。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:11|PermalinkComments(0)

2019年08月24日

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方

本日は山口 絵理子 氏の
Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方
です。


本書は「途上国から世界に通用するブランドをつくる」
をミッションとして、株式会社マザーハウスを設立した
山口氏による一冊です。

この本のテーマは、「第3の道」です。
つまり、利益と社会貢献、といった
一見、相反する2つの事柄を
トレードオフでなく、両立させる道を見つけよう、
ということです。

バングラディッシュやネパールなどで生産しながら、
13年連続で売上を伸ばしているマザーハウスには
ぴったりのテーマです。

山口氏自身も社長として経営を行いながら、
チーフデザイナーとしても活躍しています。
相反するように見える2つの仕事を
うまく統合して、新たなる価値を生み出しているのです。

「社会性とビジネス」「デザインと経営」の他に
「個人と組織」「大量生産と手仕事」「グローバルとローカル」
という対立について、第三の道を示してくれます。

21世紀になって、20年ほどが過ぎますが、
日本の企業は以外に変化できていません。

そんな日本の中で、次世代のビジネス像を
提示してくれる一冊といえると感じました。


個人的には、
「これからは主観の時代になる」
という部分が特に印象に残りました。

主観は「ひとりよがり」にもなりやすいですが、
著者がそれをどのように商品に統合しているか
学ぶことができました。


山口さんが言っていることは、
新しい時代の経営のトレンドになると思います。
それを学びたい人にはお勧めの一冊です。


続きを読む

engineer_takafumi at 17:45|PermalinkComments(0)

2019年06月19日

瞬発力の高め方

本日は ジョー 氏(ジョーブログ)の
瞬発力の高め方
です。


本書はYouTubeの「ジョーブログ」のリーダーで、
「所持金0円で冬のアメリカ大陸を横断」
「南米をバイクとヒッチハイクで縦断」
「アマゾンをイカダで川下り」
「危険なスラム街・麻薬密売組織に潜入」
「右翼街宣車に突撃取材」
など、常識はずれなチャレンジに挑んでいる
ジョーさんの著書です。

著者がYouTuberということで、
ビジュアルにも力が入れられた一冊で
目を楽しませてくれます。

今の地位を築くまでの著者の努力、
人生論が展開されていて、
力強い言葉が並んで、読者を勇気づけます。

色々なことにチャレンジできるための
考え方が参考になります。
今の時代に成功するコツが詰め込められた
一冊といえるでしょう。


個人的には、プロボクシングにチャレンジした
エピソードが特に印象的でした。

単なる見せ物ではない真剣な世界を
感じることができました。


YouTubeでジョーさんを見ている人に
お勧めの一冊です。
彼のエネルギーの源について
知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:45|PermalinkComments(0)

2019年05月02日

「いつでも転職できる」を武器にする

本日は松本 利明 氏の
「いつでも転職できる」を武器にする
です。


本書は外資系コンサルティング会社、
PwC、マーサー、アクセンチュアなどで、
国内の大企業から中堅企業まで600社以上の
働き方改革に従事して、5万人以上のリストラと
6500人を超える次世代リーダーの
選別や育成を行ってきたという著者の一冊です。


これからの時代は終身雇用は望めないので、
常に「転職」ということを選択肢に入れつつ、
キャリアを考えるべきであることは
いうまでもないでしょう。

しかし、実際に「転職力」を磨くには
どうしたらいいのでしょうか?
その問いに答えを与えてくれるのが本書です。

特に難しいと思われる、自分の資質の磨き方、
市場価値の上げ方、ポータブルスキルの身に付け方など
を詳細に解説してくれます。

著者が会社側の視点で語ってくれますので、
まさに需要がつかむことができるでしょう。


個人的には、
6章の永久保存版の情報が印象的でした。

アルムナイの有無や辞めた社員について質問するなど、
転職の判断基準を知ることができました。


サラリーマンを一生続けたい、
と思う人は一読をお勧めする一冊です。
勤め人としてより良いキャリアを築く戦略を
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:42|PermalinkComments(0)

2019年04月01日

マンガでわかる 伝説の新人

本日は紫垣 樹郎 氏の
マンガでわかる 伝説の新人
です。


本書は出版関係者の方よりご献本いただきました。
上田さま、ありがとうございました。

本書は著者が2012年に刊行した
伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
という本をベースにマンガ化したものです。

マンガ化というと薄っぺらくなったと
感じる方もいるかもしれませんが、
この手の本の場合は必ずしも
そうとは言えないと思います。

やはり抽象的な文章で書かれるよりも
絵を使ったほうが、イメージしやすく、
伝わる情報量も多いことがあります。

本書でも、マンガでストーリ仕立てで
主人公の成長が描かれており、
感情移入させながら読むことができます。

また、私のように40を超えた人間でも
興味をもって読むことができるので、
人の成長を描いた本というものは
普遍的なんだなと、改めて感じました。


個人的には、
「意識すればできる」段階から
「意識しなくてもできる」段階へ進めるかどうかが
突き抜けた人間になれるかどうかのポイント
という部分が印象に残りました。

単にできるようになっただけで
満足してはいけないのですね。


新人はもちろん、新人の指導を
担当することになった中堅社員にもお勧めです。
マンガでイメージしやすく描かれているので
どんな風に指導すべきか見えてくるのでは
ないでしょうか。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:56|PermalinkComments(0)

2019年03月04日

成功する人は、なぜリッツ・カールトンで打ち合わせするのか?

