⇒ 経営

2017年04月21日

経営の教科書

本日は新 将命 氏の
経営の教科書
です。
経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目

本書は目次を見て、内容が気になり購入しました。

本書の著者はシェル石油、日本コカ・コーラ、
ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなど
グローバルエクセレントカンパニー6社で
40数年にわたり社長職を3社、副社長職を1社
経験したという、日本人の経営のプロフェッショナルです。

そんな著者が書いた、「経営の教科書」が本書です。

教科書というとおり、基本的で正しいことだけ、
奇をてらったテクニックなどはありません。

・厳しい環境だからこそ、語れる夢があるか
・その夢は、社会にとって役立つものか
・夢を語れるだけでなく、目標にして示せているか
・目標を実行に移せているか
・目標に向かってともに進める社員がいるか
・心の通うコミュニケーションはとれいているか
・バトンを受け継ぐものを育てているか

全て真正面の課題でありますが、
それに実績のある著者が真正面から
答えている力強い本でした。


経営を学びたい上級マネージャにお勧めの一冊です。
時代が変わっても変わることのない、
経営の原理原則を学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

魂の経営

本日は古森 重隆氏の
魂の経営
です。
魂の経営

本書は、「会社を思う気持ちが強い人は伸びる」
という章が気になって、購入しました。

本書は富士フィルムのCEOによる著書です。

デジタルカメラの登場により、
フィルム業界はものすごい縮小を強いられました。

ピーク時は年々、20〜30%の市場が消えていった
と言われています。

その荒波にもまれて、老舗のコダックは
倒産してしまいました。

しかし、その中でも業態の変革に成功して、
今も発展を続けている会社があります。
それが、富士フィルムなのです。

フィルムが絶好調の時期から、
将来を見据えて、新事業へ投資する。
新規事業の立上げでは、スピード感を重視して、
M&Aを積極的に利用する。
研究開発費、人材の教育費は惜しまない。

書いてみると非常にシンプルですが、
実行することは非常に難しいことがわかるでしょう。

そして、それを実行できた理由は、
著者の信念と判断基準にあるのです。

そんな信念や判断基準が学べる一冊でした。

個人的には、
人や会社のために仕事をすることは大きな負荷となる。
そして、その負荷が人を育ててくれる。
という部分が一番印象的でした。

経営をされている方、経営者になりたい方に
特にお勧めの一冊です。
社長に求められるべき素養が明確になるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月03日

GE 世界基準の仕事術

本日は安渕 聖司氏の
GE 世界基準の仕事術
です。
GE 世界基準の仕事術

本書はグローバル企業の人事システムを
知りたくて購入しました。

本のタイトルは「GEの仕事術」となっていますが、
半分以上はリーダーシップや評価、人材育成など、
人事システムに関連する話題になっています。

というのも、GEはワールドワイド企業で
150年近い歴史があるのにも関わらず、
歴代CEOはたった9人。
そして、それが可能になった理由は、
GEのシステマティックな人材育成方法にある、
と聞けば、そこに興味を持たずにはいられません。

本書はGEの日本法人の社長となった著者が
GEの凄さについて語ります。
とはいえ、この著者は50歳を過ぎて、
GEに中途入社しているのです。

それにも関わらず、たくさんのトレーニングを受けて、
ここまでポジションを上げることができたこと自体が、
GEの人材活用術の素晴らしさ、可能性を示しています。

やや、GEの宣伝的になっているのが気になりましたが、
それを差し引いても、GEの人事システムを学べる価値は、
高いと思います。


大企業の人事担当者にお勧めの一冊です。
世界で勝ち続けるエクセレントカンパニーの
リーダー育成、人材登用術を理解できるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月26日

7日で作る 事業計画書

本日は赤羽雄二氏の
7日で作る 事業計画書
です。
7日で作る 事業計画書 CD-ROM付 (アスカビジネス)

