⇒ 自己啓発

2016年09月10日

チェンジ

本日は金川顕教氏の
チェンジ
です。
チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! 〜

本書は出版社より、ご献本頂きました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。


本書の著者は、高校での偏差値が35から、
2浪して立命館大学に入学。
その後、猛勉強して公認会計士試験に在学中に合格。

努力のかいあって、世界一の会計事務所
デトロイト・トウシュ・トーマツへ就職し、
約束されたエリートの道が開けたのにも関わらず、
独立起業のため退社。

その後、事業にも成功して、お金と時間の自由を手に入れた
という、山あり谷ありの経歴の持ち主です。


本書のタイトルは「チェンジ」で、この本を通してのメッセージ
「人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」
ということにつながっています。

両親の離婚とその後の家庭の不和、
大学受験の失敗など、ピンチの連続でしたが、
著者はそのたびに、ピンチを乗り越えて
さらに大きな成功に結び付けます。

著者はまだ若いので、これからも失敗することもあるでしょう。
しかし、またその失敗さえも糧にして、
次の成功に繋げていくタフさを持っています。

自分もこのようにありたいものだと、強く思いました。


個人的には、1浪目の大学受験に失敗した時、
ぼったくりのお店に入ってしまい、大変な目に会うのですが、
それが一つの転機となって、成功につながった、
という話が印象に残りました。


自分は不幸だと思っている若い人にお勧めの一冊です。
ピンチをきちんと乗り切ることができれば、
その後にはチャンスがあると、勇気をもらえることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

ダラダラ気分を一瞬で変える小さな習慣

本日は大平信孝氏、大平朝子氏の
ダラダラ気分を一瞬で変える小さな習慣
です。
ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣 (Sanctuary books)

僕はダラダラしがちで何とかしたいと思っていたので、
本書の「ダラダラ気分を一瞬で変える」というコピーに
ひかれて購入しました。


「ダラダラ気分を一瞬で変える」方法はルーティンです。
つまり、指差し確認、ドリンクタイムといった
仕事をする前の儀式のようなものを作り出し、
それをすると、仕事モードへ切り替わる
という意識付けをするというものです。

バカバカしいと思うかもしれませんが、
この効果は絶大です。

例えば、本書でも電車の運転手がする
指差し確認が取り上げられています。
これは単に「確認する」だと、見落としも起きるところが、
指を指すことによって、ミスが激減するのです。


また、何となくやる気が起きない、ダラダラしてしまう
といったことは、ほとんどが気分の問題です。

真面目な人ほど、根性で何とかしようとしますが、
気分というのは、人間の本質的な問題で、
それを力ずくで変える事は難しいのです。

本書は自分の気分に真正面からは逆らわず、
矛先を変えて、プラスのエネルギーに変えるような
方法が紹介されています。

成果を出し続けるためには、自分の気分を知って、
それを活かす行動をすることが大事なのです。


ルーティンというものは人によって異なるものだと思います。
この本を読んで気になるものを数個ためしてみて、
自分なりに成果が出やすいように変えていく、
というのが、この本のうまい使い方なのでしょう。


僕のように、仕事や勉強を始めるけれども、
ネットや本にハマり、なかなか集中できない…
という人にお勧めの一冊です。
仕事モードに切り替えるルーティンを得られるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

「君主論」55の教え

本日は渡部 昇一 氏の
「君主論」55の教え
です。
「君主論」55の教え (知的生きかた文庫)

本書は古典の名著とは言われていますが、なかなか読解が難しい
「君主論」の解説書として興味を持って購入しました。


私も君主論を読んだことはあるのですが、
当時の歴史や文化についてかなりの知識を要求されるので、
正直、消化不良というのが現状でした。

本書では過度に簡略化することなく君主論を編集し、
要点がわかりやすく示されているので、
エッセンスが頭に入ってきやすくなっています。


「皆殺し」を説くなど、かなりどぎついことも書いていますが、
リーダーは狡猾さも持つ必要があるのです。

そうしないと、部下を守ることもできません。
現代にも通じる普遍的な教えがここにあります。


君主論を読んでみたけれど、挫折した、
という方にお薦めの一冊です。
本書により、戦略やリーダー論としての「君主論」を
手早く学ぶことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる

本日は横田真由子 氏の
本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる
です。
本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる

