2023年04月30日

おいしい仕事術

本日はSHIORI さんの
おいしい仕事術
です。


本書の著者は
22歳でレシピ本『作ってあげたい彼ごはん』を出版。
同シリーズがベストセラーとなり、
著書の累計は417万部をこえます。

結婚・出産を経て、現在は約1万人の生徒数を誇る
オンライン料理教室『L'atelier de SHIORI Online』を
主宰しています。

また、YouTubeのレシピ発信、
Instagramやnoteでの料理だけではない
ライフスタイルの発信を積極的に行い、
同世代の女性を中心に高い支持を得ています。


そんな著者が本書で語るのは、
レシピではなく、「ビジネス」です。

大学で青春を満喫する同世代を横目に
必死に努力して出版を実現した時。

世界中を巡って料理修行した時。

結婚や出産と仕事の両立に苦しむ時。

世間がコロナで苦しむ中で
料理レシピ動画の配信を始めた時。

その動画配信を有料のオンラインにした時。

と、著者のビジネスの様々な判断や
考え方を詳しく説明してくれます。

SNSが広がっていく中でビジネスを広げた
第一世代ともいえる年代にいる中で、
ビジネスを成功させた思想には
関心させられます。

現代で王道になっているビジネスが
ここにあると感じました。


個人的には、
オンラインでは試食で味の共有ができず、
弱みとしか思えなかったけれど、
多角的にシミュレーションを重ね、
レシピに添える情報量を増やすことで、
「再現性の高いおいしいレシピ」を強みにした、
という部分が特に印象的でした。

弱みは強みなどと言いますが、
まさにその実例を聞くことができました。


SNS時代の新しいビジネスを学びたい
ある程度年配の方にお勧めの一冊です。
今の時代のビジネスが
向かう方向を感じることができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 22:47|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2023年04月27日

Deep Skill ディープ・スキル

本日は石川 明 氏の
Deep Skill ディープ・スキル 
組織と人を巧みに動かす 深くてさりげない「21の技術」
です。


本書の著者は大学卒業後に、リクルートに入社します。
そこで営業職や企画職を経て、
リクルート社の企業風土の象徴である、
新規事業提案制度「New RING」の事務局長を務めます。

そして2000年にリクルート社の社員として、
創業情報サイト「オールアバウト」社の創業に携わり、
事業部長、編集長などを務めます。

その後、企業における社内起業を
サポートすることに特化したコンサルタントとして
独立して、活動されています。


そんな著者が本書で語るのは、
人と組織を巧みに動かす方法です。

こういうと社内政治のような
ネガティブなものを想像するかもしれません。

確かにそんな一面もありますが、
このスキルは組織の中で成果を上げるためには
必要不可欠です。

著者が専門としている、大企業内の新規事業は
人に動いてもらうのは難しい立場にあります。

目前の利益には関係しないので、
組織の力学や交渉を駆使して、
協力を得る必要があるのです。

「なんで動いてくれないのだ」
とイライラすることもあるでしょう。

しかし、組織には力があります。
その力を借りることで、一人では成し得ない、
成果を実現できるのです。


個人的には、
正論の扱い方の部分が印象的でした。

正論は危険とは感じてはいましたが、
それがうまく言語化されていて、
ハッとさせられました。

正論を訴えることは、
相手の反発を招くことが多いです。

だから、正論を訴えることより、
現実を直視することが大事なのですね。


企業で管理職の立場にある人には
お勧めの一冊です。
組織を動かすために必要な技術を
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 12:43|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2023年04月12日

居場所。

本日は大 洋 氏の
居場所。
です。


本書はダウンタウンのマネージャーを
していたことで有名な吉本興業の会長である、
大崎さんによる著書です。


本書のテーマは「居場所」です。

あの吉本興行のトップになるほどの方なので、
普通の人のはずはありません。

自らが育てたダウンタウンを始め、
超個性的な芸人たちと日々生活を
共にしていたわけです。

その中で、生き延びてきた著者が
自身の経験を振り返りながら、
「居場所」を作るための方法を
12個にまとめています。

・置かれた場所で咲こうとしない
・孤独を見つめすぎない
・競争しようとしない
・限界までがんばろうとしない
・白黒はっきりさせようとしない
・友だちをつくろうとしない
・相談しようとしない
・目的地を決めようとしない
・合理的にしすぎない
・みんなにわかってもらおうとしない
・ルールを決めすぎない
・居場所を場所に求めない