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

本書はマッキンゼーにてLGの世界的躍進を支えた後
ブレークスルーパートナー社にて、
大企業の経営改革、人材育成、新事業創出などに
取り組んでおられる著者の起業本です。

いわゆるリーンスタートアップ、すなわち、
仮説を立て、MVP(Minimum Viable Product)を作り、
仮説と検証を超高速で回していく、
という立上げ方法を行う上で、
最初のキーとなる事業計画書を7日で作ろう
というコンセプトです。

7日間というと、短すぎると思うでしょう。
しかし、熱があるうちにさっと書き上げ、
実証のプロセスに移ることが一番大事なのです。

ここで悩んでいると、数ヶ月などすぐです。
それよりも、完成度は低くても、
すぐ実証に移る方が時間の面で有利でしょう。

どれだけ綿密に計画を立てていても、
すぐに想定外の出来事が起こってしまうのです。

本書では、14年間新規事業の立上げをサポート
してきた著者が、第一版の事業計画書として、
押さえるべきポイントを解説してくれます。

まずはこれに沿って計画書を作成していけば、
自分の計画の見落としや弱点にすぐ気づくでしょう。

それから、弱点を潰していけば良いのです。


起業や新規事業の立上げを考えている人には
必読の一冊です。
立上げのスピードを大幅に高めることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月04日

トヨタの強さの秘密

本日は酒井 崇男氏の
トヨタの強さの秘密
です。
トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 (講談社現代新書)

本書は著者の講演を聞き、興味を持って購入しました。

本書の著者は「タレント」の時代
人事・組織コンサルタントの酒井さんです。


本書では、日本の最強企業であるトヨタの強さの秘密に迫ります。

著者は、トヨタの強さは現場のカイゼン力ではなく、
その設計力にあると主張します。

そして、その設計力の秘密はトヨタの主査システムにあるのです。

本書では、その主査の仕組みについて語られます。
主査というスーパーマン中心に開発をまわす、
この仕組みこそ優れたプロダクトを作る原点で、
その主査をどう育てるかが(本書では十分には語られていませんが)
他社がマネのできない競争優位性、ということなのでしょう。

私は競争に完敗してしまった日本の半導体メーカに勤めていますが、
自分の会社とトヨタの何が違うかがおぼろげながらに
分かった気がしました。

個人的には、「組織文化」とは誰を偉いとするかで、
その価値観が製品に強く影響する、
という箇所が心に残りました。


前著と同じで、組織の上に立つ人、大企業で
人事の仕事をする方に、お薦めの一冊です。
優れたプロダクトを生み出すための仕組みが
見えてくることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月13日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

本日は岩崎 夏海氏の
もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
です。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

本書は話題になることは確実と思って購入しました。


本書は「もしドラ」の続編で、今回のテーマは、
ドラッガーの「イノベーションと企業家精神」です。


前作同様、女子マネージャを中心とした高校の野球部にて
どのようにイノベーションを起こすかが描かれます。
ストーリも面白く、キャラが魅力的なので、
どんどん物語に引き込まれていきます。

その中でもイノベーションが学べるわけですから、
一冊で二度美味しいといえるでしょう。


そして今回のテーマは『居場所』になっています。

つまり、企業がマネジメントに成功すると、
不必要な仕事がどんどんなくなっています。

ということは、仕事(=居場所)を失う人たちが
たくさん出て来るわけです。

この観点からは、ドラッガーのマネジメントの教えは
必ずしもみんなを幸せにするわけではない
ということになります。

そこで、ドラッガーはイノベーションが必要と説くのです。
イノベーションにより、新しい役割が作られて、
人々に新しい『居場所』を与えることになるのです。


本書では、物語の中盤で居場所を失ってしまう人物がいます。
その居場所を取り戻すということが、物語の主軸です。

最近企業はリストラばかりしているイメージですので、
イノベーションにより、従業員の新しい居場所を
作って欲しいものだと思います。


「もしドラ」を読んで面白いと思った人には、
ぜひ読んで欲しい一冊だと思います。
前作と同じくらいの驚きと感動が得られるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月19日

