⇒ 自己啓発

2018年05月20日

ハーバード発、成功を導く「5つの質問」

本日はジェイムズ E ライアン氏の
ハーバード発、成功を導く「5つの質問」
です。
Wait, What?(ウェイト、ホワット?) ハーバード発、成功を導く「5つの質問」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

本書は出版関係社の方よりご献本いただきました。
フロンティア・エンタープライズ様
ありがとうございました。

本書はハーバード大学教育大学院長の著者が、
2016年に同校の卒業式で行った
スピーチをもとにまとめられた一冊です。

このスピーチの動画は世界中に拡散され、
視聴回数は1000万回を超えたと言われています。


内容はきわめてシンプルで簡単なものです。
5つの質問とは下のようなものでした。

Wait, What? (待って、何それ?)
I Wonder...? (どうして〜なんだろう)
Couldn't We at Least...? (少なくとも〜はできるんじゃないか?)
How Can I Help You?(何かできることはある?)
What Truly Matters? (何が本当に大事?)

とてもシンプルですが、力のある問いです。
この5つの質問により、正しく理解し、
好奇心をもち、行動するエネルギーを得て、
大切な人と良い関係を築き、
そして、自分の根源を見つめ直すのです。

本書ではなぜこれらの質問に力があるのか、
著者の個人的なエピソードも交えて、
丁寧に説明してくれます。

訳書は読みにくいものもありますが、
本書は平易で自然な日本語で書かれており、
また、ボリュームも少な目なので、
一気に読むことができました。

普段、本を読みなれていない人でも
簡単に通読できることでしょう。


個人的には著者の息子である
サムさんが生まれる時のエピソードが
大変印象的でした。

出産という大事態でさえ、
人は重要なことを最優先に
できないものなのですね。


会社や学校の幹部など、
大勢の前で話をする人にお勧めです。
シンプルでわかりやすいので、
良いスピーチネタになってくれるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:01|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」

本日は旺季志ずか 氏の
「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」
です。
「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」


本書は「屋根裏の恋人」「ストロベリーナイト」
「佐賀のがばいばあちゃん」「女帝」など、
数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家による
初のエッセイ集です。

著者の手掛けたドラマの名セリフを紹介して、
それに対するという形をとっています。

驚かされるのが、そのセリフの鋭さです。
感情をグッと動かされます。

例えば、
「男女としての仲が終わったくらいで、
憎しみ合うような関係をパパとはつくってきてないの」
とか
「親だって壊れるわ。親だから、壊れる」など、
心の芯に触れるようなセリフが並びます。

この人達はなんでこんな言葉を作れるのでしょう、
その頭の中をのぞいてみたい気がしました。

一つわかることは、著者も色々な経験をしてきました。
辛いことも多かったと思いますが、
その経験をうまく取り入れたからこそ、
こんなセリフがかけるのでしょう。


個人的には、
人は、目を醒ますために、
あえてショッキングな現実をつくることがある、
という箇所がとても印象に残りました。


周りばかり気にして、自分の人生を生きれていない、
と感じている人にお勧めの一冊です。
自分の人生をとり戻すヒントがここにあるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 13:34|PermalinkComments(0)

2018年03月31日

人生を思い通りに動かす大富豪の教え

本日は水野俊哉 氏の
人生を思い通りに動かす大富豪の教え
です。
「99%の人が知らない」 人生を思い通りに動かす大富豪の教え

本書は出版社よりご献本頂きました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。

本書はさえない主人公の若手ビジネスマンが、
何かを変えようと思い切って、
新幹線のグリーン車に乗ることから始まります。

その時、偶然に隣り合わせた人が、
起業家として大成功を収めた大富豪でした。

物語はその大富豪が主人公に
宿題を出すことから始まります。

そして、その教えを次々に実践するうちに、
確実に人生のステージが上がり、
最後には成功を収めるのです。

著者が自分を投影したという
キャラクターはリアリティがあります。
本書から主人公の苦労と成功を疑似体験して、
高揚感を感じることができました。


個人的には
何もしないことにお金をかける、
という勇気を持つことだ
という部分が一番印象的でした。


小説が好きな若手ビジネスマンに
お勧めの一冊です。
主人公に感情移入して、楽しみながら、
成功に必要なエッセンスを
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:14|PermalinkComments(0)