本日は水野俊哉 氏の
成功する人は、なぜリッツ・カールトンで打ち合わせするのか?
です。


本書は出版社よりご献本いただきました。
サンライズ出版様、ありがとうございました。


経営コンサルタントとして数多くの
ベンチャー企業経営に関わりながら、
出版社2社や文化人プロダクションの運営など
富裕層のプロデュースを行っている
水野俊哉 氏による最新刊です。

成功者になるためには、成功者の中に入ることです。
普段付き合う人 5人の年収の平均値が
自分の年収になると、よく言われています。

だから、富裕層と接点を持ちたいわけですが、
普通は、そんな人との接点を持つことは難しいでしょう。

そこで、本書の登場です。
ご自身が富裕層であり、かつ富裕層専門コンサルタント
である著者が、富裕層の生活習慣を説明します。

富裕層が何を考え、どこに行っているのか知ることで、
あたかも彼らが近くにいるかのように、
生活習慣を学ぶことができるでしょう。

そして、その生活習慣を取り入れていけば、
富裕層と実際に知り合うことができるかもしれません。


個人的には、
成功者ほど、実はあまり夜遊びをしていない
という部分が印象的でした。


お金持ちになりたいと強く願う人に
お勧めしたい一冊です。
お金持ちの思考と生活を知ることにより
彼らに近づくことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:58|PermalinkComments(0)

2019年02月03日

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?

本日は滝内恭敬 氏の
なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?
です。


本書は目標達成習慣化コンサルタント、
ビジネス仕組み化コンサルタントとして活躍する
著者によるユダヤ人の成功のエッセンスを
語った本です。

ただ、ユダヤ人といっても、
テーマは宗教(ユダヤ教)の教えになります。

宗教と聞いて、腰が引ける方もいるかもしれませんが、
これがなかなか興味深いです。

書いてあることは自己啓発本としてはベーシックですが、
「神」という視点で見ると、
その行為に別の意味づけが加わります。

『パンセ』で有名な哲学者パスカルは
「人の心には、神にしか満たすことのできない空洞がある」
といいました。

特定の宗教だけに成り立つ話ではありませんが、
人は何か大いなる力を想定しないと安定できない、
ということを感じさせられた一冊でした。


自己啓発本をある程度読みなれた人にお勧めの一冊です。
今まで、聞きなれた成功習慣が「神」という視点で
書かれており、より理解を深められることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 17:40|PermalinkComments(0)

2018年12月23日

働きアリからの脱出

本日は越川 慎司 氏の
働きアリからの脱出
です。


本書は国内大手や外資系の通信会社に勤務、
2005年に米国のマイクロソフトに入社。
業務執行役員としてOffice事業部を統括。
そして、2017年に働き方改革の支援会社
株式会社クロスリバーを設立したという
越川氏による一冊です。


今は「働き方改革」が叫ばれて、
勤務時間の短縮や業務の効率化など、
色々な施策が行われています。

しかし、ちぐはぐで効果が出ていない
という印象をもつサラリーマンは多いと思います。

本来、社員の幸せと会社の業績向上が目的なのに、
手段が目的化しているところに問題の本質があります。

そこで、社員自らが自分の幸せを追求し、
その先に会社の業績向上があるように動こう
というのが本書のテーマです。

「働く方改革」をめぐる動向といった話から、
メールの書き方という具体的な話まで、
内容は多岐にわたります。

生産性の改善は会社のためではありません。
改善することで、自分の人生の質を
高めることができるのです。


個人的にはリバースメンターという考え方が
特に印象に残りました。

若い人から学ぶことは大事ですね。
とくに時代の移り変わりが速い現代では。


時間やお金がないと嘆く
サラリーマンにお勧めの一冊です。
自信をもって稼げる人間になるための
指針が得られることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 02:34|PermalinkComments(0)

2018年12月18日

年収1億円の人のすごい習慣

本日は金川顕教 氏の
年収1億円の人のすごい習慣
です。


大学在学中に公認会計士試験に合格、
大手監査法人に就職した後に、
経営コンサルタントとして独立され、
成功されている金川氏が著者です。

本書では年収300万円の習慣(悪習慣)と
年収1000万円(良習慣)を説きます。
しかし、1000万円はあくまで一般的なお金持ちで
著者のような飛びぬけたお金持ち
つまり年収1億円の人はもっと違った習慣を
持っているのです。

この3つの習慣を並べてみると、
年収1000万と1億円の習慣が驚くほど
違っていると感じます。
真逆と思えるものもあります。

高く飛び立つためには、
一回縮まないといけないという話があります。
年収1000万とそこそこ裕福になったとしても、
そこから1億円に到達するには
意外に大きなギャップがあるのです。

むしろ、年収1000万円がそこそこ居心地がいいために、
年収300万よりも1億円は遠いともいえるかもしれません。

本書を通じて、そこそこ裕福な人(年収1000万円)が
どうすればもう一段飛躍できるかが学べます。


大企業のサラリーマンにお勧めの一冊です。
踊り場で留まることなく、さらに一段上を狙う
方針を知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:49|PermalinkComments(0)