⇒ 仕事術、思考法・ツール

2018年10月04日

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術【全面改訂版】

本日はデビッド・アレン氏の
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術【全面改訂版】
です。



本書はGTD(Getting Things Done)という
タスクの整理術のテクニックの本です。

GTDは何冊かの本が出ていますが、
2018年時点ではこれが一番最新でまとまっています。


GTDの考え方は頭に何も残してはいけない、
ということです。
とにかく全てのことを書き出してリスト化しておきます。
すると、覚えておく負担がなくなるので、
とても頭が軽やかになるのです。

また、「次にやる具体的な行動」に
フォーカスすることも特徴です。

例えば、「車を買い換える」というタスクは
これだけでは十分ではありません。

車を買うために何をするのか?
セールスマンに電話するのか、
パンフレットを取り寄せるのか、
Webで見積りを取るのか、
ここまで具体的に落とし込んでおかないと
結局、進めることができないのです。


ただ、本書は400ページ近い本で、
通読するのにも結構時間がかかりますし、
「結局、何から始めれば良いのか?」
という疑問が出るかもしれません。私もそうでした。

そんな時に監訳者の田口氏のあとがきが
とるべき行動を教えてくれました。

「週次レビューからはじめよう」と
提案してくれているのです。

田口氏の言葉通り、やることリストを作り、
週に一回レビューする時間を作る、
これだけでタスク管理が楽になりました。

週次レビューを起点に、少しずつ
GTDを取り入れていけば、
気づけば生産性が大幅に高まっていた、
ということになることでしょう。


生産性を高めたい全ての人にお勧めです。
頭を楽にして、仕事の効率を高める
ヒントに満ちた一冊です。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:37|PermalinkComments(0)

2018年09月30日

やらないこと戦略

本日はドナルド・ロース 氏の
やらないこと戦略
です。


本書はオランダの王立芸術アカデミーの講師で、
書体デザインを専門に、タイプデザインや
タイポグラフィを教えているアーティストです。

本書はそんな著者が語る時間術です。

しかし、それはタイトルの通り、
「やらないこと」に集中しています。

つまり自分の中ですることを絞り、
絶対に必要でないものは省くことです。

ただ、理屈でそれはわかっていても、
実際に仕事を捨てることは難しいでしょう。

本書では、そんな時に何を基準にするか、
考え方や具体的なテクニックを紹介してくれます。

やめるコツというものを
つかめるのではないでしょうか。


個人的には、
「メールをたくさん送れば、
それだけ受け取るメールも増える」
という部分が特に印象に残りました。

確かに、メールを減らすためには
メールをなるべく出さなくすることが
一番効果的ですね。


個人でビジネスをしていて、
忙しくて目が回らないという人にお勧めです
やらないことを決めて、時間に余裕を持ち、
仕事と生活の質を高めるヒントが見つかるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:40|PermalinkComments(0)

2018年09月25日

「週4時間」だけ働く。

本日はティモシー・フェリス氏の
「週4時間」だけ働く。
です。


本書はNR(ニューリッチ)と呼ばれる、
少ない労働時間で最大の成果を出し
旅行など自由を楽しむ生き方になる
方法について説いたものです。


内容は大きく二つに分かれており、
前半が週4時間労働を実現するための考え方について。
後半は実際的なテクニックとなっています。

後半部は事例が多いですが、アメリカの例なので、
日本人にとっては直接役立てることは難しいでしょう。

例えば、上司と交渉して自宅勤務にしてもらうなど
日本の職場環境では不可能に近いかもしれません。

それでも、本来あるべき姿と現実との距離や
そこから抜け出す考え方などは応用がききます。

特に「捨てる」という部分は、
生産性を上げるヒントが詰まっていると感じました。


個人的には、
「アウトプットを増やすためには
インプットを減らすことが必要である」
という部分が一番印象に残りました。

情報過多は想像以上に人の生産性に
悪影響を与えるようです。


生産性を上げたい、という人にお勧めの一冊です。
成果に結びつかない仕事を捨てる
考え方が身につくでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 01:40|PermalinkComments(0)

