⇒ 自己啓発

2016年01月24日

成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く

本日はマルコ社の
成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く
です。
成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く

本書は出版社よりご献本いただきました。
マルコ社様ありがとうございました。


古くは、松下電器の松下幸之助やホンダの本田宗一郎、
ソニーの盛田昭夫や井深大。
最近ではソフトバンクの孫氏やユニクロの柳井氏など
世の中に名経営者と言われる人はたくさんいます。

経営者を志す人にとって、目標とすべき人達なのですが、
これらの人には、単純に勉強や経験でえら得れるものを超えた
センスが備わっていることを認めざるを得ません。

本書では、細かい方法論ではなく、
そんな名経営者のセンスに着目します。

方法は、経営者の名言を抜き出し、
その奥にある思想を著者が解説します。

確かに天性の部分が大きいのも事実ですが、
そのセンスを磨くことも不可能ではないのです。


個人的にはジョブズが2002年にiPadの開発を終えていたのに、
時代の先を行き過ぎていると考えて、
8年も製品化しなかったという話が印象的でした。



将来、独立を考えている人にお勧めの一冊です。
サラリーマンでは身につきにくい、経営者のセンスを
知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月18日

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

本日は 旺季志ずか氏の
臆病な僕でも勇者になれた七つの教え
です。
臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

本書は知人の評価がとても高かったので購入しました。


著者は『女帝』『特命係長 只野仁』
『ストロベリーナイト』『カラマーゾフの兄弟』などの
テレビドラマの脚本を手がけられた人気脚本家です。

本書の内容は自己啓発の小説で、
青い髪に生まれた臆病な少年が冒険を通じて
大きく成長していくストーリです。

というと、ありがちにも聞こえるのですが、
主人公のキラ、ライバルのリク、アドバイスをくれる老師(ラオシー)と
キャラが立っていて、またストーリも良くできていて、
単純に小説として楽しめました。

途中で登場するエリカという少女の正体、
主人公の父はどこに行ったのかなど、
ある意味ベタでもあるのですが、
それだからこそ引き込まれるものがありました。

また、自己啓発書としてもあらためて学ぶことも多く、
特に、嫉妬の箇所は心を打たれました。


高校生や大学生の男子に読んでもらいたい一冊です。
人生に立ち向かう勇気をもらえることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月26日

どんな時でも道は開ける

本日は青木 忠史氏の
どんな時でも道は開ける
です。
どんな時でも道は開ける〜あなたの悩みが自信に変わる人生相談40〜

本書は出版社よりご献本いただきました。
カシオペア出版様、ありがとうございました。


本書の著者は警察官を経て、運送業、サービス業などを経験、
最終的に実業家、経営コンサルタントとして
成功されたという異色の経歴の持ち主です。

著者は、警察官をやめた後、ホームレスに近い生活もします。
そんな中で、体を張って、人生の成功法則を学んでいくのです。

自己啓発の本としては普通の内容でしたが、
警察官での体験や野宿しながらの徒歩での旅行など、
著者ならではの体験が大変興味深かったです。


個人的には凶悪な事件現場を見ながらも、
著者が「犯人は『悪い人』とは限らない」ということが印象的でした。



大学生や入社数年のビジネスパーソンなど
若い人に一読して欲しい内容です。
著者が回り道をしながら得た人生の指針を
得ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月07日

モチベーションアップAtoZ

本日は原田陽平氏の
モチベーションアップAtoZ
です。
モチベーションアップAtoZ

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
カシオペア出版様、ありがとうございました。

本書は、学歴なし(中卒)、借金数百万とドン底の状況から、
携帯アフィリエイトで月200万を稼ぐという成功を収め、
現在はコンサルティング会社の社長として、
年収1億円を稼ぐ、原田によるモチベーションアップの本です。


著者の最初のモチベーションはドン底から、
「見返してやりたい」というものだったといいます。

しかし、その後大きな成功を収め、目的を達成した後、
精神的なストレスや人間関係の破壊に苦しんだそうです。

そんな、成功の光も闇も知る著者が、
きれいごとだけではない「やる気」の出し方を説きます。


個人的には
大きなことをする方が、小さなことをするより簡単だ。
という一文が心に残りました。


大学生など、若い人に読んでもらいたい一冊です。
読みやすい構成の中にも、著者の燃える心を
感じることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月29日