取締役会の仕事

本日はラム・チャラン氏の
取締役会の仕事
です。
取締役会の仕事

本書は書評メルマガで紹介されており、
興味を持って購入しました。


経営書といえば、通常CEOに焦点が当たるものですが、
本書は「取締役会」に光を当てています。

業務執行の最高責任者はCEOですので、
取締役会はあくまでCEOを支え、チェックする立場です。

ただ、その仕事の線引きは難しく、
取締役会が会社の意思決定にどこまで介入すべきか、
ということは、難しい問題です。

本書では、多数の大企業を見てきた著名経営コンサルタントが
取締役会のあるべき姿を定義します。


IBM、P&G、アップル、フォードと米国の企業を中心に
取締役会が経営に重要な影響を与えた例が
本書の中に多数紹介されており、
そこから抽象化された概念には説得力があります。


個人的にはCEOやその後継者選びに関する
取締役会の役割についての記述が印象的でした。


日本では社長(CEO)と取締役会の役割が
明確に分離されていない会社がほとんどでしょうが、
本書にでてくる海外の例のように、
分離されていく方法に向かうのでしょう。


経営を学びたいという人にはお勧めの一冊です。
取締役会という視点から会社を見ることにより
違うことが見えてくると思います。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月04日

ビジネスモデル・ジェネレーション

本日はアレックス・オスターワルダー 氏の
ビジネスモデル・ジェネレーション
です。
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

本書はセミナーの課題図書になっていたので購入しました。


本書は名前どおりビジネスモデルの本ですが、
伝統的なビジネスモデルの本とは大きく変わっています。

手にとってもらうとすぐにわかりますが、普通のビジネス書のように
チャートや何回な専門用語がならんでおらず。
その代わりに絵や写真が多用されているのです。

そのため、一見すると、ビジネスモデルの本というより
アートやデザインの本にさえ見えます。

ただ、本来ビジネスというものはそうあるべきなのでしょう。
商売をするのに、商品がどんなものであれ、
お客の心をワクワクさせることは一番大事なはずです。


ビジネスマンたちは、ただデザイナーのことを
理解すればよいのではない。
自らデザイナーになる必要があるのです。


この本を読んで一番心に残った一文です。

これからは理論は当然のこととして、
いかに感性を磨くかが、ビジネスのポイントに
なるのかもしれません。

そういう意味で、この本はビジネスモデルの出版において
イノベーションを起こしているといえるのでしょう。


今までのビジネス書が硬すぎて嫌だったという方にお勧めです。
左脳でなく右脳で読めるビジネス本です。



続きを読む

engineer_takafumi at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月15日

イノベーションの収益化

本日は榊原 清則氏の
イノベーションの収益化
です。
イノベーションの収益化―技術経営の課題と分析

本書はセミナーの課題図書になっていたので購入しました。


本書は日本企業が技術はありながら儲けられないという
現実にあるといわれている中、
経営学の教授である著者が、技術開発をどのように
収益に結びつけるか分析した本です。

事例としてキヤノンのプリンターやインテルのMPUが
かなり詳細に取り上げられており、詳しく分析しています。

イノベーションの成功事例として有名な2社ですが、
つまりのところ何が成功だったのかということは、
表面的にしか知られていません。

この本はインテルやキヤノンの成功の本質を突いています。

学術的で少し難しい部分もありますが、
具体的事例が多いので、なんとか読み進められました。


個人的には「統合型企業のジレンマ」という考え方が、
面白いと感じました。


将来、技術経営の担い手を目指す人にはお勧めの一冊です。
技術で収益を出すために何が必要なのか、
おぼろげながらにでも、つかむことができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月11日

経営戦略全史

本日は三谷 宏治氏の
経営戦略全史
です。
経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)


