2011年08月24日

科学的とはどういう意味か

本日は
科学的とはどういう意味か
です。


本書は、書店でタイトルに興味を引かれ、購入しました。


工学部で博士号をとりながら、
小説家という文系の職業についた著者。

この本はそんな著者が科学的ということの意味、
現代人が科学の知識を身につけなければいけない理由
などについて説きます。

福島の原発事故もあって、
普通の人も科学技術の現状に目が向います。

だから、科学的な「理系」の考え方を説く本書は
時代に求められている本といえるでしょう。


ただし、少し上から目線なのが気になります。
科学系の本はただでさえ、上から目線になりがちです、
一般読者をターゲットにするのであれば、
もう少し目線を下げてくれた方が好感がもてる気がします。


科学的な考え方というものを知りたい、
という方にはおすすめの一冊です。
特に、専門知識などは必要としません。

また、科学や技術を世の中に伝えようとしている人は
ぜひ一読しておいた方が良いと思います。

「文系」と「理系」の対立について、
使える視点が得られることでしょう。




「理系の人間は変わっている」と思っているほど、
理系の人は「文系の人間は変わっている」とは考えない。


長さの場合は2m×4m=24m2のように面積の単位になるのに、
饅頭の場合はなぜ24個2にならないのか?


多くの人は、そこにある対象を見て、どう感じれば良いのか、
どう考えればよいのか、どう対処すれば良いのかということを考えたくないのだ。
考えるのが面倒なのである。


常に周りから、「ほら、綺麗だね」「可愛いね」と
吹き込まれるほど、感受性が鈍くなる。
一人でいるときには、自分だけでは「感じない」状態だから、
あたかも感情がないように見える子供もいる。


そういう人ばかりになると、みんなが周りばかりを気にして、
笑えば良いのか、怒れば良いのか、と不安な顔を見合わせることになる。
そんなところで、誰か一人がぼそっと呟くと、
みんながそれに同調して一気に大きな流れになることもある。


科学者は、すべてが説明できることを願っているけれど、
すべてがまだ説明できていないことを誰よりも知っている。


下方向に空気を送って、垂直に飛び立つのではなく、
後ろへ空気を送りながら、飛行機のように前進しつつ、鳥は飛び立つ。






engineer_takafumi at 23:43│Comments(0) ★理系本の書評 | ⇒ その他の理系本

コメントする

名前
 
  絵文字