⇒ その他の工学

2015年11月01日

自動車工場のすべて

本日は青木 幹晴氏の
自動車工場のすべて
です。
自動車工場のすべて

本書はちきりんさんのブログで取り上げられていて
興味を持って購入しました。


著者はトヨタで長年にわたり生産管理の仕事を担当し、
今は生産のコンサルタントをされている方です。
まさに、トヨタの生産現場を知る人といって良いでしょう。


自動車の製造工程についての記述はもちろんですが、
トヨタ生産方式の話にも重点がおかれている印象です。

ただし、生産方式の話も生産方式そのものの本に比べると
はるかに具体的なので、ここからも自動車の製造ラインについて
学ぶことができます。


個人的にはトヨタの正社員応援制度、
特に、成績優秀者から応援に行かせるというルールが印象的でした。


自動車業界を顧客にしている、
する予定がある方にお勧めの一冊です。
コンパクトに自動車の生産を学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月30日

トリーズ(TRIZ)の発明原理40

本日は高木芳徳 氏の
トリーズ(TRIZ)の発明原理40
です。
トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール

本書は特許アイデアを効率的に出す方法、考え方を身につけたくて購入しました。


この本で紹介しているTRIZは、ロシア(旧ソビエト)の
特許審査官であったゲンリッヒ・アルトシューラーによって作られた、
発明的な問題解決の理論です。

ゲンリッヒ・アルトシューラーは毎日特許を見ているうちに
「分野が違っていても、
問題解決の手法には共通要素があるのではないか?」
と気づき、何千件もの特許を元に
発明の共通要素の法則化に成功しました。

本書ではこのTRIZの中でも、もっとも肝となる
40の「発明原理」について解説したものです。

そう言うと、少し難しそうに感じるかもしれませんが、
イラストなどを交えて直感的にわかるように配慮されています。

発明と堅苦しく考えなくても、問題解決につまったときに
パラパラめくるだけで、アイデアをくれそうな一冊です。

個人的には、
発明は分析と違うのでMECEでなくて良い(重複があっても良い)
という箇所が心に残りました。


なお、イラストなどで読み易くできているので、
理系の人だけでなく、文系の人にも参考になる一冊です。
むしろ、文系の人の方が、
普段考えていることとのギャップが大きくて
より良いアイデアを出すことができるかもしれません。

この科学的な発明方法というのは、
一回覚えればずっと使えるテクニックですから、
少しでも早く覚えたほうが良いでしょう。



何かの解決策を探している人にはお勧めの一冊です。
この本から解決のヒントを見つけられるかもしれません。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月25日

鉄道の技術

本日は秋山 芳弘氏の
鉄道の技術
です。
[図解]鉄道の技術 (PHPサイエンス・ワールド新書)

当面PHPサイエンス・ワールドは全てチェックしようと思い、
本書を購入しました。


本書は鉄道の教科書といえる本です。

鉄道の車両技術、ATCなどの運行制御技術、
トンネルなどの土木技術などに至るまで紹介されています。
それも、日本だけでなく世界の動向まで書かれています。

僕は鉄道は素人でしたが、鉄道技術の歴史や現状、
キーとなる技術について一通りわかるようになりました。


個人的には、なぜ新型の新幹線の先頭は流線型なのか?
(フランスのTGVなどはあんな形状ではありません)
鉄道のトイレ事情などに興味を持ちました。


今、日本の鉄道技術の輸出が進められています。
そんな流れで、にわかに鉄道技術が
必要になった人などにお勧めの一冊です。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月06日

よくわかる渋滞学

本日は西成 活裕氏の
よくわかる渋滞学
です。
よくわかる渋滞学 (図解雑学)

本書は渋滞のシミュレーションがどのように行われているのか
知りたくて購入しました。


図解雑学シリーズというと一般の人にもわかりやすく
というものかと思いましたが、
少なくともこの本はそればかりではないようです。

流体力学やセルオートマトン、待ち行列理論など
高度な理論がどんどん出てきます。

ですが、分子のシミュレーションなどと違って
「渋滞」という身近なテーマを扱っているため
それらの難解な理論も少しは噛み砕いて
理解できるような気がします。


シミュレーションについて勉強してみたい
理系の大学生にお勧めの一冊です。
渋滞という身近な話題でシミュレーションの何たるか
を感覚的につかむことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月10日

渋滞の先頭は何をしているのか?

本日は西成 活裕氏の
渋滞の先頭は何をしているのか?
です。
「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)

渋滞のメカニズムに興味があって、本書を購入しました。

渋滞は車を運転する上でのイライラの代表ですが、
その発生メカニズムを知っているでしょうか?