見てみるとわかる通り、
ほぼ脱力系のテーマになります。

しかし、これが競争の象徴とも呼べる
芸人の世界を治めるトップの発言だからこそ
響くものがあるのです。


個人的には、
「一人で抱えず、誰かに頼れ」と。
でも、それって、本当に、難易度が高い。
という部分が特に印象的でした。

そうです。
人に頼るって、ある種の人には、
本当に難しいことなのです。

それを明確に言語化してくれていて、
悩みが昇華していくような感覚がありました。


中高年の男性サラリーマンに
特におすすめしたい一冊です。
いつも張りつめている肩の荷を
少しでも和らげてくれると思います。


続きを読む

engineer_takafumi at 18:11|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2023年04月06日

運の方程式

本日は鈴木 祐 氏の
運の方程式
です。


本書の著者は10万本の科学論文を読破し、
600人を超える海外の学者や専門医への
インタビューを重ねたという
サイエンスライターです。

そんな著者が本書で語るのは、
「運」のつかみ方です。

著者の主張では、人の成功の
ほとんどは運で決まると言います。

しかしながら、その「運」をつかめる
行動は確かに存在しているのです。

幸運の式は次のように表されるそうです。
幸運=(行動×多様+察知)×回復

この式の要素、行動、多様、察知、回復とは
どのようなものか、どうすれば高められるのか
その方法について説明しています。

テーマは自己啓発書ですが、
中味は定量的な実験が行われた内容に
基づいていますから説得力が違います。

この本に書いた内容を意識しておけば、
チャンスの女神をつかむ確率が
大きく増すことでしょう。


個人的には
「心の迷走」の部分が特に印象的でした。

心を散らした方がアイデアが出やすくなる
ことは何となく感じていましたが、
それが言語化されていて、
なぜそうなるのかが理解できました。

また、心の迷走がメンタルには
悪影響を与えることにも言及されており、
その部分の考察が面白かったです。


自分の力で人生を切り開きたい
と考えている人に読んでもらいたい一冊です。
自分では手が届かない要素「運」に対し
どんなアプローチができるか学べるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 19:23|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 自己啓発

2023年04月01日

AI時代に差がつく 仕事に役立つ数学

本日は鈴木 伸介 氏の
AI時代に差がつく 仕事に役立つ数学
です。


本書の著者は、医学部受験に特化した
数学マンツーマン指導の事業を中心に、
企業を対象にした数学リテラシー向上研修や
データ分析のコンサルティングを行っています。

また、一般向けに数学的な思考を伸ばす
セミナーを開催していたりして、
数学の価値を幅広い人に伝える仕事をしています。


そんな著者が本書で説くのは、
「仕事に役立つ数学」です。

「割合」にはじまり「相関」「標準偏差」……と、
統計を中心にビジネスに役立つ
数学の例を示してくれます。

ほとんど数式が使われていないので、
普通の本のように読み進められます。

それでいて、基本的な数学用語の概念と
それがどのように実社会で使われているか
学ぶことができるのです。


個人的には、
エクセルによる実践が多く入っていたことが
印象に残りました。

学校の数学が、問題集と紙の上で
行われるものだとすれば、
「仕事に役立つ数学」はエクセルの中で
動いているものなのかもしれません。

電卓だけでなく、本書に示したような形で
エクセルが使えることが、
実践的な数学力を有することなのでしょう。


数学に苦手意識をもつビジネスパーソンに
お勧めの一冊だと思います。
数学がどんな形で世の中で役立っているか、
理解することができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:39|PermalinkComments(0) ★理系本の書評 |  ⇒ 数学

2023年03月30日

国破れて著作権法あり 誰がWinnyと日本の未来を葬ったのか

本日は城所 岩生 氏の
国破れて著作権法あり 誰がWinnyと日本の未来を葬ったのか
です。


本書の著者は米国弁護士として
著作権法に精通した国際IT弁護士として
活躍しています。

そんな著者が本書で
金子勇氏のWinnyと著作権法について説きます。

著者が米国の事情に精通しているので、
米国と日本を比較しながら問題の本質が
浮彫りになってきます。

また、専門家の方ですので、
文献引用や発言内容が信頼できます。

様々な事例も多いので、
Winny問題だけではなく、
著作権の仕組みや狙いが
スムーズに理解することができました。


個人的には
米国のフェアユースの考え方を
知れたことが収穫でした。

米国というと、著作権保護が
非常に厳しいというイメージがありますが、
全体を利するものであれば、
著作物の利用が認められるのですね。

日本の方が社会主義だと思っていましたが、
この視点では米国の方が全体優先に
考えられていることが意外でした。


日本の産業競争力を高めよう
と考えている人にお勧めの一冊です。
日本が競争力を失ったのは
こんな背景もあったのです。


続きを読む

engineer_takafumi at 21:31|PermalinkComments(1) ★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2023年03月24日