一流の男になる 松平家の教え

本日は松平 洋史子 氏の
一流の男になる 松平家の教え
です。
一流の男になる 松平家の教え

本書は土井英司氏のビジネスブックマラソンで紹介されており、
興味をもって購入しました。


本書の著者は、水戸徳川家の流れを汲む、讃岐国高松藩松平家の
末裔である松平洋史子氏です。

書いてあること自体は、普通の自己啓発書とそれほど違いはないのですが、
本書はなぜか、響き方が違います。

つまり、血筋に宿る品格というものが、文章からにじみ出てきて
読者の心をつかむのです。

特に、著者の記憶に存在するお父様の振る舞いには
強く心を打たれました。

他人に、常に凛とした自分を見せることは、単なる自己満足ではなく
他者への思いやりでもあるのです。

さらに、自分に流れている血、つまり先祖に対する
尊敬の念という意味もあるのでしょうね。


個人的には、一流のものに触れるというくだりが
印象に残りました。


マナーや作法を学ぶ時に読んでおきたい一冊です。
表面的な型に宿っている心を知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月22日

自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考

本日は池田哲平氏の
自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考
です。
自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考

本書は私に英語やグローバルのキャリアについて教えてくれた先生
池田哲平さんの著書ということで、迷わず購入しました。


私もそうでしたが、
クオリフィケーション(Qualification)という言葉には、
恐らくピンとこない人が多いのではないでしょうか?

しかし、その人は外資系企業を知らない人だと思います。

Qualificationとは英文の履歴書に必ずある項目で、
本人の資質や能力、適正、資格などを表す言葉なのです。

そして、外資企業に入社し、成果をあげていくポイントこそが
著者のとく、クオリフィケーション思考です。


これだけグローバル化している社会ですから、
日本に住んでいても、外資系企業が身近になってきています。

しかし、違う慣習で生きている人達が創立した組織ですから、
ものの考え方に色々な違いがあるのも事実なのです。

また、その中でもクリティカルなことが明文化されておらず、
知らず知らずの内に、評価を下げられる原因に
なったりするところが非常に厄介です。

本書には、外資系企業で生きるため、した方が良いこと、
逆にしてはならないことが、余すことなく紹介されていて
とても参考になりました。


個人的には、女性にワインを注がせてはいけない、
という話が特に印象に残りました。

私は日本企業に勤めていますが、
タブーになりえる行動は控えておいた方が良いですね。


外資系企業に転職しようとする人に特にお勧めの一冊です。
グローバル企業の明文化されていないルールを学ぶことにより、
活躍の機会がふえることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月05日

残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト

本日は俣野 成敏氏の
残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト
です。
残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト (角川フォレスタ)

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書はプロフェッショナルサラリーマンの著者による
サラリーマンがやめるべきことを集めた一冊です。


世の中には、サラリーマン的な思考回路というものが
存在しています。

ただ、その中には
「そんなことを続けてもキャリア形成にとって何の意味もない」
無駄なこともたくさんあります。

さらに、そのような良くない習慣というものは、
逆にサラリーマン社会で奨励されていたりするので
たちが悪いのです。

例えば、同期や昔の友達と必要以上に飲みに行くこと、
上司に気に入られようと無理な努力をすること、
貯金を増やすだけのために積立貯金をすることなど、
本当に成功するためにはやめなくてはいけない習慣もあります。


やるべきことを決めるのはある意味簡単なことです。
しかし、そのためには何かをやめなくてはなりません。
やめることを決めるのは簡単なことではありません。

この本は、悪い習慣を断ち切るための一冊になるでしょう。


個人的には、自分が大きな目標を達成したときに、
抜け目なく、次の目標のためのリソースを集めることが大事、
という箇所が印象に残りました。


伸び悩みを感じている中堅サラリーマンにお勧めの一冊です。
良くない習慣を絶ち切って、
次の飛躍につなげるきっかけとなることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月04日

一流の人は上手にパクる

本日は俣野 成敏氏の
一流の人は上手にパクる
です。
一流の人は上手にパクる――仕事のアイデアがわいてくる大人のカンニング

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書は俣野さんによる「カンニング」の技術です。
とはいえ、カンニングといっても学生がテストでする不正ではなく、
大人がビジネスのアイデアを得るためのカンニングなのです。