2018年03月24日

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

本日は根本 裕幸 氏の
敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法
です。
敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

本書は長年カウンセラーとして活躍され、
のべ15000本以上のカウンセリングと
年間100本以上のセミナーを実施、
著作も多数ある著者による一冊です。

「敏感すぎるあなたが」
という言葉に思い当たらないでしょうか。

特に日本人は同調圧力が強いため、
自分の考えを殺していく中で、
自分の意見そのものが消えてしまった
という人も、多いでしょう。

本書は、人の顔色を過度に気にしてしまう人が
どうやって「自分軸」を取り返していくか、
というテーマの本です。

イラストや文体で、
読みやすいように工夫されており
普段本を読まない人でも、
スムーズに読み進められることでしょう。


個人的には、
1人で居酒屋に行って楽しめるかどうかが、
自分軸が確立できているかを判断する基準だ、
という箇所が特に印象的でした。

会社や学校で、人に流されてしまう、
という人にお勧めの一冊です。
そのモヤモヤをどう解消させるか、
その手順を学べることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 12:58|PermalinkComments(0)

2018年03月18日

大富豪からの手紙

本日は本田健 氏の
大富豪からの手紙
です。
大富豪からの手紙

本書は『ユダヤ人大富豪の教え』を代表に
多数の著書のある本田健さんの新作です。

ストーリーは大富豪であった祖父が、
その孫に残した手紙から始まります。

祖父は莫大な財産がありながら、
それ自体は残さず、知恵である手紙を遺したのです。

9通の手紙は偶然、決断、直感、行動、お金、
仕事、失敗、人間関係、運命、のテーマが付けられ、
主人公が手紙に導かれて旅をする、
という流れになっています。

本田さんの著作らしく、読みやすさや共感しやすさに
配慮されておりスムーズに読み進められます。

その中に人生を豊かにするアイデアが
多数含まれており、自然に頭に染み入る感覚が
とても良いな、と思わせる一冊でした。


個人的には、
自分の才能をみつけて、お金を稼ぐプロセスは
人生で最もドキドキすることの1つだから、
あえて、孫にはお金を遺さなかった、
という部分が一番印象的でした。


仕事を頑張っているのに、幸せになれない、
と感じている人にお勧めの一冊です。
たぶんそれはどこかを間違えていて、
本書がその間違いを教えてくれることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:05|PermalinkComments(0)

2018年03月17日

癒しの力

本日は望月俊孝 氏の
癒しの力
です。
癒しの力

本書は「宝地図」「レイキ」「エネルギーマスター」を
主体とする人材教育を継続しており、
レイキ・ヒーラーを40000人以上養成したという
著者による一冊です。

著作もたくさんある著者なのですが、
本書では箇条書きを多用して、
メソッドや原理がシンプル化されており、
思想を効率的に学ぶことができます。

具体的な方法がやや弱く、
これ以上は著者のセミナーに行かないと
ダメなのだろうな、という面があります。

しかし、現在の自分の課題を明確化して、
方向性を打ち立てるためには、最適の一冊でしょう。

個人的には、
"remember"という単語の中に、
「癒し」の本質が隠れている
という箇所が印象的でした。


なんとなく人生がうまくいかない、
と感じている人にお勧めの一冊です。
自分の何が問題なのか、
そのヒントを得られるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:15|PermalinkComments(0)

2018年03月16日

間違う力

本日は高野 秀行氏の
間違う力
です。
間違う力 (角川新書)

本書は「オンリーワンの辺境冒険作家」と名乗り、
だれも行かないところへいき、誰もやらないことをやり、
それを面白く書く、という著者による人生訓です。

この著者の経歴を見ると、
大学の探検部時代に謎の怪獣「ムベンベ」を探しに
アフリカのコンゴに行ったり、
反政府ゲリラに支配された
ゴールデン・トライアングル地帯で
現地の人と一緒にケシやアヘンを育てたりと
とんでもない経歴が並んでいます。