100案思考

本日は橋口幸生 氏の
100案思考
です。


本書の著者はコピーライター、
クリエイティブディレクターとして活躍しており、
数々の広告賞を受賞していて、
下のような代表作で知られています。
「ガーナチョコレート」「出前館」
「スカパー!堺議員シリーズ」
「鬼平犯科帳25周年記念ポスター」

そんな著者が本書では、
アイデアの出し方を語ります。

タイトルからもわかりますが、
方法はまず「たくさん」書くこと、
これに尽きます。

そして「たくさん」書くためには、
インプットの技術が必要です。

さらに、書いたものから、
最高のものを「選ぶ」技術が必要です。

本書ではそんなスキルを解説します。

最後にハンバーガーショップの
デリバリー商品で実際に100案考える
実例がついており、
イメージがわきやすいです。

コピーライターの本ですので、
本の一言一言が重く、
心に響く言葉のシャワーを浴びた
感覚になりました。


個人的には
コピーとは「共感」と「発見」を与えるもの、
そして、コピーには視点が必要、
という部分が特に印象的でした。

選ぶのは難しいですが、
「視点」や「共感」と「発見」
という基準があると、
選びやすくなりますね。


クリエイティブな仕事を
している人におすすめの一冊です。
アイデアの質を上げることが
できるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 19:45|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ クリエイティブ

2023年03月12日

付加価値のつくりかた

本日は田尻 望 氏の
付加価値のつくりかた
です。


本書の著者は平均年収2000万円ともいわれる
高収益企業キーエンスにて
コンサルティングエンジニアとして
重要顧客を担当されます。

その後、コンサルティング会社を立ち上げ
年商10〜2000億円規模の会社の
経営コンサルティングを主に行い
月1億円、年10億円超の利益改善を
達成されています。

本書ではそんな著者が
付加価値について徹底的に語ります。

付加価値はどういうものか?
付加価値を高めるには何をするのか?
キーエンスで学んだこと?
法人にとっての価値とは何か?
などです。

この本を読んでいると、
なぜキーエンスが高給なのかが
良くわかる気がしました。

ビジネスの本質を教えてくれる
本だと感じました。


個人的には、
お客様に絶対に言ってはいけない一言
売り手が「値段が高い」と言ってしまうこと
という箇所が特に印象的でした。

価値はお客様が決めるもので、
そこに売り手が口をはさむのは
してはならないことなのですね。

口に出さないとしても、
そんなふるまいをしないように
気をつけたいと思いました。


仕事をして10年くらいたった
中堅ビジネスマンにお勧めの一冊です。
さらに自分のビジネス力を磨く
きっかけとなるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 18:56|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2023年03月03日

開運ハウス 家がパワースポットになる住まいの整え方

本日は八納 啓創 氏の
開運ハウス 家がパワースポットになる住まいの整え方
です。


本書の著者は一級建築士としては珍しく
風水や家相を取り入れた家づくりを
実践されて、幅広く支持を得ています。

さらにYouTubeで
『幸運すまいチャンネル』を開設し
チャネル登録者は20万人以上になります。


そんな著者が本書で語るのは
「住む人が幸せになる家」です。

著者は色々な家や、
そこに住む人を見てきました。
家を「パワースポット」にすると、
どんどん運気が高まり、人生が豊かになるのです。

そのためのステップを本書で詳しく語ります。

家を整えるステップを説いたのちに、
最後が「自分がパワースポットになる」
というところで締められているのが、
やっぱり人を住まいは繋がっているのだ
と考えさせられました。


個人的には、
家賃を払うくらいだったら
住宅ローンのほうがマシ
で家を買うと、
家がローンのストレスの場所になる
という部分が印象的でした。

やはり家は自分が豊かに過ごすための
場所であってほしいですね。


住宅の購入や引っ越しを考えている方に
おすすめの一冊です。
今の住まいを整えて、次の家で豊かになる
きっかけをつかめるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 14:36|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2023年02月26日

