⇒ クリエイティブ

2020年09月24日

面白いって何なんすか!?問題

本日は井村光明 氏の
面白いって何なんすか!?問題
です。



本書は博報堂のクリエイティブディレクター、
CMディレクターで
「ファンタ」や「さけるグミ」を
ディレクションしてきた著者による、
「面白い」の作り方です。

この本の冒頭は、
コピーライター養成講座の
講師をしている著者が、
教え子に「面白いってなんですか!?」と
逆ギレされることから始まります。

しかし、著者はこの問いに
すぐにこたえることはできません。

そこから、「面白いって何だろう」と
著者が思索を始めることから始まります。

この手の本は、抽象的な話から
始まることも多いですが、
本書はとにかく具体的に語ります。

講座の生徒の話、
グループインタビューの話、
広告賞の選考の話、
自主プレ(持ち込み企画のようなもの)の話、
とにかく具体的な例が並びます。

その中で答えのようなもの、
「面白いことは似ていないこと」
「正直になること」
「散らす事」
などが浮かび上がっています。

普通のビジネス書に比べると、
構造的でなくボンヤリとしていますが、
それこそがクリエイティブの本質だという
著者からのメッセージなのだと感じました。


個人的には、
まとめることは楽。
みんなが出したアイデアを、
誰にでも書ける抽象的な言葉へ
グレードダウンしたに過ぎないことが多い
という部分が特に印象的でした。

抽象的なことを話すと、
頭が良さそうに感じますが、
それは「面白い」の対局にあること
であることが良く理解できました。


文章や動画、イラストなどの
クリエイターの方は一読してほしい一冊です。
「面白い」の本質を感じることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:26|PermalinkComments(0)

2020年09月20日

パン屋ではおにぎりを売れ

本日は柿内尚文 氏の
パン屋ではおにぎりを売れ
です。


本書の著者の柿内さんは、
これまで企画した本の累計発行部数が1000万部以上、
10万部を超えるベストセラーも50冊以上という
超敏腕の編集者です。

そんな著者が本書で語るのは
「考える技術」です。

新しい価値を世に出すためにはどうすればいいか、
その具体的なテクニックを教えてくれます。

「考える」ということは何か?
という本質的な話から、具体的な思考方法まで、
筆者の考え方を紹介してくれます。

読んでいると、アイデアや企画というものは、
天才の発想力のように考えていましたが、
意外に定石が存在しているのだな、
と感じました。


個人的には、
ヒットの重要な2大要素は
「新しさ」と「共感」です
という部分が特に印象的でした。

当たり前のように思えますが、
本当に「新しい」ものは共感できません。

共感できる程度の「新しさ」が必要なのですね。


アイデアを出す仕事をする人は
ぜひ読んでもらいたい一冊です。
今までより効率的にアイデアを出すことが
できるようになるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 20:35|PermalinkComments(0)

2020年05月24日

恐怖の構造

本日は平山 夢明 氏の
恐怖の構造
です。


本書は怪談実話やホラー小説の執筆、
最近では「ホラーではないけど怖い」
作品を書いている著者が、
「怖い」や「恐怖」とは何か?
ということを説いた一冊です。


「喜び」とか「幸せ」、「笑い」
というものはよく語られますが、
「恐怖」について深く考えることは
少ないようです。

単純に「怖い」からかもしれませんが。


そこで本書では
「恐怖とは何か」について徹底的に考えます。

ホラーが好きな人とそうでない人の違い、
なぜ、人形やピエロが怖いのか?
恐怖の性差とは?
恐怖より不安が怖い、
など怖さの本質に迫るトピックがいっぱいです。

ホラー映画や小説を見る目を
変えてくれる本といえるでしょう。


個人的には、
笑いと恐怖が紙一重だ
という話が印象的でした。

子供のころ、お笑いの番組に恐怖を
感じたことを思い出しました。

恐怖にはこんな構造があるのですね。


メディアを問わず、ストーリーを作る人には
お勧めの一冊です。
恐怖の構造を知ることにより、
物語に深みを持たせることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 02:12|PermalinkComments(0)