普通の人から見ると、変わっているを通り過ぎ、
「間違っている」と言わざるを得ません。
だから、タイトルが「間違う力」なのです。

しかし、この間違いには論理があります。
ただ単に変わったことをしているのではなく、
著者はある思想に基づいて行動しているのです。

普通の人にはマネすることはできませんが、
個性を打ち出すことが注目される中
人と違う成果を出すためには
どんな思考回路を身につければ良いのか
教えてくれることでしょう。

あと、読んでいて単純に面白いです。
個人的には「怪しい人にはついていく」の部分が
とくに面白かったです。
何回も痛い目に遭っても、ごくまれに起きる幸運を
求めてしまうのですね。


人と違う個性を出したい、
と思う人にお勧めの一冊です。
極端な例を通して、人と違う方向性を
打ち出すための方法が見えてくることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:48|PermalinkComments(0)

2018年03月13日

運は人柄

本日は鍋島雅治 氏の
運は人柄
です。
運は人柄 誰もが気付いている人生好転のコツ (角川新書)

本書は『東京地検特捜部長・鬼島平八郎』
『築地魚河岸三代目』などの漫画の原作者として
知られる著者による一冊です。

漫画の世界は厳しい世界です。
ただ、長年この世界に身をおく著者からは、
漫画の世界で勝ち残っていくということは、
単に技術や努力の問題ではない、と見えるそうです。

そして、それでは何が明暗を分けるのかというと
それは『運』だと言うのです。
才能1:努力2:運7 くらいだと。

ただ、ここで言う『運』というものは、
完全に天に任せる類のものではありません。
運や人柄によって呼び込むものなのです。

本書では、著者が運を呼び込む人柄とは
どんなものか、豊富な実例に基づいて語ります。

これは漫画家という特殊な世界のみならず、
世間一般に通用する法則ではないかと思えます。


個人的には、
高齢になっても活力を維持している人は
「散歩」と「昼寝」をよくしている。
という部分が特に印象的でした。


チャンスに恵まれない、と
悩んでいる人にお勧めの一冊です。
チャンスを呼び込む姿勢というものを
学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:16|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方

本日は江上 治 氏の
残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方
です。
残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方 “持たない時代”に本当に持っておくべきもの

著者の江上氏はサラリーマン時代には
大手損保会社、外資系保険会社の営業にて
新規開拓分野において全国1位を4回受賞、
部下の指導でも卓越した成果を上げます。

そして、独立されてからは、
有名スポーツ選手から経営者まで
年収1億円を超えるクライアントを50名以上抱える
富裕層専門のファイナンシャルプランナーとして
活躍されています。

つまり、著者はほんの一握りの成功者に
囲まれているということです。

本書ではそんな著者が、上位5%の成功者の
考え方について説きます。

残念ながら、日本全体の将来は極めて厳しく、
特に普通のサラリーマンの生活は
これから厳しさを増していくことでしょう。

とはいえ、普段の場所、付き合う人、時間の使い方を
変えることができれば、上位5%への扉は狭いながら、
まだ開かれています。

本書で成功者たちの時代に左右されない
「確かな生き方」を身に着けましょう。


個人的には、
「うまく行く人はよく過去を振り返る。
過去を振り返ることで、自分という存在をよく把握する」
という部分が特に印象的でした。


会社で一生勤めていこうと考えている人に
一読して頂きたい一冊です。
かなり脅しがきつい本ですので、
現状に危機感を持つことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:54|PermalinkComments(0)