YOUR TIME ユア・タイム

本日は鈴木祐 氏の
YOUR TIME ユア・タイム
です。


本書の著者は10万本の科学論文を読破し、
600人を超える海外の学者や専門医への
インタビューを重ねたという
サイエンスライターです。

そんな著者が本書で語るのは
「時間」不足の解決です。

ツールを使ったスケジューリングなど、
現代には時間を管理する方法が無数にあります。

それだけ、人々が関心を持っているわけですが、
本書では「時間不足」の問題は
そもそも人の時間の認知だと説きます。

この問題を解決しないかぎり、
どれだけ作業効率を上げても、
あらたなタスクがどんどん舞い込み、
時間に追われ続けることになるのです。

本書ではそんな状況から抜け出るための
テクニックが多数紹介されています。

それらの全てが研究実績のある方法で
多くの人に効果があることが保証されています。

この本には、
「あなたの人生を変える最後の時間術」
とのコピーがありますが、
本書に書かれている境地にたどり着ければ、
それ以降、時間術は必要なくなるでしょう。


個人的には、
「時間をうまく使いたい」といった欲望そのものが、
最後には幸福と生産性を下がる方法に働く、
という部分が特に印象的でした。

スローライフなどという言葉もありますが、
今の効率重視の社会からは少し距離を取ることが
幸せに生きるためには大事なようです。


「時間が足りない」と効率化をどんどん
進めている人にお勧めです。
より良く生きるためには何が必要か
その方向性が理解できるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 18:35|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 仕事術、思考法・ツール

2023年02月16日

誰とでも対等な関係を築く交渉術

本日は犬塚 壮志 氏の
頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術
です。


本書の著者は、駿台予備校の講師を経て独立、
現在は東京大学の大学院にて、
認知科学や心理学を専門に学びながら、
教育コンテンツプロデューサとして
活躍されている著者による一冊です。


現代社会では職場や家庭などで、
人間関係にストレスを受けやすくなっています。

しかも、ちょっと間違えてしまうと、
だまされて経済的な負担を抱えたり、
不利な条件で働かされてしまったりと、
誰もが人間関係に無関心ではいられません。

本書では心理学を専門とする著者が、
「交渉」で好ましい人間関係を作る方法を
説いた一冊です。

内容自体は専門的に高度なものも
含まれているようですが、
マンガが入っていたり、
著者がかみ砕いて説明してくれるので、
すんなりと頭に入ってきます。


個人的には
一貫して同じ主張を繰り返して、
多数派の意見を切り崩す
モスコビッチの方略、
専門家集団が集団合議を優先して、
間違えた結論をだしてしまう集団思考、
が特に印象的でした。


人間関係で損をしているな、
と感じている人にはお勧めの一冊です。
自分を利用する人に対抗する術を
教えてくれる一冊になるでしょう。




続きを読む

engineer_takafumi at 09:41|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ 勉強・教育・心理

2023年02月05日

「エンジニア×スタートアップ」こそ、最高のキャリアである

本日は菊本久寿 氏の
「エンジニア×スタートアップ」こそ、最高のキャリアである
です。


本書の著者は、
数々のスタートアップでCTOとして活躍し、
現在は自らスタートアップである
「スタートアップテクノロジー」を設立、
CEOとして活動しています。

また、Webエンジニア養成の
プログラミングスクール「RUNTEQ」を
運営されています。


そんな著者が語るのは、
プログラミングとスタートアップの
かけ算のキャリアです。

プログラミングを身に着けて
エンジニアになろう、という本は
よくあると思います。

しかし、スタートアップと
組み合わせてキャリアを語る本は
今のところ読んだことがありません。

著者自身のスタートアップとの
付き合いが豊富ですので、
そのお話が面白かったです。

エンジニアとスタートアップの相性の良さ、
そしてスタートアップの面白さや
可能性を感じさせてくれる一冊でした。


個人的には、
普通のベンチャーと
スタートアップの違いの部分が
特に印象的でした。

スタートアップは成長力を
特に意識するものなのですね。


エンジニアを目指す人には
ぜひ一読してもらいたい一冊です。
スタートアップという選択肢を
可能性に加えられるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 08:56|PermalinkComments(0) ★理系本の書評 | ⇒ その他の理系本