2020年03月11日

突破するデザイン

本日はロベルト・ベルガンティ 氏の
突破するデザイン
です。


本書はイタリアのミラノ大学の教授で、
リーダーシップやイノベーションが専門です。

大学でマネジメントとデザインのコースを
担当する一方で、経営者に対して
デザインとマネジメント教育を行っています。


最近の社会では、モノ自体は飽和して、
そこに何の意味づけができるか
ということが重要になっています。

たとえば、iPhoneが発売された時、
その技術自体は大したものでは
ありませんでした。

しかし、その卓越したデザインと
タッチというユーザーインターフェイス、
そして、ネット接続環境を持ち歩く
という意味づけが、社会に受け入れられて
大ヒットにつながったのです。


本書ではこのような、
意味づけのイノベーションの原則やプロセスに
ついて研究した成果をまとめたものです。

事例やアイデアの作り方はもちろん、
それを生み出す組織にまで触れられています。

この手のイノベーションを起こすことは
決して簡単ではありませんが、
本書からその方法を知ることができます。


また、本の最後に本書で説く、
意味のイノベーションの事例があります。

著者がイタリアの方ですので、
あまり馴染みのないものも含んでおり、
事例としてとても興味深かったです。


世の中を変える製品を作りたい、
と考えている人にはお勧めの一冊です。
ヒット商品を作るための事例とプロセスを
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:01|PermalinkComments(0)

2019年06月01日

文章は型が9割

本日は高橋フミアキ 氏の
文章は型が9割
です。


本書の著者は大手広告代理店を経て、
ビジネス、グルメ、文芸など幅広いジャンルで
フリーライターとして活躍、
現在は文書スクールや研修の講師もしている
著者による一冊です。

高橋氏の著者は多数ありますが、
その中で本書のテーマは「型」です。
心をつかむ、論理的な文章、感動させる、笑わせるなど
目的別の文章の型を並べてくれています。

文章を書こうとするときに、
使えそうな型を探すという使い方ももちろんですが、
よくある文章がどのような型に基づいているのか、
という視点で読んでも楽しめる一冊でした。


個人的には、
アイデンティティに褒め言葉を加える
というテクニックが印象的でした。

非論理的であっても、
自分のアイデンティティを褒められると、
嬉しく感じてしまうものなのですね。


ブログやメルマガなどを書いている人には
特にお勧めの一冊です。
一つの型でも身につけることができれば、
書くことがどんどん楽になっていくでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:29|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

ある広告人の告白

本日はデイヴィッド・オグルヴィの
ある広告人の告白
です。


本書は『現代広告の父』と呼ばれる
デイヴィッド・オグルヴィの代表作です。
世界14ヶ国で翻訳され、100万部を超えたと
いわれる世界的な名著になります。

本書では、最初に自らの生い立ちを語り、
広告業界の話に移ります。

純粋なクリエイティブの話でなく、
広告会社の経営者としての視点も多く、
経営者にとっても学ぶことが多い本でしょう。

広告会社という、ある意味特殊な会社を
どのように経営していくべきかという話は
純粋に好奇心が生まれます。

もちろん広告の考え方についての
話もたくさんあります。
本質的な話ですので、今でも
それほど色あせるものではないと思います。

例えば、広告で一番大切なのは『テスト』だ。
消費者はあなたの奥さんなのだ。
商品について嘘を言えば必ず見抜かれる。
などという心構えからはじまります。

そして、ヘッドラインの書き方、
売れる言葉の特徴、
イラストより写真である、
売れる写真の特長、など
今でも使えそうなテクニックも満載です。
まさに、広告の本質ではないでしょうか。


個人的には、
ヘッドラインに否定形を使ってはいけない
という部分が特に印象的でした。

今後はヘッドラインは肯定系の
強い言葉を使うようにしようと思いました。


クリエイティブに関わる人はもちろん、
広告会社のクライアントである企業の
経営者にお勧めの一冊です。
広告業界とはどんなものなのか、
広告会社とはどのように付き合うべきなのかを
学ぶことができるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 01:36|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