ビジネスのアイデアは同じ業界ではなく他業種に眠っています。
例えば、自動車業界がホテル業界に学ぶ、
電気業界が小売業界に学ぶといったことです。

ただ、業界が違うので、情報収集、分析、応用に
ちょっとしたコツのようなものがあります。

そのコツを教えてくれるのがこの一冊です。

実例が多く、著者のようなビジネスセンスに優れた方の
発想のコツを学ぶことができます。


個人的には、著者が自分の好奇心を99.9%信用していない、
という話が印象に残りました。

つまり、自分の興味のままに行動していると、
自分が好きなものの情報しか入ってこないわけです。

それでは有益な情報を逃してしまうので、
著者は自分が興味がなくても、話題になることは体験する
という仕組みを作って、実践しているのです。


アイデアの出し方で悩んでいる若手社員にお勧めの一冊です。
どんどんアイデアが出せる人の思考回路を
学ぶことができるでしょう。




続きを読む

engineer_takafumi at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月03日

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

本日は小川 晋平氏、俣野 成敏氏の
一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?
です。
一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました


本書の共著者の小川さんは29歳ですでに9社を経営しているという
卓越した実績を持つ若手経営者で、俣野さんの評では
「自己管理を語らせたら右に出るものがいない」ということです。

これだけの実績を短期間に出すためには、
ムダを極力排除し、効果の高い仕事に集中しなくてはなりません。

本書は、それを実現してきた著者の「習慣」の本です。


例えば、朝四時に起きる、といった事柄は
ハードルが高く感じるかもしれません。

ただ、それを「習慣」に落とし込んでしまえば、
無理なく続けられ、大きな成果を得ることができます。

この本では習慣の中身だけでなく、生活に落とし込む知恵まで
紹介されているところが、とても参考になりました。


個人的には、家でダラダラとする時間を無くすために、
テレビとソファとベッドを捨てたという話が印象に残りました。


20代の若手ビジネスマンにお勧めの一冊です。
今の職場にメンターがいなくとも、少し先輩である著者から、
成果を出せる習慣を学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月02日

一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?

本日は中井 信之氏、俣野 成敏氏の
一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?
です。
一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すイメージ戦略~


本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。

著者は俣野さんとポージングディレクターの中井さんの共著です。

ポージングディレクターと聞いてもピンとこないかもしれませんが、
ポーズの振る舞い、つまり立ち振る舞いを指導する方です。


本書はそんな著者が、ビジネスマンの立ち振る舞いについて
語った一冊です。

立ち方、表情のコントロールの仕方から、言葉づかいや服装まで
ビジネスマンの見た目の全てについて書かれています。

「外見より中身だ」と良く言われますが、
外見はいちばん目につきやすい内面ともいえます。

また、本書のタイトルのように、一流の人は見た目にこだわる
ということもあり、ビジネスマンにも外見への投資は必要不可欠なのです。


本書は非常に実践的にかかれており、
立ち振る舞いのマニュアルのように使える構成になっていて便利です。

個人的には、美しい立ち方に興味を持ちました。
本書に書かれているトレーニングを通じて、
正しく、美しく立てるようになりたいと思います。


ビジネスマンであれば、一冊手元においておきたい一冊です。
いざというとき、服装や立ち振る舞いのチェックに使えるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月01日

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?

本日は上野 啓樹氏、俣野 成敏氏の
一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?
です。
一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書はコンディションを整える方法、
つまり仕事で100%の力を出せるよう体調を整える方法
について書かれています。

とはいえ、内容の大半は食べ物の話になっていて
人のコンディションとは食べ物で作られる、
という著者の考えが強く反映されています。


食生活については、何を食べるのか、ということはもちろんですが、
著者はとにかく現代人は食べ過ぎだ、と言います。

3食規則正しく食べろとか一日30品目食べろとか言いますが、
人間の身体にとって、これは明らかに食べすぎなのです。

食べすぎが良くない理由のひとつは、
「消化」は皆が考えている以上に身体に負担がかかっていて、
実は、人間の活動の中で最もエネルギーを使う行為なのです。

3食しっかり食べて、常に消化器を働かせていること自体が、
コンディションを悪化させる原因になってしまうのです。


著者は「何を食べるか」より「食べるか食べないか」
つまり、食べないという選択肢を持ちなさい、と説きます。

確かに、満腹時より空腹時の方が頭が良く働きますし、
食べ過ぎた次の日は、身体が重いことは実感しています。


フルーツを使ったデトックスは少しハードルが高いですが、
間食などに少しずつ著者のお勧めを取り入れていければ、
と思いました。


胃が重いと感じているビジネスマンにお勧めの一冊です。
食生活を見直し、ベストコンディションを維持するための
知恵を得ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月30日

100%楽しく働く1%のサラリーマン

本日は俣野 成敏氏の
100%楽しく働く1%のサラリーマン
です。
100%楽しく働く1%のサラリーマン: 「これから伸びていく人」の考え方 (単行本)

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


この本のテーマは「楽しく働く」ということです。

楽しく働くにはどうすればいいでしょうか。
やりがいのある仕事が担当できれば良いでしょうか?
それとも、理解のある上司に恵まれればよいでしょうか?