2018年09月11日

ビジネススキル・イノベーション

本日は横田 尚哉 氏の
ビジネススキル・イノベーション
です。


本書は公共事業を中心に、10年間で総額1兆円の
事業改革に乗り出し、2000億円のコスト削減を
実現したという経営コンサルタントによる一冊です。

著作も何冊かある横田氏ですが、
本書はその中でもビジネススキルに特化した
内容となっています。

時間の見積もり方、仕事でのコミュニケーション、
チームのマネジメント、リスクと感性、決断の仕方など
大企業経験も長い著者が成果を出す行動について語ります。

企業の問題をとてもうまく言語化できていて、
何度か「あるある」と口に出しそうになりました。

内容はいかに効率的に仕事をこなすか、
ということに主眼が置かれています。

ベーシックな内容の中に
著者の経験が光っている一冊でした。


個人的には、予算管理についての部分が
強く印象に残りました。

企業の予算管理の実態をよく把握されていて
対処方法がとても興味深かったです。


仕事に追われて苦しいと感じている、
企業の管理職の方にお勧めの一冊です。
生産性を大幅に向上させる
ヒントを得ることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 23:52|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

企画書は10分で書きなさい

本日は上阪徹 氏の
企画書は10分で書きなさい
です。
企画書は10分で書きなさい

本書の著者はブックライターの上阪は筆が速く、
10万字ほどの一冊の本を5日で書くそうです。
なんと、企画書は10分ほどで完成させます。

本書は、その上阪氏の企画力にフォーカスします。


「どんな課題を、どんなふうに解決するか」
これさえ抑えれば企画は十分です。
そして、これをおさえるために必要なことが、
「素材」「お客様視点」「真の目的」なのです。

骨子はシンプルですが、主張は奥深く、
納得感が強いものです。
そして、最後には「人の熱意」に行き着くことが、
企画の本質を表していると感じました。

著者が数千人ものインタビューを通じて得た話や
リクルートやフリーでの多彩な経験を通じての
エピソードがとても興味深い一冊です。


マスコミやPR会社に限らず、
企画を出す全ての人に意味がある一冊と思います。
企画が本来どんなものであるか、
その原点に返ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 17:15|PermalinkComments(0)

2018年04月22日

週40時間の自由をつくる 超時間術

本日はメンタリストDaiGo 氏の
週40時間の自由をつくる 超時間術
です。
週40時間の自由をつくる 超時間術

本書はメンタリストDaiGoさんが、
時間術について書いたものです。
そして、そのアプローチは普通ではありません。

普通「時間術」の本の多くは、
スケジュールの改善、To Doリストの利用、
それにまつわるツールの紹介などがメインです。

しかし、この本はこんな言葉から始まります。
あなたの時間不足は「錯覚」です


つまり、時間が無いということは、
自分が思い込んでいるだけで実際は違うのです。

本当に時間が無い人もいるかもしれませんが、
それはほんの一部分の人だけで、
本署を読めば、多くの人の「時間が無い」は
錯覚であることが理解できるでしょう。

そして、「時間が無い」が錯覚であるとすれば、
心理学的にどのような手当てをしてやれば良いか、
という話になるわけです。
著者のド真ん中のトピックです。

呼吸法や背筋を伸ばすなど簡単な方法から、
心理学的に用いられている本格的な方法まで
本書では色々な方法が紹介されています。

その多くに科学的なエビデンスがつけられているのも
本書のすごいところです。

働き方改革が叫ばれている中、
「時間が無い」は錯覚である、
と視点を変えてみることは意味深いことだと思います。


個人的には、
「忙しい」という言葉がこれほどまでも
私たちに悪影響を及ぼしている
ということが驚きでした。

今後、この本に書いているテクニックを使って
「忙しい」を封印したいと思いました。


「時間がない」と思っている全ての人にとって
読む価値のある一冊だと思います。
自分の「忙しい」は実体がなく、
ただの思い込みであることに気づくでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:16|PermalinkComments(0)

2018年01月31日

図で考える。シンプルになる。

本日は櫻田潤 氏の
図で考える。シンプルになる。
です。
図で考える。シンプルになる。

本書はプログラマー、システムエンジニア、
ウェブデザイナー、マーケターを経て、
現在は図解の専門化(インフォグラフィックエディター)
として活躍されている著者による一冊です。