広告でいちばん大切なこと

本日はクロード・ホプキンス 氏の
広告でいちばん大切なこと
です。


本書は19世紀末から20世紀はじめにかけてのアメリカで
大活躍した広告家、ホプキンスの一冊です。
広告業界の古典とも呼べる本と言えるでしょう。


話は著者の半生をたどる形で書かれており、
一貫して商品を売ることにこだわること、
広告をテストして結果に潔く従うこと、が
著者の非凡な結果につながったのだとわかりました。

一方で、100年も昔の本ですから、
今とは事情が違う部分も出てきます。

例えば、カラーの広告は効果がない、とか
文字をつめこんで情報量を増やしたほうがよい、
などという部分です。

これは今の常識とは異なりますが、
当時の鉄則であったことは疑いないのです。
なぜ、このような差が生まれたのか、
社会情勢を考察してみるのも面白いと思います。

ここで紹介されている方法論は、
「SNSによる集客テクニック」のように
即効性のあるものではないかもしれません。
しかし、今の世の中、時代はすぐに移り変わり
今の最新はすぐに過去のものとなるでしょう。

そんな中でも、普遍的なものは何なのか。
それを探ることに本書の価値があると思いました。


個人的には、
広告の惨禍は例外なく、性急に行動したことに起因している
という部分が一番印象に残りました。

広告ではテストと効果測定が重要である。
それは、時代を超えて変わらない真実なのでしょう。


インターネットマーケティングなど
集客に携わる方にお勧めの一冊です。
歴史を加えることにより、自分の技術を
普遍化させることができるかもしれません。



続きを読む

engineer_takafumi at 22:27|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男

本日はケネス・ローマン 氏の
デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男
です。


本書は『現代広告の父』と呼ばれるオグルヴィを
近くから見ていたオグルヴィ・アンド・メイザーの
元CEOのケネス・ローマンによる
オグルヴィの一生を描いた本です。

膨大な文献調査とインタビューの結果生まれた本書で
出生から、この世を去るまで、
詳細にオグルヴィの人生を辿ることができます。

貧しいが高貴な生まれ、料理人、セールスマン、
調査員、スパイ(第二次世界大戦中)など
さまざまな職を渡り歩き、広告で非凡な成果を出す
ドラマのような人生が500ページ弱に詰められています。

あくまで『売る』ことにこだわる姿勢、
強い好奇心をもち、リサーチを重視したこと、など
読み進めると彼の成功のカギが見えてきます。

また、飛行機が怖くて、丸三日かけて汽車で移動したなど、
パーソナリティが感じられるところも興味深かったです。


最後の部分になりますが、個人的には、
アルバイトを奨励する。
とくにコピーライター諸君には。
という箇所が一番印象的でした。

オグルヴィ自身が様々な職業を経験してきたことが、
彼の成功に繋がったのだと思います。
ですから、広告人に色々な職業体験をすすめるのでしょう。


広告業界に携わる人には必読の一冊ではないでしょうか。
彼の人生を学ぶことは業界で必須の教養であると
思わせられた本でした。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:56|PermalinkComments(0)

2018年06月30日

売れるボディコピー

本日は向田 裕 氏の
売れるボディコピー
です。
売れるボディコピー~編集者の視点で磨く説得術~ (宣伝会議 実践と応用シリーズ)


本書の著者は総合通販会社カタログハウスにて、
同社の発行する『通販生活』の
商品ページの企画・商品コピーを担当。
その後、テレビコマーシャルの制作、
ネット編集も手がけられます。

その後は独立され、現在は制作だけでなく、
コンサルティングや教育にも携わっている
著者によるボディコピーの書き方を説いた一冊です。

ボディコピーを書くときの
基本的な考え方を説明した後に、
著者が講師を務める「ボディコピー特訓コース」の
受講生の課題が紹介されています。

この講評がとても参考になりました。

広告コピーというと、詩的な表現だと、
思っている人もいるようですが、
ボディコピーはイメージコピーではありません。

具体的な要素をできるだけ詰め込み、
自分の言葉で、読者に話すように、
語りかけることが大事なのですね。


個人的には、
話し言葉で書くと、
どうしてスルスル読める(理解できる)のか?
という部分が印象的でした。


DMを書くことのある方には
特にお勧めの一冊です。
基本的なことを勉強しながら、
すぐに使える文章も見つかることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 20:25|PermalinkComments(0)