2023年01月22日

雇用助成金の活用方法

本日は助成金受給環境整備アドバイザー協会 による
雇用助成金の活用方法
です。


本書は助成金の専門家である社労士のグループ
(助成金受給環境整備アドバイザー協会)
が助成金の活用方法を説明するものです。


助成金は社員に研修を行う時などに、
ある条件の下で公的機関から
支給されます。

施策の経済的負担を減らしてくれる
とても有効なものです。

しかしながら、申請に煩雑な書類が必要で
専門家(社労士)に任せないと、
なかなか難しい部分があるでしょう。

また、実際のところ落とし穴も多く、
依頼側にもある程度の知識がないと、
かえって問題を招きます。


例えば、「キャリアアップ助成金」は
有期雇用の方を正規社員にすると
受け取ることができます。

しかし、これを元々正規で採用
しようとしていたのに、
有期→正規にしたように見せて
申請する不正が多いようです。

「コンサルタント」を名乗る方が
こんな申請方法を指南するらしいですが、
厳しく調査され露見すると、
厳しいペナルティを受けます。

これ以外にも、
コロナ渦で様々な助成金がありましたが、
不正なども多かったようです。

しっかり制度を理解していないと、
トラブルになったり、受給できなかったり
するので、ある程度は理解しておきましょう。

そんな助成金に対する知識を得るために
良い一冊です。


個人的には、
不正受給が露見した事例が
非常に興味深かったです。


会社の経営者は一読しておいて
損はない一冊だと思います。
助成金の活用方法をしっかりと
理解することができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 14:24|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ ビジネスその他

2023年01月14日

5年で年収1億円を達成した社労士が助成金で顧客をどんどん増やす方法を教えます

本日は伊藤 泰人 氏の
5年で年収1億円を達成した社労士が
助成金で顧客をどんどん増やす方法を教えます
です。


本書は社労士として独立後
助成金ビジネスを切り口に業務を拡大
5年で年収1億円を達成した著者による
助成金ビジネスのノウハウを集めた1冊です。

法令知識や助成金の内容だけでなく、
営業方法から心構えといった
基礎的な部分までサポートされています。

ノウハウは書きやすいでしょうが、
いくら方法を学んでも、
基礎がダメなら成果は出ませんから、
この内容も必須だと思います。

実際の助成金を挙げて、
どのようにビジネスを展開すれば良いか
書かれているので、
社労士の方にとってみれば、
非常に心強い一冊でしょう。

また、細目に改定されているようで、
比較的最近の助成金についても
フォローされているようでした。


個人的には、
自分の立ち位置を顧客より上に持ってくる、
なぜならば、法令順守の問題があるから
という部分が印象的でした。

士業になると、顧客よりも大事なものが
あるものなのですね。


社労士の方はもちろんですが、
士業の方、全てにお勧めの一冊です。
営業の仕方や社長との接し方で
学ぶことが多いと思います。


続きを読む

engineer_takafumi at 19:43|PermalinkComments(0) ★一般書の書評 | ⇒ その他の本

2022年12月18日

一生モノの物理学

本日は鎌田 浩毅 氏、米田 誠 氏の
一生モノの物理学
です。


本書は「科学の伝道師」と呼ばれる
京都大学の元教授(現在は特任教授)と
技術者経験もあり、YouTubeチャネルも持つ
予備校のカリスマ物理講師の著者による、
身の回りの技術の中にある物理について
書いた本です。

目の原理、内視鏡、X線・CT・MRI、
そしてノイズキャンセリングやレーダーなど
身の回りにあるテクノロジーに関わる
物理について解説します。

どれも単純な技術ではないのですが、
著者が物理の背景がなくても読めるように
数式を使わず、図と言葉で説明しています。

難解な概念もスラスラ理解できて、
他の本よりもはるかに読みやすいです。

物理の醍醐味である、
仕組みが分かる快感を味わう
ことができるでしょう。


ただ、物理学科出身の私だから言いますが、
「物理はビジネスパーソンにも必須の知識」
とは、全く言えないような気がしますね……。

確かに知ってて損はありませんが、
これが文系の仕事をするに重要かというと
そうではない気がします。

それでも興味があって学ぶ分には、
とても良い入門書だと思います。

テクノロジーが好きな方は文理問わず
いらっしゃると思いますので。


個人的には、
X線、CT、MRIの仕組みの章が
特に興味深かったです。

今まで何気なく聞いていましたが、
その原理の違いがはっきり理解できました。


ペラペラめくってみて、もしくは目次を見て、
興味のある項目がある人にはお勧めです。
分かりやすく、その物理的な原理を
理解することができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 08:57|PermalinkComments(0) ★理系本の書評 | ⇒ 物理・科学哲学