「図」というと、ビジネス書でよくあるテーマですが、
それは外資系コンサルによる図解など、
説得力や見映えを重視したものが多いです

しかし、本書のコンセプトはそれらとは違います。
それは「図は、プレゼンツールである前に、思考ツールである」
ということです。

つまり、人に見せるためでなく、
自分で考えを整理するための図についての本です。

紹介されている図は7種類で、どれも非常にシンプルです。
ですが、シンプルだからこそ効果的です。

本書では7つの図の説明の後に、
活用例として、人生戦略の立て方について取り上げています。

複雑なことであっても、単純な図に分けることにより、
本質が明らかになることがわかり、興味深かったです。


個人的には、それぞれの図のまとめページが、
非常によくまとまっていたことが印象的でした。

簡単な図と短文がいくつかあるだけで、
これほどの情報が伝えられるものなのですね。

著者の図のメソッドの威力を見た気がしました。


頭がモヤモヤしてアイデアがまとまらない
という人におすすめの一冊です。
図でアウトプットすることにより、
頭の中が整理されていくことでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 22:39|PermalinkComments(0)

2018年01月23日

「ラクして速い」が一番すごい

本日は松本利明 氏の
「ラクして速い」が一番すごい
です。
「ラクして速い」が一番すごい

本書はPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなど
外資系大手コンサルティング会社で勤務し、
5万人以上のリストラを行い、
6000人以上の次世代リーダーを選抜・育成した
という人事コンサルタントによる一冊です。


本書のテーマは「ラクして速い」です。
しかし日本人の多くは「ラク」というところに
引っかかりを感じるのではないでしょうか。

苦労している人、頑張っている人ほど、
すごいのだという価値観が日本人にはあります。

でも、よく考えてみれば、成果そのものと
「頑張っていること」が結びつくわけではありません。

それどころか、何万人も人を見てきた著者は
ラクをしている人ほど、成果を出す、とさえ言うのです。
ラクをすることは、仕事を軽くすること、
すなわち生産性を高めることです。

常に生産性を高める努力をしていれば、
結果がでるようになるのは当たり前なのかもしれません。

本書には、ラクをして成果を出すための
心構えや具体的なテクニックが多数紹介されています。

特に人事・組織コンサルタントらしく、
組織のページが特に興味深かったです。


個人的には
仕事は「巻き込み」より、「共通の敵探し」でうまくいく
という部分が特に印象に残りました。


仕事の生産性を上げたい、と考えている
サラリーマンにお勧めの一冊です。
2つや3つくらいは実践できるアイデアが
見つかることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 10:12|PermalinkComments(0)

2018年01月21日

世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと

本日はクリス・ベイリー氏の
世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと
です。
世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと (T's BUSINESS DESIGN)

本書の著者は大学を卒業後、就職せずに、
AYOPと名づけた生産性向上のプロジェクトを開始。
さまざまなメディアからも注目を浴びました。

その集大成として著した「A Life of Productivity」は
FORTUNE誌のベスト・オブ・ザ・イヤーを獲得。
その邦訳が本書になります。

「生産性を高める仕事術」といったテーマの
類書は多数存在しています。
その中でこの本のすごいところは、
単にテクニック論で終わっておらず、
生産性にまつわる思想にまで踏み込むことです。

例えば、著者は何のために生産性を上げるか、
その明確な目標がないと、
そもそも生産性など上がらないと主張します。

当たり前のようですが、
生産性なんて高いほど良いのは当たり前なので、
意外に見落としがちなポイントです。

働き方改革などと言われていますが、
個人にとっては、何のために働き方改革をするのか、
そこから考えていくべきだと思わされた一冊でした。


個人的には、
生産性の高い時とはじっくり考えながら
仕事をしている時である
という部分が印象的でした。

機械的な仕事をテキパキとこなしている時、
人は生産的になったように感じるものです。

しかし、俯瞰してみた時、それは目標達成に
寄与していないことが多いです。
つまり生産性がそれほど高くないわけです。

いくら速く走っても、方向が定まっていなければ、
生産性が高いとはいえません。
このことは十分注意しなくてはいけません。


労働時間を減らしたいと強く願う人にお勧めの一冊です。
ここには生産性を高めるアイデアが満載です。
一つでも成功すれば、簡単に元が取れることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:13|PermalinkComments(0)