2018年04月14日

キャラクター小説の作り方

本日は大塚英志 氏の
キャラクター小説の作り方
です。
キャラクター小説の作り方 (星海社新書)

本書は漫画原作者(編集者)、民俗学者、小説家など
多彩な分野で活躍されている著者による
小説のキャラクターの作り方についての本です。

「なぜ、スニーカー小説にアニメ絵が使われるのか?」
という問いかけから始まり、
キャラクター作りのポイントを説きます。

少し文学的、哲学的な話になって
ついていけない部分もありましたが、
キャラクター作りが小説作りそのものであること、
キャラクターを軸とした物語の展開方法などが
わかりやすく書かれています。

特に世界観の作り方とキャラクターとの関係、
「面白さ」の作り方の部分は、とても興味深い内容でした。


個人的には、「世界観」の細部に、
「テーマ」という神を宿らせなくてはなりません、
という部分が印象的でした。

細部に神が宿るなどといわれますが、
その意味の一片が見えた気がしました。


小説に限らず、マンガ、動画などの制作に携わっている、
ストーリーを作る全ての人にお勧めの一冊です。
キャラクターを中心に物語をどのように作るか、
という問題の答えが見えてくるかもしれません。



続きを読む

engineer_takafumi at 16:25|PermalinkComments(0)

2018年04月08日

エンタテインメントの作り方

本日は貴志祐介 氏の
エンタテインメントの作り方
です。
エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く (角川新書)

本書は「黒い家」や「悪の教典」など
ホラーやミステリー小説で数々のヒットを飛ばす、
貴志さんによる小説の書き方です。

アイデアの出し方、プロットの書き方、
キャラクターの作り方、文章の書き方、
推敲の方法、描写技法など、
小説の要点がカバーされています。

また、それを論理的に言語で説明されているのが、
素晴らしいところです。

例えば「読者が感情移入できない」ということでも、
実例を挙げて、何がまずいのかということを
具体的に教えてくれます。

私は小説を書くことはできませんが、
小説の裏にある作者の思想を学べて
とても興味深かったです。


個人的には、
読者がページをめくる推進力の作り方
の部分が大変参考になりました。


小説を書いてみたいと思う人は
まず読むべき一冊だと思います。
少なくとも、明らかな失敗を犯す可能性を
大幅に下げることができるでしょう。


続きを読む

engineer_takafumi at 00:29|PermalinkComments(1)

2018年02月06日

VISUAL LANGUAGE―視覚言語へのデザインアプローチ

本日はピーター ボニッチ氏の
VISUAL LANGUAGE―視覚言語へのデザインアプローチ
です。
VISUAL LANGUAGE―視覚言語へのデザインアプローチ

デザインは私が興味を持っている分野で、
よく本を読みます。

しかし、結局、理系頭の私には、
ほとんど理解できないのですね。

たとえば、トンマナ(トーン&マナー)
という概念があって、
それが非常に大切なことはわかるのですが、
トンマナが何なのかは未だに理解できません。

恐らく、デザインが得意な人にとっては
あまりにも当然すぎて、言語化できないのでしょう。

そんな風に、興味があるけど理解できない、
とモヤモヤしていたところに知ったのが本書でした。

本書では、具体的なデザインがたくさん紹介され、
それを見る「視点」を提供してくれます。

言語化までには至りませんが、
デザイナーと呼ばれる人達は、こんな世界を見ていると、
おぼろげながらにつかむことができました。


個人的には本書の至るところで、
「正解はない」と繰り返されていたことが印象的でした。

論理のように、デザインには何らかの意図が存在し、
それが一意に定まるという考えがそもそも誤りだったようです。


私のようにデザインに興味があるけれども、
理解のきっかけがつかめない、という人にお勧めです。
豊富な具体例と、見る視点を提供してくれるので、
デザイナーの世界が少しは見えてくるでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:15|PermalinkComments(0)

2018年01月18日

大量生産品のデザイン論

本日は
大量生産品のデザイン論
です。
大量生産品のデザイン論 経済と文化を分けない思考 (PHP新書)