恐らく、事故や工事や料金所が先頭にある?
こんなことを考えているのではないでしょうか

しかし、現在の渋滞原因の第1位は自然渋滞、
つまり、通り過ぎたときに、特にボトルネックとなる
「先頭」を確認できないのです。

この本ではそんな事実や、
著者がシミュレーションなどを用いて解明した
渋滞の意外な正体を明かします。

渋滞は右車線から始まる、
車間距離を詰めすぎると渋滞の元になる、
大渋滞の前にミニ渋滞を作るとかえって流れが良くなる、
など大変興味深く読むことができました。


この本を読んで、渋滞はドライバーのちょっとした心がけで
緩和できる可能性があることを知りました。
そこで、渋滞に関する知識を底上げしてもらいたい。

というわけで、教習所の教官に読んで欲しい、
と感じた1冊でした。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月03日

ネーミングの掟と極意

本日は開米瑞浩氏の
ネーミングの掟と極意
です。
ネーミングの掟と極意 (エンジニア道場)

エンジニア向けのネーミングの本は珍しいので
興味を持って本書を購入しました。


ネーミングというと、商品そのものの名付けを連想して
エンジニアには関係のない、マーケティングの
仕事だと考えてしまいがちです。

しかし、実際はエンジニアは数多くのネーミングをしています。

例えばプログラマであれば、関数や変数や機能の名前など、
色々なものの名前を付けているのです。

しかも、この名前によって生産性が大きく左右
してしまうから影響は甚大です。


そんな大切なネーミングなのですが、
エンジニアのネーミング技術というものは
ほとんど注目されてきませんでした。

そこで、ネーミング技術に焦点を当てた本書が登場します。

中身は、かなり具体的な例を
2人のエンジニアで議論する形になっていて
スルスルと読み進めることができます。

ただ、ネーミングは感性も関わる部分ですから、
読んでいてなにがしら引っかかるところもあるでしょう。

それでも、この本をきっかけに思考を深めて、
名付けに対する意識が変わっていけば、
本書の意義は大きいのではないでしょうか。


本当に一流のエンジニアと二流のエンジニアは
こんな細かいところに隠れていると考えています。

一通りの技術は身に付けたけれども
伸び悩んでいるエンジニアには必読の一冊でしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 05:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月17日

図面ってどない描くねん

本日は山田学氏の
図面ってどない描くねん
です。
図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

本書は製図を学びたくて購入しました。


書店で製図の棚に行き、目についた一冊でしたが、
なんと2005年初版の27刷りのものでした。
この世界では有名なロングセラーなのでしょう。

さて、インパクトがあるタイトルですが、
中身は講義の教科書にできるほどマジメです。

その中でも、イラストが関西弁で書かれており
親しみが持てるように工夫されています。

私は多数の本を比較したわけではありませんが、
ただ、タイトルのインパクトだけで、
これだけ売れるとは思えないので、
他の本に比べても分かりやすいのでしょうね。

とはいえ、題材自体が簡単なものではないので
内容を読み解くにはそれなりの努力が必要です。


製図を学ぶ人であれば、
とりあえず手元においておきたい一冊です。

続きを読む

engineer_takafumi at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月03日

おもしろ話で理解する製図学入門

本日は坂本卓氏の
おもしろ話で理解する製図学入門
です。
おもしろ話で理解する製図学入門

本書は製図の勉強をしたくて購入しました。


エンジニアにとって製図を学ぶことは
とても重要なことだとは思います。

ただ、勉強しようと奮起して書店に行っても、
教科書的な本しかないことに閉口してしまいます。

その時に目に入ったのがこの本でした。


おもしろ話というほど面白い話ではないですが、
他の本より読みやすいことは確かです。

まずは軽くこの本を読んだ後に、
教科書にチャレンジすると、
より理解がしやすいかもしれません。


他分野のエンジニアが始めて製図を学ぶという時に、
まず最初に読む本としてお勧めです。
学習のハードルを少し下げてくれるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月05日

透明人間になる方法

本日は白石拓氏の
透明人間になる方法
です。
透明人間になる方法 (PHPサイエンス・ワールド新書)

当面PHPサイエンス・ワールドは全てチェックしようと思い、
本書を購入しました。


「透明人間になる方法」という、少し怪しい?タイトルですが、
中身はいたって真面目な科学技術の本です。

透明人間になったり、頭で念じるだけでモノを動かすこと、
こんなことは科学技術で原理的には実現可能なのです。


本書は実現性の高い技術からまだまだ難しい技術まで
開発中の様々な科学技術を5段階に分けて紹介しています。

一番実現性が高い技術では、
カプセルにカメラ、通信機器を組み込んだカプセル型内視鏡など、
逆に一番実現性の低い技術としては、
静止軌道までエレベータで移動する宇宙エレベータなどが
紹介されています。


SF小説の世界か、と感じるようなものもありますが、
ここで描かれているのはれっきとした科学技術です。

決して、怪しいトンデモ科学ではありません。

そんな意味で、トンデモ科学と本当の科学を見分けるために
本当の科学の参考として本書を読むのもいいかもしれません。


人と話すことが多い人で、話題を探している人にお勧めです。
本書は科学分野の良い話のタネを提供してくれるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月10日

複雑さと共に暮らす

本日はD.A.ノーマン氏の
複雑さと共に暮らす
です。
複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦

本書はヒューマンインタフェースで有名な本
「誰のためのデザイン」の著者の新刊だったので
興味を持って購入しました。


最近の製品は操作方法が複雑すぎて良くわからない。
もっとシンプルで簡単な製品を作ってくれればいいのに。

よく携帯や家電などにこんな文句を言う人がいます。

しかし、なぜそんな製品が世の中に出ないのでしょうか?
そもそも、彼らの言う複雑というのは、
どういうことなのでしょうか?