本書は知人である横田さんの初の著書ということで、
興味を持って購入しました。

著者の横田さんはグッチの販売員として、
顧客獲得数No1となり、3年で店長に昇格したという
経歴の持ち主です。

グッチですから、当然VIPや有名人が顧客となり、
そんな人達の心をつかんできたわけです。


そんな著者は、VIPやセレブほど、
ひとつのものを大切に使うという姿勢(ミニマムリッチ)
を持っているといいます。

著者も昔はそうだったといいますが、
若いデキル女性というものは、
モノも仕事も抱えがちなものです。

しかし、本当のセレブに学んだ
ミニマムリッチの考え方こそ、
本当の成功をもたらしてくれるのです。

本書ではその考え方を「小さなバッグ」に象徴させて
著者の豊富な体験を織り交ぜながら、説いてくれます。


女性向けではありますが、
理系男の私にも響くところがたくさんありました。

特に、正装とは「着回しができないこと」
という考え方が心に残りました。


仕事を頑張る30歳前後の女性に一読して欲しい一冊です。
集めることでなく、選ぶことの重要性を学べるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月05日

秘密のアキラさん

本日は川邊明 氏の
秘密のアキラさん
です。
秘密のアキラさん

本書は出版社よりご献本いただきました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。


本書は極貧の少年時代を送り、社会に出てから、
借金を重ねて、闇金に追われることもありながらも、
株式投資と黎明期のネット情報ビジネスで成功、
という経歴を持つ著者の一冊です。


若い貧乏な時代から、這い上がった話。
そして、成功を手にした後の哲学など、
著者の人生の教えがつまっています。

第一章が「孤独」で始まっており、
心細くとも、孤独と戦っていくことが、
自分を高めることなのだとの
著者のメッセージを感じました。


著者はバブル時代を経験している人なので、
正直言うと、私とは感覚が違うところが多いです。

個人的にバブル的な価値観は大嫌いなので…。

ただ、この本を読んでいると、
ただ単に「バブル=悪」というだけではなく、
プラスの要素もあるのだな、と感じました。

例えば、「生活レベルを落とせない」いう感情は、
自由の妨げになるだけではなく、
それだから頑張れる、という側面もあるのだな
と思いました。


カネ持ちになりたい、という強い思いを持っている
若い人にお勧めの一冊です。
成功するとはどういうことなのか、
具体的にイメージすることができるようになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月28日

メモで未来を変える技術

本日は小野正誉氏の
メモで未来を変える技術
です。
メモで未来を変える技術

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
サンライズパブリッシング様、ありがとうございました。


本書はメモに実現したいことを書くことにより
夢を実現するという本です。

類書は多いですが、本書の特徴はこれでもか、というくらい
始めることへの抵抗を取り除いたことにあると思います。

「投資額はたった100円」「こまぎれの5分で書く」など
始めることの障壁を低くする方法から、
「夢に日付はいれない」「書けない時は書かない」など
途中で挫折しないためのコツなど、
具体的なノウハウが詰まっています。

夢は書けば叶う、ということは、
色々な本で書かれていますので、それは真実でしょう。

本書はそれを始めるため、続けるための本です。


個人的には、「夢には期限は設けない」という
主張とその理由が心に残りました。


新年度をむかえ、何か新しいことをはじめてみたい、
という方にお勧めの一冊です。
簡単に読めて、取り組める内容でありながら、
確実に未来を変えてくれることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月19日

自分の小さな「箱」から脱出する方法

本日はアービンジャー インスティチュート氏の
自分の小さな「箱」から脱出する方法
です。
自分の小さな「箱」から脱出する方法

本書はラグビーの五郎丸選手が紹介ということで
興味を持って購入しました。


本書は20万部を突破している自己啓発の名著です。

人間関係に悩む人は多いことでしょう。
本書では、その原因は自分が作っている
「箱」にあるといいます。

物語は、ある会社員が上司から呼び出され
「君には問題がある」と宣言されることから始まります。

そこから、自分の「箱」の壊し方を教わるという話で
スラスラと読み進めることができます。


自己啓発本ではありますが、原著がアメリカの本で
とても論理的に書かれています。

人間関係も理屈で理解したいと言う人には
特に相性のいい一冊となるでしょう。

個人的には「自分への裏切り」という考え方が
心に残りました。
自分の感情に背くと、相手を非難せざるを得なく
なってしまうのですね。


特に、部下を持っている人で、
人間関係に悩んでいる人にお勧めです。
自分のしていることの何がダメなのか
はっきりさせてくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月06日

誤努力 やりたいことの探し方

本日は中井 淳夫氏の
誤努力 やりたいことの探し方
です。
誤努力 やりたいことの探し方 (SCC books)