本書は「明治おいしい牛乳」や
「ロッテ キシリトールガム」など
ロングセラーとなった商品のデザインを多数手がけた
グラフィックデザイナーによる一冊です。


デザイナーの世界では、日用品のような大量生産品の
「デザイン」をタブー視する傾向があるそうです。

つまり、特別なもののデザインが本当のデザインで、
日用品のようなデザインは格の低い仕事と見られるわけです。

しかし、大量生産品のデザインを多数手がけてきた著者は、
決してそんなことはない、と言います。

日用品には、日用品のデザインがあるのです。
本書にはその意図が説明されています。
陳列の方法なども考慮されたデザインの意図を知ると、
本当にこれだけのものに命が吹き込まれているのだ、と感じます。

さらに、デザインを特別なものと見ることは危険とも言います。
というのも、デザインが特別なものであれば、
逆に「デザインは無くても大丈夫」ということになるからです。

デザインは目的ではなく、目的を果たすためのプロセスです。
世界のあらゆるところに存在し、必要とされているのです。


個人的にには、
著者が「おいしい牛乳」のデザインを手がけたというと、
「えっ? あの牛乳の? あれのどこがデザインなんですか?」、
と返され、それがとても嬉しかった、
という話が印象に残りました。

本当に自然なデザインというものは、
それを意識させないものなのかもしれません。


食品など、日用品のメーカーに勤める方にお勧めの一冊です。
製品と社会のコミュニケーションを考え直す、
きっかけになってくれることでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 21:37|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

コミュニケーションをデザインするための本

本日は岸 勇希氏の
コミュニケーションをデザインするための本
です。
コミュニケーションをデザインするための本

本書は電通でコミュニケーションデザイナーとして
活躍されていた著者による、
コミュニケーションデザイン論です。

電通というと一般的なイメージは広告会社ですから、
どのような広告を作るのか、どんなメディアを選ぶのか、
といった話だと思われるでしょう。

確かに、それも一部分ではあるのですが、
本書ではある刺激を通じて、ターゲットがどう感じるか、
そしてどう行動するかを計算して、
コミュニケーションを設計する方法を説きます。

あえてターゲットを狭く設定してみたり、
あえて理不尽なほど難易度を高くしてみたり、
あえて商品名を一切出さなかったりと、
少し常識とは異なる事例が、紹介されています。

しかし、それも明確な意図の元に設計されているのです。

何気ない場所にも意図が隠されていることに感心しました。
また、それ以上に、広告慣れした現代の消費者の
興味をひき、商品を購入してもらうことは、
ここまで難しいのだとも、思い知りました。


個人的には、
当初全く商品名を出さなかった
「漢検DS」の事例が印象的でした。

広報はもちろん、営業の方にもお勧めの一冊です。
顧客の気を引くためにはどのレベルの行動が必要か、
理解することができることでしょう。

続きを読む

engineer_takafumi at 23:51|PermalinkComments(0)

2017年12月12日

電車をデザインする仕事

本日は水戸岡 鋭治氏の
電車をデザインする仕事
です。
電車をデザインする仕事: ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫)

本書はななつ星や九州新幹線をデザインした
水戸岡さんによる一冊です。

水戸岡さんは電車をはじめとする、
公共デザインの仕事をされています。

公共のものですから、一部の人をターゲットとしたもの、
ましてやデザイナー個人の趣味ではいけません。

大勢の人間の望んでいることを翻訳し、
受け入れられるものを作らなければならないのです。

著者のデザインした電車は、
たしかに今までのものと大きく異なります。

でも、それは奇をてらったものではなく、
利用者が真に望んでいることを、
くみ出した結果なのです。

著者の公共デザインに対する哲学が学べ、
世界を広げてくれる一冊でした。

公共デザインという観点から見ると、
日本はヨーロッパに大きく遅れていますが、
水戸岡さんに続く方がたくさん出てきて、
状況を変えてくれると良いな、と思いました。


建築や都市計画など、公共デザインに関わる
仕事に就いている方にお勧めの一冊です。
自分の仕事の意義が再認識できるでしょう。



続きを読む

engineer_takafumi at 22:49|PermalinkComments(0)