2018年02月08日

自分を磨く働き方

本日は安田佳生 氏の
自分を磨く働き方
です。
自分を磨く働き方

著者が設立した人事コンサルティング会社
「ワイキューブ」は社員を大切にする
斬新な試みで世間から注目を浴びるものの
2011年に民事再生、著者も自己破産します。

破産した後、著者は働く意味も意欲も
完全に失ってしまいました。

一時は過去を引きずり、他人を妬み、
社会を否定しながら生きてきたそうです。

しかし、数年の試行錯誤のうちに、
働くことの本当の意味が見えたといいます。

結論はお金や人に媚びず、会社や常識にも縛られず、
好きな人と好きなことをやって生きていく
というものです。

ここだけ読むと、ありがちと思われるかもしれません。
しかし、本書はその思考に至るまでの過程が
著者の体験も交えて、丁寧に書かれており
共感しやすいものになっていました。

著者の世界は甘いとか、理想的過ぎると
感じる方もいるかもしれませんが、
世界は確実にこちらの方向に動いています。

ロボットやAIが発展すると、
人間のやるべき仕事はこの本のように
変わっていくことでしょう。


個人的には、
好き嫌いという生理的メカニズムは、
人間が生まれ持った高性能なセンサーである、
という部分が特に印象的でした。

就職や転職など、キャリアの境目に
いる人にお勧めの一冊です。
本書があるべき働き方を示してくれるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:04|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと

本日は漆紫穂子 氏の
働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと
です。
働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと

本書は品川女子学院の理事長・校長である著者が
女性が28歳までにつけたいことを説いたものです。

なぜ、28歳かというと、女性は出産年齢があるため、
この時からワークライフバランスを真剣に
考える必要があるから、ということです。

実際、著者の学校では「28プロジェクト」として、
28歳の未来から、逆算できるような活動を行っています。


私は娘がいるため読んでみようと思ったのですが、
いざ中身を開いてみると、大半が自分にも参考になるものでした。
自己啓発書としては王道を行っている本です。

ただし、事例が著者やその教え子、友人のものなので、
女性にとって共感しやすいものだと思います。

私は男ですが、女性はこんなことを感じているのか、
ということがわかり、とても興味深かったです。


個人的には、
「幸せな人生」と「意味ある人生」の部分が
特に印象に残りました。


若い女性はもちろん、学生の娘を持つ父親にお勧めの一冊です。
子供が進路に迷ったとき、少しはためになるアドバイスが
できるようになることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:30|PermalinkComments(0)

2017年12月08日

己を、奮い立たせる言葉。

本日は岸勇希 氏の
己を、奮い立たせる言葉。
です。
己を、奮い立たせる言葉。 (NewsPicks Book)

本書の著者は電通に入社し、クリエイターとして活躍。
広告界にコミュニケーション・デザインという
新しい概念を提唱しました。

そして、その後も活躍を続け、
電通史上、最年少で、クリエイティブ最高位に
出世されたという実績を持っています。

「自分の勝ち」にこだわるだけでなく、
「相手の負け」を確認せよ、という著者は、
競合プレゼンに負けたことがないそうです。

もちろん、その内容は厳しいものになります。
しかし、このレベルで仕事をしないと、
一流になることはできないのです。

本書は著者がTwitterにつぶやいた言葉をまとめたものです。
一流の人間がどのような意識で仕事をしているか、
知ることができる一冊と言えるでしょう。


個人的には、
プレゼンは、正しさを競うが場所ではない。
みんなが乗れる夢やワクワクを共有し、
共感してもらう場所だ。
というところが一番印象に残りました。

クリエイティブに限らず、
モノを造る仕事をしている方にお勧めの一冊です。
仕事に全力をぶつけるための考え方を
一流のクリエイターから学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:39|PermalinkComments(0)

2017年11月25日

もしアキバのメイドが成功法則を学んだら

本日は水谷俊雄氏の
もしアキバのメイドが成功法則を学んだら
です。
もしアキバのメイドが成功法則を学んだら

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。

本書はビジネス書100冊のエッセンスを
マンガで勉強しよう、というコンセプトの1冊です。

例えば、「7つの習慣」や「思考を現実化する」など、
自己啓発書は読めばそれなりの効果はあります。
でも、問題は読むのが大変だということです。
特に本に慣れていない人には難しいでしょう。