本書は出版社の方からご献本いただきました。
SCC様、ありがとうございました。


「やりたいこと」をやりなさい。

自己啓発本などで、よく言われることですが、
これは決して簡単なことではありません。

「自分のやりたいこと」は本来自分の中にあるものですが、
それは非常に外部の影響を受けやすいものなのです。

つまり、「自分のやりたいこと」が、意識しないうちに
「他人がかっこいいと思うこと」に変わっているのですね。


そこで本書の登場です。
この本は「自分のやりたいこと」を探すための障害を
一つ一つ丁寧に解説して取り除いてくれます。

情報が増えすぎて、捨てるための本が必要ということは
ある意味皮肉なことではありますが、
この本は確かに、邪魔なものを取り除き、
本当に自分がしたいことを探す手助けになってくれるでしょう。


個人的には、
落語の難しさは、「下手にしゃべる」ところにある
という文が心に残りました。


就職活動前の学生に読んでほしい一冊です。
自己分析の助けになってくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月24日

成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く

本日はマルコ社の
成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く
です。
成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く

本書は出版社よりご献本いただきました。
マルコ社様ありがとうございました。


古くは、松下電器の松下幸之助やホンダの本田宗一郎、
ソニーの盛田昭夫や井深大。
最近ではソフトバンクの孫氏やユニクロの柳井氏など
世の中に名経営者と言われる人はたくさんいます。

経営者を志す人にとって、目標とすべき人達なのですが、
これらの人には、単純に勉強や経験でえら得れるものを超えた
センスが備わっていることを認めざるを得ません。

本書では、細かい方法論ではなく、
そんな名経営者のセンスに着目します。

方法は、経営者の名言を抜き出し、
その奥にある思想を著者が解説します。

確かに天性の部分が大きいのも事実ですが、
そのセンスを磨くことも不可能ではないのです。


個人的にはジョブズが2002年にiPadの開発を終えていたのに、
時代の先を行き過ぎていると考えて、
8年も製品化しなかったという話が印象的でした。



将来、独立を考えている人にお勧めの一冊です。
サラリーマンでは身につきにくい、経営者のセンスを
知ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月18日

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

本日は 旺季志ずか氏の
臆病な僕でも勇者になれた七つの教え
です。
臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

本書は知人の評価がとても高かったので購入しました。


著者は『女帝』『特命係長 只野仁』
『ストロベリーナイト』『カラマーゾフの兄弟』などの
テレビドラマの脚本を手がけられた人気脚本家です。

本書の内容は自己啓発の小説で、
青い髪に生まれた臆病な少年が冒険を通じて
大きく成長していくストーリです。

というと、ありがちにも聞こえるのですが、
主人公のキラ、ライバルのリク、アドバイスをくれる老師(ラオシー)と
キャラが立っていて、またストーリも良くできていて、
単純に小説として楽しめました。

途中で登場するエリカという少女の正体、
主人公の父はどこに行ったのかなど、
ある意味ベタでもあるのですが、
それだからこそ引き込まれるものがありました。

また、自己啓発書としてもあらためて学ぶことも多く、
特に、嫉妬の箇所は心を打たれました。


高校生や大学生の男子に読んでもらいたい一冊です。
人生に立ち向かう勇気をもらえることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月26日

どんな時でも道は開ける

本日は青木 忠史氏の
どんな時でも道は開ける
です。
どんな時でも道は開ける〜あなたの悩みが自信に変わる人生相談40〜

本書は出版社よりご献本いただきました。
カシオペア出版様、ありがとうございました。


本書の著者は警察官を経て、運送業、サービス業などを経験、
最終的に実業家、経営コンサルタントとして
成功されたという異色の経歴の持ち主です。

著者は、警察官をやめた後、ホームレスに近い生活もします。
そんな中で、体を張って、人生の成功法則を学んでいくのです。

自己啓発の本としては普通の内容でしたが、
警察官での体験や野宿しながらの徒歩での旅行など、
著者ならではの体験が大変興味深かったです。


個人的には凶悪な事件現場を見ながらも、
著者が「犯人は『悪い人』とは限らない」ということが印象的でした。



大学生や入社数年のビジネスパーソンなど
若い人に一読して欲しい内容です。
著者が回り道をしながら得た人生の指針を
得ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月07日

モチベーションアップAtoZ

本日は原田陽平氏の
モチベーションアップAtoZ
です。
モチベーションアップAtoZ

本書は出版社の方よりご献本いただきました。
カシオペア出版様、ありがとうございました。

本書は、学歴なし(中卒)、借金数百万とドン底の状況から、
携帯アフィリエイトで月200万を稼ぐという成功を収め、
現在はコンサルティング会社の社長として、
年収1億円を稼ぐ、原田によるモチベーションアップの本です。