2017年12月16日

問題解決大全

本日は読書猿 氏の
問題解決大全
です。
問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

本書は出版社の方よりご献本頂きました。
フォレスト出版様ありがとうございました。

例えば、ロジカルツリーやフェルミ推定、KJ法など
問題解決のためのツールはたくさんあります。

そんな問題解決ツールを「これでもか」と37個
マシンガンのように紹介するのが本書になります。

ただ、この本の意義は、それらを身につける
ということではないような気がしています。

これだけの方法が提唱されているのも、
万能な方法が存在しないことの証左であるのです。

ということは、問題を解決する方法を学ぶ理由
それは「問題解決方法を作り出す方法」
にあるといえるでしょう。

これだけ多数の方法に一度に触れることにより、
問題解決の定石のようなものを感じられれば、
本書の本当の効果が得られた、ということになります。


個人的には、
テスト前に掃除をしてしまうような行動、
これを逆手にとって物事を進める、
という考え方が印象に残りました。


問題解決のツールを使っている方に
お勧めの一冊です。
多数の方法を学ぶことにより、
自分の方法を俯瞰的に見ることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:32|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

最速のリーダー

本日は赤羽 雄二 氏の
最速のリーダー
です。
最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる

本書はマッキンゼーで14年間、
徹底的した効率化で、
自分のチームのスピードを上げ続けた
著者による一冊です。

赤羽氏は他にも、仕事のスピードを上げる、
というテーマの本を書かれていて、
スピードに対するこだわりは並大抵ではありません。

実は、私は赤羽氏の研修を受講したことが
あるのですが、メールの返信の早さは尋常でありません。
本当に10分以内に回答が帰ってきて、驚きです。

本書はそんな著者が書いた「残業ゼロ」を
実現するための本です。


典型的な日本企業に勤める人ならわかると思いますが、
「残業ゼロ」は仕事を速くするだけでは実現できません。

例えば、早く帰ると仕事熱心でないと思われたり、
残業代を稼ぐためにわざと遅く仕事をしていたり、
ムダな会議ばかりが設定されていたりと、
会社の文化に「残業」が入り込んで
しまっている場合がほとんどなのです。

ですので、本書では仕事のスピードだけでなく、
管理者のあり方や残業ゼロを実現する組織論に
まで踏み込んで議論します。

「残業ゼロ」は単なるブームではありません。
日本企業はこれに乗り遅れると、
完全に競争力を失ってしまうという状況にあります。

そのための有効な提言が盛り込まれている一冊です。


「残業ゼロ」に本気で取り組む経営者に
まず読んでもらいたい一冊です。
残業を減らし、社員の生産性を上げる道筋が
見えることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 21:44|PermalinkComments(0)

2017年05月09日

「週刊文春」編集長の仕事術

本日は新谷 学氏の
「週刊文春」編集長の仕事術
です。
「週刊文春」編集長の仕事術

本書はスクープ記事に週刊文春の名前を聞くことが多く、
その編集長の仕事術として興味を持って購入しました。


週刊誌の仕事とは、情報そのものになります。
しかも、その情報はITなどの無機質なものでなく、
人間が興味をもつ、人間が作った情報なのです。

つまり、仕事の本質はいかに人を動かすか、
ということになります。

たくさん人がいる中でキーマンを見つける力、
そのキーマンと信頼関係を築く力、
そして、週刊誌の仕事では秘密を暴くこともあるので、
上手な人との戦い方、というものも重要です。
しばしば、週刊誌の記者は相手にとって、
招かざる客なのです。

また、企画の作り方や
週刊誌編集の組織についても語ります。

読者が知りたいことをどうやって見つけるか?
そして、記者たちのモチベーションを高めていく
ためには何をしたらいいか?
そんな戦略が書かれています。

個人的には、
多くの人を代表して聞くのだから、
やはり聞くべきことはきちんと聞かなければいけない。
その場で相手を気持ちよくさせて、
迎合することが仕事ではない
という部分が特に心に残りました。