そこで本書の登場です。
本書では、ビジネス書のエッセンスだけを
マンガでさらっと勉強できます。

ストーリーはベタではありますが、
物語の黄金律に従って作られており、
飽きずに楽しめました。


分厚い本を一冊読んでも、残るのはほんの数語だったりします。
もちろん、その数語に高い価値があるわけです。

そんな結晶のような言葉をマンガで浴びるように
読めるという点でバリューの高い一冊です。

もちろん、ただ流しただけでは定着度が低いので、
「これは」という言葉に出会えたら、
原書を読まれることをお勧めします。


普段本を読んでいないけれど、成功本を読みたいな、
と思った方にお勧めです。
最初の入りとして、これほどハードルの低い本はないでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 11:43|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

残酷すぎる成功法則

本日はエリック・バーカー氏の
残酷すぎる成功法則
です。
残酷すぎる成功法則

いわゆる成功本というものには
いくつかの定番の格言があります。

人には先に与えることだ、
何事も肯定的に考えるべきだ、
成功するまであきらめなければ失敗はない、
仕事だけでなく家庭に目をむけるべきだ、
などがこれにあたるでしょう。

成功者がこれほどまで口を揃えることなので、
真理なのは確かなのでしょう。

しかし、最近の自己啓発本には、
これ以外の流行があったり、
定番をあえて否定するものがあったりします。

例えば、ハードワーカーを勧めるものもあり、
逆にワークライフバランスを勧めるもののあり、
結局のところ、どちらなのでしょう。

それらの本を読んでみると、
両方筋は通っているので、余計やっかいです。


本当のところ、どうすれば成功できるのでしょうか?
本書は世の中にある成功法則を、
科学的なエビデンスから検証します。

相反する主張は、多くの場合、条件の問題で、
こんな時はこちら、あんなときはあちら、
というのが真実であることが多いです。

しかし、自己啓発書は一般的に
ひとつのポジションで書かれることが多いので、
その条件に関して、詳しく書いていないことも多いのです。

もしかしたら、自分がやっていることが間違いと気づき、
唖然とすることもあるかもしれません。
でも、いま気づけば、まだ挽回可能です。


「ありがとうと伝える」が科学的に必要な理由、
燃え尽き症候群の知られざる原因、
結局のところ、いつ諦めていつ続ければいい、
など、面白そうなトピックスが満載です。

個人的には、
WOOP(Wish, Outcome, Obstacle,Plan)という
枠組みが一番印象的でした。
この方法を使えば、ある課題に対して自分が取り組むべきか、
諦めてしまった方が良いのかが分かるのです。


自己啓発書をある程度読んでいる人には
必読の一冊だと思います。
成功法則を科学的に検証することにより、
結局、何をすれば良いのか見えてくることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:16|PermalinkComments(0)

2017年11月03日

裸の錬金術師

本日は大成信一朗 氏の
裸の錬金術師
です。
裸の錬金術師〜今すぐ人生を大逆転させる魔法の言葉81〜

本書は出版社の方よりご献本頂きました。
サンライズ出版さま、ありがとうございました。


この本はとび職やニート、トラックドライバー、
ケーブルテレビの営業マン、声優養成スクールなど、
さまざまな経歴を経て、現在は起業、
マーケティング、ウェブプロモーションの分野で
1億円以上の金額を稼ぎだすという著者による一冊です。

著者は、若く、ウェブの分野で
起業したということもあって、
著書も今風なのかな、と考えました。

でも、日々感じたことや思ったことを
コラムとしてメモに書き留めていたものを
まとめたという本書は、
とても正統な自己啓発本と感じました。

本当に正統な言葉というものは、
いつでも、だれでも、普遍のものなのです。


個人的には、
器がでかくなると憂鬱になる
という言葉が心に残りました。

今、うまくいっていないという若い人に
お勧めの一冊です。
うつ状態になりながら復活を遂げた、
著者の言葉に勇気をもらえることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:54|PermalinkComments(0)