著者の最初のモチベーションはドン底から、
「見返してやりたい」というものだったといいます。

しかし、その後大きな成功を収め、目的を達成した後、
精神的なストレスや人間関係の破壊に苦しんだそうです。

そんな、成功の光も闇も知る著者が、
きれいごとだけではない「やる気」の出し方を説きます。


個人的には
大きなことをする方が、小さなことをするより簡単だ。
という一文が心に残りました。


大学生など、若い人に読んでもらいたい一冊です。
読みやすい構成の中にも、著者の燃える心を
感じることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月29日

一流の男になる 松平家の教え

本日は松平 洋史子 氏の
一流の男になる 松平家の教え
です。
一流の男になる 松平家の教え

本書は土井英司氏のビジネスブックマラソンで紹介されており、
興味をもって購入しました。


本書の著者は、水戸徳川家の流れを汲む、讃岐国高松藩松平家の
末裔である松平洋史子氏です。

書いてあること自体は、普通の自己啓発書とそれほど違いはないのですが、
本書はなぜか、響き方が違います。

つまり、血筋に宿る品格というものが、文章からにじみ出てきて
読者の心をつかむのです。

特に、著者の記憶に存在するお父様の振る舞いには
強く心を打たれました。

他人に、常に凛とした自分を見せることは、単なる自己満足ではなく
他者への思いやりでもあるのです。

さらに、自分に流れている血、つまり先祖に対する
尊敬の念という意味もあるのでしょうね。


個人的には、一流のものに触れるというくだりが
印象に残りました。


マナーや作法を学ぶ時に読んでおきたい一冊です。
表面的な型に宿っている心を知ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月22日

自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考

本日は池田哲平氏の
自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考
です。
自分の価値を最大化するクオリフィケーション思考

本書は私に英語やグローバルのキャリアについて教えてくれた先生
池田哲平さんの著書ということで、迷わず購入しました。


私もそうでしたが、
クオリフィケーション(Qualification)という言葉には、
恐らくピンとこない人が多いのではないでしょうか?

しかし、その人は外資系企業を知らない人だと思います。

Qualificationとは英文の履歴書に必ずある項目で、
本人の資質や能力、適正、資格などを表す言葉なのです。

そして、外資企業に入社し、成果をあげていくポイントこそが
著者のとく、クオリフィケーション思考です。


これだけグローバル化している社会ですから、
日本に住んでいても、外資系企業が身近になってきています。

しかし、違う慣習で生きている人達が創立した組織ですから、
ものの考え方に色々な違いがあるのも事実なのです。

また、その中でもクリティカルなことが明文化されておらず、
知らず知らずの内に、評価を下げられる原因に
なったりするところが非常に厄介です。

本書には、外資系企業で生きるため、した方が良いこと、
逆にしてはならないことが、余すことなく紹介されていて
とても参考になりました。


個人的には、女性にワインを注がせてはいけない、
という話が特に印象に残りました。

私は日本企業に勤めていますが、
タブーになりえる行動は控えておいた方が良いですね。


外資系企業に転職しようとする人に特にお勧めの一冊です。
グローバル企業の明文化されていないルールを学ぶことにより、
活躍の機会がふえることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月05日

残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト

本日は俣野 成敏氏の
残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト
です。
残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト (角川フォレスタ)

本書は著者である俣野さんの本を全部読んでみたいと思い
購入しました。


本書はプロフェッショナルサラリーマンの著者による
サラリーマンがやめるべきことを集めた一冊です。


世の中には、サラリーマン的な思考回路というものが
存在しています。

ただ、その中には
「そんなことを続けてもキャリア形成にとって何の意味もない」
無駄なこともたくさんあります。

さらに、そのような良くない習慣というものは、
逆にサラリーマン社会で奨励されていたりするので
たちが悪いのです。

例えば、同期や昔の友達と必要以上に飲みに行くこと、
上司に気に入られようと無理な努力をすること、
貯金を増やすだけのために積立貯金をすることなど、
本当に成功するためにはやめなくてはいけない習慣もあります。


やるべきことを決めるのはある意味簡単なことです。
しかし、そのためには何かをやめなくてはなりません。
やめることを決めるのは簡単なことではありません。

この本は、悪い習慣を断ち切るための一冊になるでしょう。


個人的には、自分が大きな目標を達成したときに、
抜け目なく、次の目標のためのリソースを集めることが大事、
という箇所が印象に残りました。


伸び悩みを感じている中堅サラリーマンにお勧めの一冊です。
良くない習慣を絶ち切って、
次の飛躍につなげるきっかけとなることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)