でも、それらは他力本願です。
実は、環境が変わらずとも、自分の意識を変えることにより
同じ仕事を楽しく変えることができるのです。

コツは一つ高い視点でものごとを見るようにすることです。
今までは上司と自分という関係だったものを、
会社と自分、日本と自分、世界と自分という風に変えていく。

また、自分ではなく、相手を喜ばすことに集中することで、
仕事のやりがいというものも増えていくのです。


著者はこれからの時代に必要なのは
「好奇心、楽観性、決断力」といいます。

つまり、新しい行動を起こすために必要なものです。
好奇心から興味を持つ、楽観して挑戦を決断する、
ということですね。

これからの混沌とした時代では、サラリーマンであっても
いかに新しいことにチャレンジできるかが、
人生を良くする上で大事なのでしょうね。


仕事で新しいことにチャレンジしたいけど、物怖じしてしまう、
というサラリーマンにお勧めの一冊です。
変なプライドさえ捨てれば、実は失敗しても
大したことはないのです。
そのための気の持ち方を教わることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月29日

入社3年目までに知っておきたい プロフェッショナルの教科書

本日は俣野 成敏氏の
入社3年目までに知っておきたい プロフェッショナルの教科書
です。
入社3年目までに知っておきたい プロフェッショナルの教科書

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


この本は著者の俣野さんが、
実在する25歳のサラリーマンに向けて書いた本です。

「若いうちはがむしゃらに」と良く言われますが、
特に若いうちは、方向が定まっていないので、
いくら努力しても、前に進めないことがあります。

その正しい努力の方向を指し示してくれるのが本書です。


なんといっても本書で大事だと思うのは、
「仕事は楽しいものである」という認識です。

仕事は苦行であり、だからお金がもらえる、
という信条を持っている人も多いのですが、
その意識では、仕事を楽しんでいる人には
勝つことができないのです。


他にも上司との付き合い方、自分の強みの伸ばし方など
押さえるべきポイントが満載です。

この本でも、守破離の話が出てきますが、
この本をちゃんと守れば、はるかに早くサラリーマンとして
成長できるのではないでしょうか。


若手サラリーマンはもちろん、
新人を指導することになった人にもお勧めの一冊です。
どういう心構えを説くべきなのか、良いお手本になるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月28日

プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編

本日は俣野 成敏氏の
プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編
です。
プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書は「プロフェッショナルサラリーマン」のQ&A編で、
著者が「PRESIDENT Online」に連載していた、
読者の悩みに応えるQ&Aのコーナーを
一冊の本にまとめたものです。

理論的なことは「プロフェッショナルサラリーマン」に
書いてあるのですが、実際にそれを自分の業務に落とし込む
ところにはギャップがあります。

そのギャップを埋めるために、上司や仕事といった
身近なサラリーマンの悩みに著者が答えます。


もちろん、悩みを相談するサラリーマンという立場で
読んでも良いのですが、一段上のどうアドバイスするか
という視点で呼んでみるのも面白いと思います。

その視点は自分が管理職になった時に、
必ず役に立つことでしょう。


また、本書には「島耕作」の弘兼さんと著者との対談が入っています。
サラリーマンという同じテーマを追いかける二人のお話は
とても興味深かったです。


「プロフェッショナルサラリーマン」を読んだ方にお勧めの一冊です。
理論と具体的な悩みを結ぶ、手助けになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月27日

図解 プロフェッショナルサラリーマン

本日は俣野 成敏氏の
図解 プロフェッショナルサラリーマン
です。
図解 プロフェッショナルサラリーマン

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書は「プロフェッショナルサラリーマン」の図解版で
基本的に書かれている内容は同じになります。

ですので、内容よりも作り込みに注目した一冊でした。


文字数は大幅に少なくなる中で、図やキーフレーズを
巧みに使いながら、単行本と同じことを表現する
工夫が随所に見られました。

最近、コンビニなどでこの手の図解本をよく見かけますが、
本編よりもグレードダウンしたものだという偏見を
打ち破られました。

良い悪いではなく、世の中には活字を好まない人もいるので
そんなサラリーマンには本書が有効だなと感じました。


私が単行本を十分理解できていなかっただけかもしれませんが、
単行本を読んだ後でも、いくつかの新しい気づきがありました。

これも、形態の違う本を読むときのメリットですね。



本を読むのが嫌いなサラリーマンにもお勧めの一冊です。
プロフェッショナルサラリーマンになるための
エッセンスをつかむことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)