マスコミに就職や転職をしたい人に
お薦めの一冊です。
外からは分かりにくい、定期刊行紙の
仕事内容が明らかになるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月19日

ゼロ秒思考

本日は赤羽雄二氏の
ゼロ秒思考
です。
ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

本書はマッキンゼーにてLGの世界的躍進を支えた
経営コンサルタントである著者の、
A4一枚の「メモ書き」を使ったメソッドを
紹介する一冊です。

メソッド自体は本当にシンプルです。
A4横書きの紙に、1分間程度の時間で、
思うことを書きなぐる、だけです。

しかし、そのシンプルな方法に
頭脳を目覚めさせる本質があるのです。

まず、思いのまま書くということは、
自分の考えを客観視できる効果があります。
それにより、感情をコントロールしたり、
本質的な問題点を発見したりできるようになるのです。

また、1分という時間もポイントです。
時間をかけてしまうと、悩んでいるばかりで、
思考を先にすすめることができません。
1分という短い制限時間を設定することにより、
思ったことをそのまま、書き出すことが
できるようになるのです。

このメソッドを実行に移して、
継続することができれば、
かなりの成果を出せるだろうと思います。

早速、私も始めてみました。


頭の中のモヤモヤが整理できない、
という人にお勧めの一冊です。
本書の「メモ書き」メソッドにより、
頭の中をすっきりさせることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月18日

『ゼロ秒思考』の仕事術

本日は赤羽 雄二氏の
『ゼロ秒思考』の仕事術
です。
速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

本書は著者のセミナーの課題図書として読みました。

著者は重機のコマツから、マッキンゼーへ入社、
マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、
LGグループの世界的躍進を支えます。
その後、ブレークスルーパートナー社にて、
大企業の経営改革、人材育成、新事業創出などに
取り組んでおられます。


本書は、そんな著者が自身のスピード仕事術について、
書いたものです。

拙速という言葉がありますが、
実際には速い仕事の方が質が悪いということは決してなく、
特に現在のように世の中がどんどん変化する中では、
スピードを重視した方が、PDCAをたくさん回せて、
仕事の質が高まる場合が多いのです。

内容は大きく2つにわかれています。

1つ目は心構えに関するもので、
例えば「丁寧な仕事の方が良い」という価値観に
縛られることは良くない、といった事柄です。
特に、日本人は仕事への考えが古い場合が多く、
それを書き換えていかなくてはいけません。

2つ目は、実際のテクニックです。
メールの読み方、情報収集の方法、会議の進め方など、
スピードを速めるための、実践的なテクニックが満載です。
テクニックに関しては、人の好みもありますが、
それらを試してみて、1つでも残るものがあれば、
1500円程度の本の数倍の価値があると断言できます。


仕事を始めて5年くらいの中堅社員にお勧めの一冊です。
慣れてきた仕事をスピードアップさせて、
次のステップに進む手引きとなってくれることでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

生産性

本日は伊賀 泰代氏の
生産性
です。
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

本書はちきりんさんの自分の時間を取り戻そうと同テーマで
参考文献が同書と全く一緒だったので購入しました。

生産性という概念はこれから人口が減っていく日本では、
特に重要な考え方になります。

本書はマッキンゼーで人事育成、採用マネージャーとして
活躍した著者が、生産性の重要性とその高め方を語ります。

著者は人事が専門なので、
日本企業の人事の非効率性の指摘が鋭かったです。

特にトップパフォーマーと戦力外中年への対応が
圧倒的にダメなことが良くわかります。

また、マッキンゼーがどのような仕組みを作って、
仕事の生産性を上げているのかという実例は
とても参考になります。

人事システムなどは一社員では、
マネは難しいかもしれませんが、
資料の作り方や会議の進め方は
すぐに今の仕事に生かすことが可能だと思います。


個人的には、
同じ作業を10分でできる人と30分以上かかる人を
長く部内に併存させないこと、
という考え方が心に残りました。


仕事を速くするためのアイデアが欲しい人にお勧めです。
生産性を飛躍的に高めてくれる考え方と
具体的な方法が詰まっています。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)