本書はセミナーの課題図書になっていたので購入しました。


本書はビジネススクールの教授である著者が、
様々な経営戦略の理論を歴史的にまとめた一冊です。

普通、経営戦略の本を読むときには、著者のフレームワークに沿って、
いくつかの事例を読み解いていくわけですが、
本書はさまざまな戦略を歴史として紹介します。

歴史が面白い理由は、なんといっても人のドラマが垣間見えることです
本書でも、経営理論だけでなく、それを生んだ時代的な背景、
発明者の人柄などにも及んで紹介されます。

特に、本書ではポジショニング派とケイパビリティ派の対立を軸として
書かれており、楽しみながら読むことができます。


また、楽しめる一方、即効性もある一冊です。

SWOT分析やポジショニング分析など、
古典的なツールを使われている方は多いと思います。
それらのツールが登場した背景や創作者の意図を知ることにより、
より有効に活かせるようになることでしょう。


経営戦略の初心者も上級者にとってもお勧めな一冊です。
初心者にとっては様々な理論の要点を素早く学べ、
上級者にとっては勉強してきたことを違う角度から見ることにより
新たな発見があることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月06日

オムニチャネル戦略

本日は角井 亮一氏の
オムニチャネル戦略
です。
オムニチャネル戦略 (日経文庫)

本書はセミナーの課題図書になっていたので購入しました。


オムニチャネルは、商品の情報を集め、比較検討し、
注文し、受け取る、という購買活動を、
ネットや実店舗など、好きなところで行える仕組みです。

つまり、ネットで注文した商品を近くの実店舗で受け取ったり、
実店舗で購入した商品を家に届けてもらったり、
購買活動が場所によらなくなります。

顧客に対して、いかにストレスなく、複数のチャネルで
買物をしてもらうか、ということが本質です。

これは、言うことは簡単なのですが、実際に企業がこの
仕組みを構築することは決して簡単ではありません。


本書では、この分野で先行するアメリカの仕組みや
日本での取り組みについて、実例を多数交えながら
紹介されています。

あらためて感じるのが、日本の消費者の高い要求レベルです。
アメリカでは許される多少の不便でも、
日本では受けいれられないということが多いです。

売り手側にとっては、厳しいと思いますが、
この厳しさを糧にして、日本の物流システムが
世界に広がっていって欲しいと思います。

実際、徹底的な顧客主義を掲げるアマゾンでは、
大きな設備投資を行って、
日本型のシステムを構築しようとしているようです。



流通業に携わる方は一読しておきたい一冊です。
ネット流通の本質とリアル店舗との相乗効果の出し方について
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月14日

絶対儲かる「値上げ」のしくみ教えます

本日は石原 明氏の
絶対儲かる「値上げ」のしくみ教えます
です。
絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます

本書はネットで非常に評判が高いことを知って、
興味を持って購入しました。


本書は「営業マンは断ることを覚えなさい」というメルマガの著者で
(現在は『社長「小さい会社」のままじゃダメなんです!』)
経営コンサルタントとして高い実績を上げられている
石原さんによる新著です。

石原さんは実績や知名度の割には書籍の著作は多くありません。
そんな方が書かれる本はほぼ当たりであるという通説がありますが
本書もその例に漏れない本になっています。

テーマは経営者が誰しも興味を持つ「値上げ」です。
商品はそのままで値段を上げれば、利益は増えるということは、
当たりまえのことですが、それを実行できる人は少数です。

ただし、その一番の障壁となっているのは、外部環境よりも、
むしろ、経営者自身のメンタルブロックである場合が多いです。

本書は、そのブロックを外してくれる一冊と言えるでしょう。


個人的には、値上げのための具体的な交渉方法が心に残りました。
非常に生々しく、具体的な方法で、経営者の方が
これを実践して得られる利益は一体どれほどになることでしょうか。


本書は2年という月日を経て刊行されたそうです。
その間、完成した原稿を著者の知り合いの経営者に見てもらい
ただ知識を得るだけでなく、実際の行動に結びつくという視点で
ブラッシュアップして、今の形になったとのことでした。