これは、つきつめると非常に難しい問題です。
そして、本書はこんな問題を分かりやすく説明してくれます。


その中でも、一番感銘を受けたのは、
複雑さと分かりやすさを区別する考え方でした。

普通、分かりやすいものは単純なものである、と
複雑であっても分かりやすくすることは可能であり、
逆に単純であっても分かりにくいものは存在するのです。

テクノロジーが複雑になっていくのは避けられないものです。
その中でどうやって分かりやすいものにするかが
デザイナーの力量が問われるところなのです。


得るところの多かった本ではありますが、
やっぱり訳本ならではの読みにくさが
気になってしまいました。
本当は原著を読むべきなのでしょうかね。


製造業に関係する人であれば一読の価値があります。
もちろん、エンジニアは必読です。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月15日

世界に勝てる!日本発の科学技術

本日は志村 幸雄氏の
世界に勝てる!日本発の科学技術
です。
世界に勝てる!日本発の科学技術 (PHPサイエンス・ワールド新書)

当面PHPサイエンス・ワールドは全てチェックしようと思い、
本書を購入しました。


科学技術とひと言で呼ばれますが、
科学と技術の関係や境界はひと言では言い表せないものです。

一般的には、基礎的な科学研究が先行し、
その成果を技術として利用する、
というイメージがあるかもしれません。

しかし、今の科学技術の最先端では、
技術(モノ)が先行して、基礎科学が後からついていく
ということさえ起こっているのです。

この本では、そのような科学に密接に結びついた技術開発を
サイエンス型イノベーションと呼び、
その実例をいくつか紹介しています。


技術開発をマネジメントしている、
またはする可能性のある人は必読の一冊です。

文系の方でも、最先端の技術開発の現場が実際のところ
どうなっているのか知りたいという人にはお勧めです。

技術的には理解できなくとも、雰囲気はつかめることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月29日

みんなが知りたい旅客機の疑問50

本日は秋本 俊二氏の
みんなが知りたい旅客機の疑問50
です。
みんなが知りたい旅客機の疑問50 アナウンスで聞くドアモードとはなにか?フラップの仕組みはどうなっているのか? (サイエンス・アイ新書 35)

本書は続編を読んで面白かったので、
前編も読んでみたいと思い購入しました。

ということで後編を先に読んでしまったのですが、
前編は飛行機のメカニズムに関してのテーマが多く
乗り物好きの私にとっては、とても楽しめる一冊でした。

特に夜の離着陸時に照明を落とす理由や
離着陸時の速度についての記述に興味を持ちました。


飛行機が好きな人や航空業界に入りたい思っている人には
特におすすめです。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月07日

もっと知りたい旅客機の疑問50

本日は秋本 俊二氏の
もっと知りたい旅客機の疑問50
です。
もっと知りたい旅客機の疑問50 エンジン2基の双発機と4発機はどっちが安全? 預けた荷物がときどき“迷子”になるワケは? (サイエンス・アイ新書)

本書は編集者の方から頂きました。
ソフトバンククリエイティブ様ありがとうございます。


飛行機は我々にとって身近な乗り物ですが、
地上や水上の乗り物と違って、
動作のイメージが沸きにくい上に、
裏舞台が語られることはほとんどありません。

そんな疑問を解決しようとするのがこの本です。


サイエンスアイシリーズなのですが、
内容は技術的な話題だけでなく
キャビンアテンダントや航空会社の話題にも触れられ、
機械が苦手な人でも十分楽しめる内容です。

私は、フライトレコーダーについて書かれた部分に
とくに興味を持ちました。


飛行機が好きな人、航空業界に興味がある人などは
楽しんで読むことができるでしょう。

なお、私はこの本続編から読むことになりましたが、
面白かったので、早速前編も注文しました。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月23日

ロボットは涙を流すか

本日は石黒浩氏の
ロボットは涙を流すか
です。
ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)

当面PHPサイエンス・ワールドは全てチェックしようと思い、
本書を購入しました。

最初手に取ったとき、ロボットは感情を持ちえるか
という話題に科学的にアプローチする本かと思ったのですが、
実際は、映画や哲学、つまり人間の観点から、
どこがロボットと人間の境界になり得るか
ということを議論する本でした。

よって、科学的な知識はほとんど必要とせず、
むしろ哲学に近い分類になるのではないでしょうか?
文系の人でも、気軽に手をとれる本です。


ロボットがどんどん高度化して、人間に近づくと、
人間の本質がより浮き彫りになっていく、
この考え方は非常に共感することができました。

厳しい話ですが、現代の社会では、
ロボットにでもできることをしている人は
どんどん価値が低下していくのです。


マトリックスなど、架空現実を扱った映画が好きな人は
特に楽しめる一冊だと思います。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)