まさに会社を経営されている方には、
読んでおくべき一冊に仕上がっていると思います。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月24日

俺のイタリアン、俺のフレンチ

本日は坂本 孝氏の
俺のイタリアン、俺のフレンチ
です。
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方


本書はちきりんさんのブログで紹介されており、
興味を持って購入しました。


本書の著者は「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」で有名な
「俺の株式会社」社長の坂本氏です。

坂本氏は実家の家業を継ぐところからキャリアをスタートし、
経営者として多数の会社を立ち上げます。

ブックオフの立ち上げも坂本氏によるもので、
大成功を収めましたがある事件で辞職することになります。

その後、引退も考えられましたが、師である稲盛和夫氏が
JALの再生を手がけられたことに刺激を受け、
今の会社を立ち上げられました。

高級食材を一流のシェフが料理して客単価3000円程度で
常識ではありえない原価率と、インパクトの大きい「俺の〜」ですが、
その戦略が確かな計算の上に成り立っているのです。

本書にはその狙いが余すことなく書かれています。


また、本書を読めば分かるのですが、
著者は盛和塾の塾生として稲盛和夫氏に大きな影響を受けています。

稲盛氏自身が成し得た実績のみでも素晴らしいことなのに、
このような経営者を育てたという事実に、
稲盛氏の偉大さを感じずにはいられませんでした。


飲食業に関係する方はもちろん、
稲盛和夫氏の教えをもっと知りたいという方にもお勧めの一冊です。
著者にはスキャンダル等もありましたが、この会社には
「利他の精神」が確かに息づいていると感じさせられると思います。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月27日

ピクサー流 創造するちから

本日はエド・キャットムル氏の
ピクサー流 創造するちから
です。
ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

本書はピクサーに興味を持っていたので購入しました。

ピクサーは『トイストーリー』や『モンスターズインク』など
ワールドワイドでのヒットを飛ばしたアニメーションスタジオですが、
僕が興味を持ったきっかけはスティーブ・ジョブズでした。

ピクサーは本書の著者であるエド・キャットムルと
映画監督であるジョン・ラセターを中心とした会社です

二人は早くからCGアニメーションの可能性に目をつけ、
事業化を模索していきます。

ただ、新しいことということもあり、なかなかうまくは行かないのですが、
ジョブズという理解者も得ることができ、
最終的には衆知のような偉大な成功を勝ち取るのです。

本書はマネジメントに焦点があてられており、
作品の芸術性とお金(利益)の両立に葛藤する
経営者の姿が描かれていました。


なお、本書の最後の章ではジョブズについて語られています。
確かに、彼はピクサーに多大な貢献をしているのですが、
同時に彼がピクサーから受け取ったものも大きいと感じました。

おそらく、ジョブズとピクサーの関わりなしには、
iPodやiPhoneが世に出ることもなかったのではないでしょうか。



技術とアートの融合について学びたい人には必読の一冊です。
ピクサーの歴史を通じて、技術とアートをマネジメントする際の
困難ややりがいを学ぶことができるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月27日

成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?

本日は
成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?
です。
成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?

本書は出版社よりご献本いただきました。
あさ出版様、ありがとうございました。


最近、ビジネス書やテレビなどで見ることも多い
成城石井の「仕組み」について語られた一冊です。

なんとなく、高級スーパーが時流にあっているのかな?
とくらいしか考えていなかったのですが、
この本を読んで、その計算された仕組みの素晴らしさに
感銘を受けました。


全体的にヨイショが過ぎる、パンフレットのような本
という印象もうけますが、それだけに唯一のネガティブな点
レックスホールディングの買収にともなう混乱が印象的でした。

しかし、成城石井はそれさえも乗り越え、
さらに成熟、成長を続けているのです。

現在、成城石井の売却先が話題になっていますが、
過去の経験も生かして、さらに良い会社になれる
ポテンシャルのある企業と思っています。


流通業に関わる方にお勧めの一冊です。
今、旬な企業から学ぶことは多いことでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)